マイルチャンピオンシップ2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

マイルチャンピオンシップ2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

大混戦のマイルGIを制するのは追い切り抜群の絶好調馬!

いよいよマイルチャンピオンシップの発走が近づいてきましたが、今年は抜けた存在は不在も実績のある有力馬がひしめきあう大混戦模様。人気上位馬からならば、どの馬から狙っても面白そうな1戦で勝敗を分けるのは追い切りでも絶好の動きを見せるメイチ勝負の馬ということになるでしょう。それだけに追い切りの動きが良い馬をしっかりとチェックしておく必要があります。

マイルチャンピオンシップ 2017 [追い切り診断]

マイルCS 2017/イスラボニータ

調教評価 S コースで絶好の動きを見せる

イスラボニータ 美浦南W 65.6 50.7 38.0 12.6 馬なり 併せ併入

秋初戦となった富士ステークスは2着という成績でしたが、昨年も富士ステークス2着からマイルCS2着という成績を残しているイスラボニータ。最終追い切りの動きは馬なりで終いも併せ馬併入と余裕残しの調整ではあったものの動き自体は活発で状態の良さが見てとれるだけでなく、1週前の追い切りではコースで5F63.9という好タイムをマークして、これが6歳馬のイスラボニータですが自身のベストタイムとなる時計となっており、まさにこれは渾身の仕上げで見ていいのではないでしょうか。2015年の皐月賞以来GIタイトルから遠ざかっていますが常に好走を続けている馬だけにここで久々のGI制覇をと陣営の力の入れ様が伝わる追い切り内容であったと言えそうです。

マイルCS 2017/エアスピネル

調教評価 A 勝負追いをかけてGI制覇へ仕上がる

エアスピネル 栗東坂路 51.3 37.5 24.7 12.3 G前追う 併せ先着

最終追い切りはいつも通りの坂路で51.3をマーク。終いは仕掛けられると鋭い反応を示しているように状態面はかなり良好と見ていいでしょう。何よりこの中間はコースで2本6F追いを行っていますが、このエアスピネルがコースで2本6F追いを実施したのはこれまでダービーと京都金杯・マイラーズカップの3度のみ。何れも陣営が勝利を狙って渾身の勝負をかけたレースであったことを考えれば今回の調整パターンは勝負追いのパターンともなっており、昨年のクラシック戦線からGIではあと一押し足りない競馬が続いているエアスピネルに何とかGIのタイトルをと陣営は文句なしの仕上げに持ってきていると判断して良いでしょう。

マイルCS 2017/サングレーザー

調教評価 A 4連勝の勢いそのままに好状態維持

サングレーザー 栗東坂路 56.0 41.0 26.7 12.9 馬なり

最終追い切りは目立つ時計を出していませんが、これはサングレーザーにとってはいつものことで実質的な速い時計を出しての追い切りは1週前に。その1週前の追い切りで坂路52.3ときっちりと時計を出して終いまでしっかりと伸びていることを考えれば4連勝の勢いをそのままにこのマイルCSへ臨んでくると判断してよい動きであったと言えるでしょう。最終追い切りでも軽めとはいえ終いは12秒台をマークしているように状態の良さが目立つ1頭であると判断したいところです。

マイルCS 2017/ペルシアンナイト

調教評価 A 休み明けを叩いて上昇確実

ペルシアンナイト 栗東CW 84.6 67.7 51.8 38.4 12.0 馬なり 併せ併入

休み明けの富士ステークスは5着という結果に終わった3歳馬ペルシアンナイトですが、1度叩いて動きも良化をたどってきており、最終追い切りでもラスト4Fは51.8-12.0と鋭い伸びを見せています。1週前にも4F51.2-11.6と鋭い動きを見せており2週続けて好タイムをマークしていることからも状態面は明らかに前走以上と判断して良いのではないでしょうか。鞍上のMデムーロ騎手がレッドファルクスよりもこちらのペルシアンナイトを選択しているだけに秘めているポテンシャルは相当なものであると推測もできるだけにこの好追いきりを消化している状態でどこまで古馬に通用できるかは楽しみな1戦となるのではないでしょうか。

マイルCS 2017/レーヌミノル

調教評価 A 追い切りの動きは引き続き目を引く

レーヌミノル 栗東CW 81.4 65.3 50.1 36.9 12.4 一杯

2週続けて4Fで50秒台をマークと相変わらず稽古の動きは抜群な伸びを見せているレーヌミノルですが、桜花賞を制してからは成績的には思うような結果が出ていないのは確か。追い切りの動きからは今少しやれてもいいのではないかと思えるところであり、今回桜花賞以来のマイルという距離に条件が戻るところに距離短縮での一変に期待してみたいところ。追い切りの動きは常に目を引くところがあるレーヌミノルが引き続き絶好の動きを見せていることを考えれば、古馬相手でもここは一目置いておく必要があると言えるのではないでしょうか。

マイルCS 2017/追い切り絶好調注目馬

調教評価 SS 絶好調のこの馬は必ず抑えておくべき!

※※※※※※※※※

競馬関係者の間からは『調教マスター』とも呼ばれ、先日の天皇賞秋でもSS評価のキタサンブラックが見事に1着ゴールし、万馬券的中へと導きました。その調教診断には確かな目をもつ彼が推すこの馬はもはやマイルチャンピオンシップの最注目馬であることは間違いないでしょう。残念ながら著作権の都合上、ここでその馬名を公開することはできませんが、公式サイト内で公開するということなので是非確認しておいていただきたいところ。その調教診断だけでなく各陣営の思惑から的中に繋がる糸口やメディアには流れない絶対的な情報から勝ち馬を導き出し、先週のエリザベス女王杯・福島記念的中はもちろんのこと、11月11日 東京7R 3歳上500万下では3連単711,540円的中を記録するなど先週も絶好調の結果を記録しているだけに、今週もこの予想からは目が離せないでしょう。

調教マスターのマイルチャンピオンシップ3連単予想はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

マイルCS 2017/追い切りから見る他の注目馬

他では人気になりそうなのはサトノアラジンですが、これはA評価をつけても良いほどの好追い切りを消化しており状態面は天皇賞秋での大敗のダメージを感じさせない好状態であるといったところではあるだけに上積みは見込めないにしろB評価は必要でしょう。同様にレッドファルクスもスプリンターズSを制した際の状態にはあると判断できる活気のある動きを見せているだけにB評価以下には下げられないといったところでしょうか。後は穴っぽいところでマークしておきたいのは、マルターズアポジーウインガニオンクルーガーといった馬の動きは抜群であっただけにB評価をつけておきたいと思います。

マイルチャンピオンシップ 2017 [馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のマイルチャンピオンシップはイスラボニータとエアスピネルが1番人気候補となりそうですが、それ以下でもサングレーザー・レッドファルクス・サトノアラジン・ペルシアンナイトあたりまではオッズも10倍を切って人気拮抗となりそう。ただ、それ以下の馬でもグランシルクやヤングマンパワー・マルターズアポジーにガリバルディなど重賞勝ちのある実績馬の伏兵陣も多彩でなかなか買うべき馬を絞りきれない1戦となりそうです。ともなれば狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年のマイルチャンピオンシップはいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

マイルチャンピオンシップ注目馬情報はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA