チャレンジカップ2017追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ! | 本気競馬

チャレンジカップ2017追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ!

oikiri4

次世代の中距離スター誕生なるか?

チャレンジカップの発走が迫ってきましたが、今年のチャレンジカップで注目を集めるのは3歳馬のサトノクロニクルとブレスジャーニーの3歳馬。来年以降の活躍が期待される素質馬が、ここでタイトルを手にするのか?それとも古豪がそれを阻止するのか?人気各馬を中心に追い切りの動きが目立つ好調馬をしっかりとピックアップしておきましょう。

チャレンジカップ 2017 [追い切り診断]

チャレンジC 2017 /サトノクロニクル

サトノクロニクル
栗東CW 85.9 69.0 53.5 39.5 12.4 馬なり 併せ遅れ
調教評価 A 1週前の動き絶好で予定通り仕上がる

前走の菊花賞は不良馬場もあり全くレースをできないままに終わりましたが、3000mを走ったダメージが気になるところですがそれは心配なしといったところ。1週前には長め6Fから追われて4F52.4から終い11.7と鋭い脚を見せており、最終追い切りはデムーロ騎手が騎乗して終いの反応を確かめる程度でしたが、騎乗していたデムーロ騎手も納得の動きならばここは巻き返しを狙ってしっかりと仕上がっていると見て良さそうです。来年の飛躍を狙うためにもここは結果を求めたい1戦となるだけに、陣営も力の入るところではないでしょうか。

チャレンジC 2017 /ブレスジャーニー

ブレスジャーニー
栗東CW 81.1 66.2 51.3 37.4 12.1 一杯 併せ先着
調教評価 A 動き一変で巻き返し可能な状態

1年の休養からいきなりの菊花賞挑戦となった前走ですが、状態も万全ではなくなんとか間に合わせたという感がありました。そんな前走を1度使って状態はかなり良化。まさに一変という言葉が似合うように仕掛けられてからの反応が見違えるように良化して時計的にも最終追い切りでは4F51.3から終い12.1と鋭い動きを見せており少なくとも菊花賞時からは良化歴然といったところでしょう。2歳時は重賞を連勝してクラシックの有力候補とも目されていた馬だけにここで完全復活を遂げる可能性も十分にある状態であると判断して良さそうです。

チャレンジC 2017 /ジョルジュサンク

ジョルジュサンク
栗東坂路 52.5 38.2 25.0 12.7 G前追う
調教評価 A 坂路自己ベストで状態は良

前走福島記念は放馬して消耗が激しいという理由で競走除外となりましたが、すぐに乗り込みを再開しておりその影響を感じさせないところ。最終追い切りでは坂路自己ベストタイムとなる52.5をマークしており、むしろ前走時よりも状態をあげてきている感もあります。これがオープン初挑戦とはなりますが、阪神コースはジョルジュサンクにとっても相性のいいコースであり、思い切りよく自分の競馬に徹してそれがうまくいけば金星奪取の可能性も十分にあるのではないでしょうか。

チャレンジC 2017 /デニムアンドルビー

デニムアンドルビー
栗東CW 85.7 68.6 53.0 38.5 11.9 馬なり 併せ遅れ
調教評価 A 終いの伸びが戻りここが背水の陣

長期休養明けはこの馬らしさが見受けられずもはやこれまでとも思われつつあるデニムアンドルビーですが、これで秋は休み明け3戦目。ここにきて2週続けてラスト1Fで11秒台を連続してマークしているように稽古でも鋭さが戻ってきている点には注目しておきたいところです。勿論、展開の味方は必要かもしれませんが、状態は持ち直してきているだけに一発あるならば得意の阪神コースでもありここしかないといったところかもしれません。ここで駄目ならば年内で引退という事も考えられる時期となるだけに、陣営としてもここは排水の陣でCデムーロ騎手を配して臨む1戦ということになりそうです。

チャレンジC 2017 /追い切り絶好調注目馬

※※※※※※※※※
調教診断 SS この馬は絶対に抑えておくべき1頭です!

このチャレンジカップにおいて絶対に抑えておくべき好調教馬がいるという情報を独占公開しているのが、『 選馬眼のプロ 』と評される、数々の名馬を育てあげた田端氏。それこそ業界内 で彼の名を知らない者はいませんが、そんな追い切り診断のプロが注目しているのは一体どの馬なのでしょうか?残 念ながら情報保護の観点よりここで発表することはできませんが、彼の監修している このサイト で独占公開しているので是非確認してみてください。先日の東京11Rジャパンカップにおいて 3連単133.4倍を6点で的中させているように狙ったレースを決して外さない、シンジケート予想を是非参考にし た方がいいでしょう!

チャレンジカップ(G1)自信の予想公開はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターン メールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

tohyoken_01

チャレンジC 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは2頭。古豪マイネルミラノはコンスタントに使われてきているだけに大きな上積みは感じられないものの引き続きこの馬なりに活気のある動きを見せているだけに要はスムーズにこの馬の競馬ができるかどうか。状態は引き続き良好と見てB評価を、後はモンドインテロについては休み明けのオールカマーを1度使って良化気配は感じられますが、まだまだ8割程度でよくなる余地を残していると判断しB評価までとすることにします。

チャレンジカップ 2017 [馬券のポイント]

今年のチャレンジカップは3歳馬のサトノクロニクルとブレスジャーニーの3歳馬が人気の中心となりそうですが、ルメール騎手で勝利を狙うモンドインテロあたりもこれに続き、軸馬をどこに定めるかは非常に悩ましい1戦となります。ならばと人気上位馬をフォーメーションで頭に固定してしまうと買い目がかさんで、頭数も少頭数なことからオッズ的にもトリガミとなってしまう可能性もあり、いかに的確に馬券を組み立てるかが今年のチャレンジカップの状況と言えるでしょう。それならば、馬券を獲るためにはどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。そういった細かい分析を個 人ではできない方はどう馬券を組み立てましょうか?悩むならば、競馬予想最強のプロの推奨馬 は確実にチェックしておいた方がよさそうですね。

keibajo_02

盛り上がりを見せている秋のGIシーズン。馬券を買うのはGIレースだけでいいなどと安易に考えているのは大きな間違い 。その他の重賞レースでもしっかりとレースを分析し出走馬を見極めていればこそ馬券を的中できるというものですね。それでは今週はこのチャレンジカップで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA