南部駒賞 2017 予想 / マッドドッグ本命で勝負! | 本気競馬

南部駒賞 2017 予想 / マッドドッグ本命で勝負!

yosou_chihou

2017/11/12(日)開催 水沢10R 南部駒賞
2歳 ダート 1600m(右) 定量戦

南部駒賞 2017 [レース予想]

水沢ダート1600mの舞台に9頭が出走してきたが、その半数を占める5頭が北海道所属馬と、地元岩手勢は押され気味だ。昨年は岩手のベンテンコゾウが、このレース勝利後から北海道3冠路線を疾駆したが、来年の様相はその逆転も有り得る状況となっている。岩手一番手のブレシアイルが知床賞7着では、やはり北海道勢から入るのが筋というもの。あとは展開を考慮して順位付けといきたいところ。

南部駒賞 予想 【本命◎ マッドドッグ】

本命はマッドドッグ。前走・鎌倉記念を2番人気で2着だったが、勝ったリコーワルサーが一頭抜けた強さだった。それを思えば前々で競馬をして粘り抜いた2着は評価できるし、今回も鞍上には大井の真島騎手が騎乗して勝負気配。仕上がり早のパイロ産駒で、2走前にはウィナーズチャレンジで門別1700mを勝利している。距離の不安もメンバーレベルも不安の無い一戦だけに、最内枠から今回も粘り抜く事必至だ。

南部駒賞 予想 【対抗○ スタークニナガ】

対抗はスタークニナガ。前走・知床賞では7番人気の低評価も、終わってみれば4番手から鮮やかに差し切って重賞制覇。ノーマークも効いたとは言え、走りも見事なものだった。距離を伸ばして連勝してきたが、父サクラオリオンの血統からもマイルはこなせておかしくない。更に鞍上は北海道の服部騎手で1-2-0-0のコンビ実績。前に適度に壁にできそうなマッドドッグが居る事からも、再びの好走は十分に可能だろう。

南部駒賞 予想 【単穴▲ ダモンデ】

3番手はダモンデ。この馬も北海道所属馬だが、前走は鎌倉記念で12着と大差の敗戦。スピード負けのきらいもあるが、後方からしか競馬ができずに力を出し切れていなかった。川崎は左回りでこの点も影響したと思われ、右回りに戻る今回こそが本当の試金石。北海道の名調教師・田中淳司厩舎所属で、立て直されて臨むなら怖い一頭。敗戦をバネにしてここできっかけを掴みたい。

南部駒賞 予想 【連下△ ゴールドシンボル】

最後はゴールドシンボル。今回大外枠の9番にゲートインだが、そもそも少頭数で好位競馬が得意なこの馬に枠順はあまり関係がない。前走の門別・ウィナーズチャレンジでも1700m戦を快勝しており、多少外を回したとしてもスタミナ的に心配無用だ。主戦に迎えた阿部龍騎手はメキメキ力を付けており、これからのダート競馬になくてはならない期待の若手。頼もしい相棒と共に逆転を狙う。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

南部駒賞 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 1マッドドッグ
  • 対抗○: 5スタークニナガ
  • 単穴▲: 7ダモンデ
  • 連下△: 9ゴールドシンボル

馬券は馬複。馬番1.5.7.9のBOX、計6点で勝負!

[南部駒賞:2017/11/12(日)-水沢競馬 第10R-15時15分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA