ジャパンカップ2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

ジャパンカップ2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri

国内最高峰のレースを制するのは追い切り抜群の絶好調馬!

ジャパンカップの最終追い切りが美浦・栗東トレーニングセンターで行われましたが、西のキタサンブラック・東のレイデオロの動きはどうだったのか?この2頭以外の馬でも絶好の動きを見せている馬はいるのか?追い切りの動きを見ればこのレースへ向けた各馬の本気度も見えてくるというもので、しっかりとチェックしておきましょう。

ジャパンカップ 2017 [追い切り診断]

ジャパンC 2017/キタサンブラック

キタサンブラック
栗東CW 84.9 69.3 54.3 40.0 12.8 馬なり 併せ併入
調教評価 A これが新たな王者の調整パターンか

これまでビシビシと追われてきたキタサンブラックが天皇賞秋の際も直前はいたって軽めの調整で臨んできただけにその結果に注目してみましたが結果は1着。清水調教師もキタサンブラックについて『完成域に達した』とコメントしもうハードトレーニングは不要という認識にいたっているのでしょうか、それならば直前の軽め調整はこの秋3戦のキタサンブラックの調整パターンとなるわけで実績もあるだけに心配ないでしょう。フットワークは軽く、1週前にはしっかり負荷をかけて65.2 50.5 37.1 12.2と好時計をマークしているように状態は引き続き良好で力を出せる仕上がりにあると見てよいでしょう。

ジャパンC 2017/サウンズオブアース

サウンズオブアース
栗東CW 84.9 67.5 51.7 37.8 12.0 馬なり 併せ併入
調教評価 A 攻め強化で巻き返しを狙う

休み明けとなった京都大賞典ではまさかの12着敗退。陣営も原因が解らないとしていますが、考えられるとすれば調整パターン的にはこれまで1週前にはしっかりと負荷をかけて追い切りをかけてきたものが軽めの調整で終わっていた点が追い不足であったのではないかということ。レースではマイナス12kgで出走となっていただけに馬体維持を優先したのではないかとも考えられますが、今回は1週前にもしっかりと負荷をかけて追われて攻め強化。最終追い切りでも4F51.7からラスト12.0と絶好の動きを見せているように状態面は休み明けを1度使って良化顕著といったところだけに巻き返しにも期待してみたいところです。

ジャパンC 2017/シャケトラ

シャケトラ
栗東CW 85.2 68.5 52.0 39.2 11.9 馬なり
調教評価 A 3週連続で絶好の動き

天皇賞秋では不良馬場でまったく走れずに大敗を喫してしまいましたが、原因は馬場に尽きるといったところ。幸いダメージは少なかったようですぐに乗り込みを再開させて3週にわたってコースで絶好の動きを見せており、終いの伸びはとにかく抜群の動きで注目に値するところでしょう。今回騎乗する福永騎手が2週にわたって騎乗してきているように陣営もここは力の入る一戦ということでしょうし、宝塚記念4着以上の活躍を期待してみたいところではあります。

ジャパンC 2017/ソウルスターリング

ソウルスターリング
美浦南W 67.6 51.7 37.6 12.2 馬なり 併せ先着
調教評価 A 状態文句なし完全に仕上がる

 藤沢厩舎といえばそこまで時計を出す追い切りを課さない調整が多い中でソウルスターリングは常に4Fの時計が目立つところ。馬なりでも馬が走る気に満ちているということなのでしょうか、今回の最終追い切りでも4F51.7と好タイムをマークして終いの伸びも鋭さのあるもの。追い切りの動き的には文句なしといったところでしょう。騎乗していたルメール騎手も『状態は110%』とコメントしているようにここは天皇賞秋に引き続き絶好の状態に仕上がっていると見ていいのではないでしょうか。後は牡馬・古馬相手でも自分の競馬ができるかどうかにかかっていると言えそうです。

ジャパンC 2017/マカヒキ

マカヒキ
栗東坂路 51.3 37.8 25.2 12.9 馬なり
調教評価 A 坂路自己ベスト更新、復活の兆し

昨年のダービー馬がその後はなかなか結果を出しきれていませんが、この秋も毎日王冠・天皇賞秋と調整パターンを変えつつなんとか結果を出そうと陣営も躍起といった感じでした。今回は春の調整パターンに戻して坂路での乗り込み中心に。1週前のコースでの追い切りでも目立つ動きを見せていましたが、最終追い切りの坂路でもスピード感十分の抜群の動きを見せて時計も自己ベストを更新する時計をマーク。休み明け3戦目で今が走り頃といったような絶好の仕上がりであると見ていいでしょう。これで復活しなければいつ復活するというところもありここは結果を求めたい状態にあると言えるのではないでしょうか。

ジャパンC 2017/追い切り絶好調注目馬

※※※※※※※※※
調教評価 SS 絶好調のこの馬は必ず抑えておくべき!

競馬関係者の間からは『調教マスター』とも呼ばれ、先日のマイルCSでもSS評価のペルシアンナイトが見事に1着ゴールし、万馬券的中へと導きました。その調教診断には確かな目をもつ彼が推すこの馬はもはやジャパンカップの最注目馬であることは間違いないでしょう。残念ながら著作権の都合上、ここでその馬名を公開することはできませんが、公式サイト内で公開するということなので是非確認しておいていただきたいところ。その調教診断だけでなく各陣営の思惑から的中に繋がる糸口やメディアには流れない絶対的な情報から勝ち馬を導き出し、先週のマイルCS的中はもちろんのこと、11月19日 京都10R 衣笠特別では3連単1080,480円的中を記録するなど先週も絶好調の結果を記録しているだけに、今週もこの予想からは目が離せないでしょう。

調教マスターのジャパンカップ3連単予想はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

ジャパンC 2017/追い切りから見る他の注目馬

他では人気になりそうなのは2番人気に支持されそうなレイデオロですが、神戸新聞杯後も順調に乗り込まれており馬体の張りも良さそう。ただ藤沢厩舎流の調整で特に速い時計も出さずに乗り込まれているだけに調教評価としてはB評価止まりとしておきます。他では京都大賞典3着で昨年のジャパンカップも3着のシュヴァルグランもレースを1度使って上積みが感じられる動きを見せているだけにB評価をつけておきたいところ。後は大穴とはなってきそうですがラストインパクトが相変わらず稽古では抜群の動きを見せているだけに追い切りの動きだけならばこの馬にもB評価をつけておきたいと思います。

ジャパンカップ 2017 [馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のジャパンカップはキタサンブラックとレイデオロの一騎打ちムード濃厚。ただ、一騎打ちと言われるレースほど、どちらかが崩れて波乱となるケースも多いだけに2頭以外の馬で食い込む余地がある馬はどの馬なのか、狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年のジャパンカップはいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

ジャパンカップ注目馬情報はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA