【マイルチャンピオンシップ2017予想/オッズ/出走予定馬】今年のマイル王はどの馬に!? | 本気競馬

【マイルチャンピオンシップ2017予想/オッズ/出走予定馬】今年のマイル王はどの馬に!?

cyumou_02

今年のマイル王を決する1戦は実力マイラーが集結し注目の1戦

秋のGI戦線、今週はいよいよマイル王を決するマイルチャンピオンシップが京都競馬場で発走となります。毎年直線では末脚比べが見ものとなりますが、今年もイスラボニータやサトノアラジンといった実力馬をはじめ、勢いのある3歳馬サングレーザーなども加わり非常に白熱したレースが期待できそうです。果たして今年のマイルCSを制するのはどの馬なのか?予想オッズも含めて出走予定馬をしっかりとチェックしておきましょう。

マイルチャンピオンシップ 2017 [予想される出走予定馬]

マイルCS 2017/サトノアラジン

天皇賞18着からの巻き返しへ

サトノアラジンは前走天皇賞秋では不良馬場でまったく自分の走りができず最下位に沈みましたが、無理に追ったりすることなく回ってくるだけというような競馬となりましたがそのダメージがどれ程あるかは気になるところなだけに最終追い切りの動きに注目しておきたいところではあります。ただ、状態面に不安がないとするならば今年は安田記念を制して、春秋マイルGI連勝がかかるこの1戦を制する実力があるのは間違いのないところ。折り合って進めれば確実に末脚を伸ばしてくるタイプであり、マイルCSは2年前に4着、昨年は5着と崩れなく好走を続けており、GI馬となった今年も上位を賑わす存在となることは間違いのないところではないでしょうか。

マイルCS 2017/イスラボニータ

3着→2着で今年は1着だ

イスラボニータはマイルチャンピオンシップを2年前3着、昨年は2着と惜敗が続いていますが、上記のサトノアラジンには常に先着しており、実力的には互角以上と評価しても良さそうです。2年前の皐月賞以来のGI制覇にここは全力投球ということになりそう。休み明けの富士ステークスでも不良馬場の中2着と結果を残しており、京都のマイルは今年のマイラーズカップで久々の勝利を手にしたコース。休み明けを1度使ってここでベストの状態にもってくることが見込めるだけに後はルメール騎手とのコンビで結果を残せるかどうかに注目してみたいところです。

マイルCS 2017/サングレーザー

5連勝でGI制覇へ

サングレーザーは500万下・1000万下・準オープン・スワンSと4連勝で駆け上がってきた3歳馬。一躍マイルチャンピオンシップでも有力候補に名乗りを挙げましたが京都コースと抜群の相性を示すディープインパクト産駒がこの勢いで参戦してくるならば注目の存在となること間違いなしでしょう。これまでの4連勝がともに時計のかかる芝や馬場であっただけにパンパンの良馬場でどれだけ弾けることができるかは期待半分、不安半分というところではありますが、福永騎手がこのチャンスをモノにする騎乗を見せることができるかどうかにも注目でしょう。

マイルCS 2017/エアスピネル

悲願のGI制覇へ向けてチャンス到来

エアスピネルは昨年のクラシック3冠で惜敗が続き、今年こそGI制覇をとマイル戦線に路線変更して臨んだ今年は京都金杯を制して好スタートを切ったものの、春の目標である安田記念では5着止まり。相変わらず勝ち味に遅い部分を露呈してはいますが、前哨戦となった富士ステークスで勝利を挙げて大一番へ向けての好スタートを切ってきました。京都マイルは2勝2着1回と抜群の相性を誇るコースでもあり、GIでの善戦止まり終止符を打ってここで悲願のタイトル獲得する可能性は十分にある1頭であると言えるでしょう。スキャンダルや怪我で騒がれている武豊騎手とのコンビとなりますが、ここで勝利すればそれこそ武豊らしいインタビューが聞けそうなだけに注目してみたいところではあります。

マイルCS 2017/ペルシアンナイト

Mデムーロが選んだのはこの馬

ペルシアンナイトは今年の皐月賞2着馬ですが、迎えた秋初戦の富士ステークスは不良馬場にも泣いて5着という結果。ただ騎乗していたMデムーロ騎手は良馬場なら変われると強気のコメントをレース後に残しており、実際にこのマイルCSではスプリンターズS勝ち馬レッドファルクスという選択肢もある中でこのペルシアンナイトを選択してきました。エリザベス女王杯でもクイーンズリングではなくモズカッチャンを選択して見事に勝利を収めているだけになんとも不気味。良馬場で実力を発揮できれば古馬のトップクラスにも通用するという自信をもって臨むMデムーロ騎手の手腕に期待してみたいところではあります。

マイルCS 2017/予想オッズから見る他の人気馬

今回はCデムーロ騎手に乗り替わりとなりますが、実績的にはスプリンターズS連覇とトップクラスのレッドファルクスはマイルという距離が課題となりそうですが安田記念3着はありこなしてもおかしくない実力馬ですし、桜花賞馬のレーヌミノルも距離短縮で一変してもおかしくない力を備えた馬と言えそう。他にも復調をたどるヤングマンパワーや京王杯AHを制したグランシルクといった5歳勢にも注目してみたいところではあります。

マイルチャンピオンシップ 2017 [馬券のポイント]

1番人気はエアスピネルかイスラボニータのどちらかといったところ、ただ抜けた存在となる馬がいないだけに、サングレーザーやサトノアラジン、レッドファルクス、ペルシアンナイトあたりまでは人気も拮抗してきそうな気配です。人気だけでなく実力的にも甲乙つけがたいところはあるだけに、まさに上位は実力拮抗の大混戦ムードとなりそうです。これから出てくる情報もあるとは思いますが、大手メディアからは、業界との関係値や個人的な思い込み、社会に対する責任感を盾に、先入観で決めつけるような「偏った情報」がまかり通っていることも確か。「怪物フランケル産駒・今年のオークス馬」といった話題性のある看板を売りにし、勝利を確信するかのような報道が多かったソウルスターリングも毎日王冠でアッサリ敗北、続く天皇賞秋でも馬場の影響があったとはいえ凡走で終了。それまでの大々的な報道に攪乱されてしまった方も多かったはず。情報精査は必要となりますが、今できることとして現時点で出走予定馬の力量差を明確にし、きっちり把握しておくことが必要。

マイルチャンピオンシップ・出走予定馬の能力差は?

力量差を明確にし、果たして本当に強いのはどの馬か?しっかりと分析した上で、いかに的確に買うべき馬を選出して馬券を組み立てるが今年のマイルチャンピオンシップのポイントとなりそうです。

そんな中、大手メディアが流す曖昧且つありふれた情報に左右されることなく、今年も余裕の的中ラッシュを続けているこのサイトの管理人が、『今年のマイルチャンピオンシップは☆☆☆☆☆☆で勝負』と自信の本命馬を既に見出しているという話をご存知ですか?

先日11月12日の「エリザベス女王杯」も1,913,100円回収、同日の福島11R 福島記念も 1,131,300円回収とメインレースW的中に成功。もちろん平場のレースでも的中を届けており、この回収率には目を見張るものがあります。秋競馬の収支も大幅プラスを計上、絶好調をキープしているだけに、今週末のマイルチャンピオンシップの推奨馬も間違いなく馬券に絡んでくると言えるかもしれませんね。

この結果から見ても、マイルチャンピオンシップへの確信がまた一つ高まった形。ご自分の予想で回収率にお悩みなら、ここを参考にするだけでも価値はありそうです。

情報保護の観点からここではその馬名公開はNGということなので、どの馬を指名するのかは公式サイト(無料登録)を確認してみてくださいね。
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

果たしてその自信の本命馬はエアスピネルなのか?イスラボニータなのか?一発を狙ってレーヌミノルあたりを指名してくるのか?それとも思いもよらないアッと驚く穴馬を本命に指名するのか?…実に気になるところですね。

マイルチャンピオンシップ・自信の本命馬公開はコチラから

tohyoken_01

秋のGIシーズンが始まり、スポーツ紙面やネット上の情報も徐々に報道を加熱していく季節となりました、ただそういった紙面の情報やネット上のありきたりな情報ばかり参考に予想していても、多数の馬券の負け組と同じ結果になってしまうだけ。馬券の勝ち組になるには、実際に馬券で勝っている人の使う情報を入手することが大事だということは間違いない話ですね。

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA