【京阪杯2017予想/オッズ/出走予定馬】強力牝馬勢vsGI馬 | 本気競馬

【京阪杯2017予想/オッズ/出走予定馬】強力牝馬勢vsGI馬

cyumou_02

来年の高松宮記念を占うスピード馬の競演に注目

京阪杯はジャパンカップが終わった当日の京都競馬の最終レースに発走となるGIII重賞。ビッグアーサーやハクサンムーン、更にはロードカナロアといった名スプリンターがこのレースの好走を期にトップスプリンターへと出世していますが、今年の京阪杯からもこういった名スプリンター誕生なるかに注目が集まります。出走予定馬を予想オッズも含めて、現時点の有力どころを見ていきます。

京阪杯 2017 [予想される出走予定馬]

京阪杯 2017/ソルヴェイグ

スプリンターズS除外の悔しさバネに

ソルヴェイグは昨年のスプリンターズS3着という結果からも今年の活躍も期待される中、賞金不足で除外されてしまい出走すら叶いませんでした。その悔しさを晴らすべく翌週のオパールSを逃げ切って貫禄の勝利を得ましたがまだまだその位では満足いかないとばかりに同じ京都1200mの京阪杯へ駒を進めてきました。今年は未だに未勝利ですが重賞2勝の実績が光り、スプリンターズS除外で調整も難しかった前走と比べても今回は調整がしやすかったはず。ここで重賞3勝目を手にすると同時に来年の高松宮記念へ向けて力を見せつけたいところでしょう。ハナに拘るタイプではないですが、揉まれずに自分の形ならばきっちりと結果を残してくるのではないでしょうか。

京阪杯 2017/メラグラーナ

良馬場ならばその末脚は脅威の存在

メラグラーナは今年のオーシャンSを勝っていよいよスプリントGI制覇も期待されましたが、高松宮記念は重馬場に泣いて敗退。続くCBC賞は直線で接触がありリズムを崩して敗退。立て直したセントウルS・スプリンターズSともに牡馬一戦級相手に展開こそ不向きではあったものの善戦しているあたりはやはり力のある馬であることは証明しており、メンバーが多少なりとも手薄になる今回の京阪杯できっちりとその力を示したいところでしょう。脚質的に前残りの展開になると厳しくなってきそうですが、末脚比べの展開になればその決め手はここでは脅威の存在となることは間違いないでしょう。

京阪杯 2017/アットザシーサイド

スプリント戦線に新星誕生なるか

アットザシーサイドは昨年の桜花賞3着という実績はあるものの、1600m前後の距離を走ってなかなか重賞では結果を残せずにいましたが、この夏に降級すると1200mの距離を試して条件戦を2連勝。しかもかなりのスプリント適性を示す強い競馬で勝ちあがってきており、しかもこれまでの追い込み一辺倒の脚質からここ2戦は先行しての押し切り勝ちとレース振りも変わってきている点、この京阪杯でのレース振りにも注目が集まるところではあります。その勢いでこの京阪杯を制するようであれば、来年のスプリント戦線の主役候補に一躍躍り出ることは間違いないでしょう。

京阪杯 2017/セイウンコウセイ

高松宮記念を勝ったGI馬の意地見せたい

セイウンコウセイは高松宮記念を制して一気にスプリント戦線のトップに立ちましたが、その後は函館SS・スプリンターズS・スワンSと連敗しその威厳を一気に落としてしまっている現状。稽古での動きは相変わらず活発なだけに連敗続きの精神的なダメージがあるのかもしれませんが、このまま負け続けるわけにもいかないのは確か。なんとかGI馬の意地を見せたいところですが、元来叩きつつ良化をたどる馬だけに叩き3戦目の京阪杯で何とか復活の手がかりを掴みたいところでしょう。実績を残している京都1200mで今年はじめまで見せていた走りが戻ってくればまだまだ見限れない1頭であると言えるでしょう。

京阪杯 2017/予想オッズから見る他の人気馬

この他にもスプリンターズSを勝ったビリーヴの仔フィドゥーシアの重賞初制覇にも期待したいところではあります。また、昨年の勝ち馬ネロの存在も軽視は禁物。更にはスワンステークスで好走をしているヒルノデイバロービップライブリーといった馬に警戒が必要と言えるでしょう。抜けた存在は不在であり、上位の単勝オッズは拮抗したものとなるのではないでしょうか。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA