京都2歳ステークス2017追い切り診断/好状態必至の3頭をピックアップ! | 本気競馬

京都2歳ステークス2017追い切り診断/好状態必至の3頭をピックアップ!

oikiri2_1

来年のクラシックを賑わす新星誕生なるか!?

京都2歳ステークスは今年の出走頭数が9頭と少頭数の1戦となりましたが、前走圧勝のタイムフライヤーをはじめ好素質の2歳馬が集いどんなレースになるかは非常に楽しみな1戦。初重賞制覇を狙って、追い切りから好仕上がりを見せているのはどの馬なのか?注目すべき3頭をピックアップしてみました。

京都2歳ステークス 2017 [追い切り診断]

京都2歳S 2017 /タイムフライヤー

タイムフライヤー
栗東坂路 52.9 38.3 24.9 12.5 一杯 併せ併入
調教評価 S 2歳馬離れした圧巻の追い切りを披露

これがデビュー4戦目となるタイムフライヤーですが、これまでで1番とも言える仕上がりを見せています。最終追い切りでも坂路でこれまでで最高の動きを見せて好調をアピールしただけでなく、1週前にもCWコースで81.3 64.7 50.2 36.5 11.7と唸るような動きを見せており稽古の動きからも文句なしの状態であると判断できそうです。前走圧勝は重馬場でのものでしたが、デビュー戦では32.6という鋭い末脚を駆使したこともあるだけに決め手勝負になっても対応できると見たいところ。ここは人気に応えて強い競馬で快勝して、先週のワグネリアンに続いてクラシックの有力候補として名乗りをあげることができるか注目してみたいところです。

京都2歳S 2017 /マイハートビート

マイハートビート
栗東CW 52.3 38.5 12.3 馬なり
調教評価 A 連勝の勢いで更に調子は上昇中

今回のメンバーで2勝馬はこのマイハートビートとタイムフライヤーの2頭のみ。ただ予想オッズからもそこまで評価が上がってこないマイハートビートですが、稽古の動きはタイムフライヤーに劣らない好追い切りを消化。直前はコースで4F追いと軽く流す程度の調教も、終いの伸びは際立つ動きを見せており、1週前にはCWコースで80.5 64.7 50.6 37.6 12.2と絶好の時計をマークして好調子をアピール。勝ち振りに派手さはないものの勝負強さを見せて連勝してきているマイハートビートが更に調子を上げてきているならば3連勝を期待しても良い仕上がりにあると見てよさそうです。

京都2歳S 2017 /グレイル

グレイル
栗東CW 83.6 67.2 51.3 38.0 12.2 一杯 併せ先着
調教評価 A 坂路で好タイムマークで2戦目に注目

デビュー戦は不良馬場でかなり時計がかかっており時計的に評価は全くできないグレイルですが、稽古の動きを見れば、良馬場でもかなり活躍できるのではないかと期待できる走り。最終追い切りはラスト4Fから加速すると徐々にスピードをあげてラストは12.2をマークし併走馬に先着と理想的な最終追い切りを消化。1週前には坂路で52.2をマークして大幅に自身のベストタイムを更新させているようにレースを1度使って、追い切りの動きは良化顕著といったところ。良馬場でどこまで走れるかは不安でもあるところとなっていますが、不安よりも期待が大きくなる状態であると言えるのではないでしょうか。

tohyoken_01

京都2歳S 2017 /追い切りから見る他の注目馬

9頭立てという少頭数で行われるだけにあまり多くの馬をマークしていても仕方ない部分はありますが、スラッシュメタルはデビュー戦を勝ってから更に素軽い動きを見せているだけにB評価はつけておきたいところですし、前走大敗のシスターフラッグも巻き返しへ今週の2本の追い切りは優秀な動きを見せているだけに、ここでの巻き返しは十分に可能と言える仕上がりを見せているだけにB評価をつけておきたいと思います。

京都2歳ステークス 2017 [馬券のポイント]

今年の京都2歳ステークスはタイムフライヤーが1番人気に支持され、相手もスラッシュメタルとグレイルという新馬勝ちの2頭という構図。票はこの3頭に集中しそうな感もありますが、少頭数の1戦、買い目をかなり絞って資金を投入しなければ馬券妙味にありつけることはなさそうな顔ぶれとなっているだけに、どの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの京都2歳ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA