ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬 予想 |アルバートなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬 予想 |アルバートなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/12/2開催「ステイヤーズステークス(GII)」に向けて、アルバートやフェイムゲームなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

ステイヤーズステークス 2017 [1週前出走予定馬]

  • アルバート/牡6/堀厩舎・美浦
  • カムフィー/牡8/池上和厩舎・美浦
  • グランアルマダ/牡5/西園厩舎・栗東
  • サイモントルナーレ/牡11/加藤和厩舎・美浦
  • シホウ/牡6/笹田厩舎・栗東
  • シルクドリーマー/牡8/黒岩厩舎・美浦
  • デルマサリーチャン/牝6/堀井厩舎・美浦
  • フェイムゲーム/セン7/宗像厩舎・美浦
  • プレストウィック/牡6/武藤厩舎・美浦
  • プロレタリアト/牝6/小島茂厩舎・美浦

■2017/11/21現在

ステイヤーズステークス 2017 [注目馬考察]

ステイヤーズS 出走予定馬 /アルバート

ここまでの重賞3勝はすべて3400m超。当レース2連覇中で、今年は史上初となる3連覇の偉業に挑む。不利が大きかったオールカマーが0秒5差7着。前走のアルゼンチン共和国杯は、勝ったスワーヴリチャードが強すぎたこともあるが、こちらはトップハンデの58.5キロ。ラスト1ハロンで急激に脚色が鈍ったように、その影響はかなり大きかった。今度は距離延長に加えて別定戦。条件好転の今回は変わって当然。

ステイヤーズS 出走予定馬 /フェイムゲーム

ステイヤーズSは初参戦となるが、ダイヤモンドS(芝3400m)1、1、3着に加えて、天皇賞春2着もある長距離砲。7歳を迎えた今年も目黒記念制覇と、年齢的な衰えは皆無。前走の京都大賞典は10着と大敗したが、久々での輸送競馬。情状酌量の余地はあると言えよう。今度は地元競馬。中山コースも京成杯勝ちと問題なし。アルバートのステイヤー対決が見ものに。

ステイヤーズS 出走予定馬 /プレストウィック

前走はスタート一息もあったが、序盤からまったく行き脚がつかず、道中もズブさを覗かせるシーン。最後はジワジワと脚を伸ばしてきたが、全体的にリズムが悪かったことが敗因のすべてだろう。稽古時から今ひとつ覇気を欠いていた点が実戦でも出てしまった印象だけに、中間の稽古には十分気を配りたい。

ステイヤーズステークス 2017 [今後の動向]

能力通りに決まることが多い一戦だが、アルバート、フェイムゲームの2頭を除けば、ほぼ横一直線の力関係。狙いは3着穴か。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA