武蔵野ステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

武蔵野ステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

チャンピオンズカップへ名乗りを挙げるダートの強豪はどの馬か?

武蔵野ステークスの発走が近づいてきましたが、来るべきチャンピオンズカップへ向けてダートの強豪が群雄割拠。どの馬から狙うべきかも非常に目移りするメンバーとなっているだけに、狙うべき馬を選別するにはそれこそ追い切りの動きで絶好の状態をアピールしている馬ということになるでしょう。ここを勝って、いざGIへ臨む馬をしっかりとチェックしておきましょう。

武蔵野ステークス 2017 [追い切り診断]

武蔵野S 2017 /モーニン

調教評価 S 絶好の動きを見せ、むしろここ目標の仕上げか

モーニン 栗東坂路 51.9 37.1 24.1 11.9 一杯

この春はかしわ記念3着、さきたま杯2着とようやく復調の兆しを見せたモーニンの秋初戦は日本テレビ盃で僅差4着という結果。ただ上位3頭はJBCクラシックで上位に入線したことを考えればその力を取り戻しつつあることは明白。休み明けを1度使って坂路で更に活発な動きを見せており、1週前には横山典騎手を背に坂路48.9という破格の時計をマークし、最終追い切りでもラスト11.9と最後までしっかりと伸びているあたり、かなり仕上がりは良好であり状態は絶好であると判断できそうです。フェブラリーSを勝った舞台で久々の勝利を手にすべく。勿論大目標は次のチャンピオンズカップかもしれませんが、舞台的にはこの武蔵野Sこそが狙うべきレースであるとも言えるだけにここは注目すべき1頭となることは間違いのないところでしょう。

武蔵野S 2017 /カフジテイク

調教評価 A 休み明けを一叩きして反応も良化

カフジテイク 栗東CW 86.7 69.8 53.9 39.4 12.5 馬なり

休み明けのマイルCS南部杯は4着という成績でしたが、小回りの地方競馬コースではその末脚を存分に発揮することはできなかったか。広い東京コースで改めての注目というところはありますが、直前の追い切りはいたって軽めのもの。それでも素軽さを感じさせるものであり、1週前には坂路できっちりと時計を出しているだけに仕上がり自体は良好と言えるのではないでしょうか。ここは秋の大目標であるチャンピオンズカップへ向けて格好をつけておきたい1戦とはなりますが、ポイントとなるのは距離云々よりも展開でしょう。ともかく後方からの直線一気の競馬しかできないタイプであるだけに末脚の活きる展開になるかどうかが鍵となってくるのではないでしょうか。

武蔵野S 2017 /ゴールデンバローズ

調教評価 A 稽古の時計を詰めてきており注目

ゴールデンバローズ 美浦南W 52.4 37.8 12.9 G前追う 併せ遅れ

3歳時にはUAEダービー3着という実績もあるゴールデンバローズですが、その後伸び悩みの時期もあり未だに重賞は未勝利。今回は休み明けの1戦とはなりますが、休養を経てからの追い切りの動きに変化があり、併せ馬で遅れるのはいつものことではありますが、全体的な時計を見てみればかなり時計を詰めてきていることが目につきます。このあたり、稽古で真面目に走るようになってきていると判断するならばレースにいってもその実力を存分に発揮してくる可能性も高くなってきているとも言えるだけでなく、今回はムーア騎手騎乗ということならばここで待望の重賞初制覇を遂げてもおかしくない状態にあると判断していいのではないでしょうか。

武蔵野S 2017 /サンライズソア

調教評価 A 古馬撃破へ坂路自己ベストでアピール

サンライズソア 栗東坂路 51.4 37.5 24.7 12.5 馬なり 併せ先着

ジャパンダートダービーで2着好走し、秋も古馬との対戦でオープン特別を連続3着と好走をしているサンライズソアはこのメンバーに入っても実力的に見劣りはしないところではあります。状態面に関しても休み明け叩き3戦目の今回がまさに走り頃といったところでしょうか、直前の追い切りで坂路自己ベストタイムとなる51.4をマークしてきており仕上がりは良好。ここ数戦のレース振りを見る限りでも勝ち切るまではどうかとは言えそうですが、堅実な末脚を駆使して上位を賑わす存在になる可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

武蔵野S 2017 /サンライズノヴァ

調教評価 A 休み明けを1度使って状態上昇中

サンライズノヴァ 栗東坂路 52.9 38.7 25.1 12.4 一杯 併せ先着

期待の3歳馬として注目を集めるサンライズノヴァ、休み明けのグリーンチャンネルカップを快勝してからも最終追い切りでは時計的にも合格点を与えられる好タイムで駆けてきており、僚馬で稽古駆けする古馬オープンのダノンリバティを相手に先着を果たしているのもアピールできる点となるでしょう。3戦3勝と抜群の相性を誇る東京コースで更に強くなる古馬を相手に堂々と競馬をして結果を残すようであれば次のチャンピオンズカップが非常に楽しみになってくるところですが、状態面からはそれが可能である仕上がりであると言って問題なさそうです。

武蔵野S 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他では白山大賞典を制して、完全に復調なったと言えるインカンテーションも休み明けを1度使って順調に良化を辿っていることがうかがえるだけにB評価は必要でしょうし、同様に休み明けを1度使っての状態面での上積みが見込めそうなベストウォーリアも決して軽視すべき存在ではなく稽古の動きも良好なだけにB評価はつけておきたいところです。後は坂路の動きが良好なブライトアイディアチャーリーバローズにまで追い切り評価はB評価をつけておきたいと思います。

武蔵野ステークス 2017 [馬券のポイント]

tohyoken_01

今年の武蔵野ステークスはカフジテイクが人気を集めそうですが、実力は認めても勝ちきるには展開の味方も必要となってくる馬だけに頭固定できるかとなると疑問。ならば他の馬から狙ってみても十分にチャンスはありそうな1戦であり、寧ろ頭固定とするならば、展開利も見込めそうな馬から狙ってみるのも面白そう。ともなれば狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年の武蔵野ステークスはいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA