デイリー杯2歳ステークス2017追い切り診断/好状態必至の3頭をピックアップ! | 本気競馬

デイリー杯2歳ステークス2017追い切り診断/好状態必至の3頭をピックアップ!

oikiri

数精鋭の2歳重賞は動き絶好の馬を狙い打ち!

エリザベス女王杯前日に発走となるデイリー杯2歳ステークスですが、今年は少頭数の1戦となり、買い目を絞って馬券予想のテクニックが求められる1戦となりそうです。そんな少頭数の1戦で絞って買うべき馬は勿論追い切りで絶好の動きを見せる好状態の馬となるだけに、追い切りの動きから狙うべき馬をピックアップしていきましょう。

デイリー杯2歳ステークス 2017 [追い切り診断]

デイリー杯2歳S 2017 /フロンティア

調教評価 A コース併用の調整パターンが好感

フロンティア 栗東CW 82.5 65.2 51.0 37.3 11.7 G前追う 併せ先着

新潟2歳ステークスを制してから一旦休養に入りましたが、再び乗り込みを再開してからは順調に乗り込まれてきた感はあり、最終追い切りでも直線仕掛けられると抜群の反応を示してラストは11.7でフィニッシュ。これで3週続けてラスト11秒台でフィニッシュを決めており終いの伸びはとにかく目立つ追い切り内容となりました。先行してから上がり32秒台で決めた新潟2歳ステークスのレース振りは圧巻でしたが、今回も先行して速い上がりをマークするようだと後続の馬は差し届かなくなることが濃厚。この状態ならば前走の再現は十分に可能と言えそうです。

デイリー杯2歳S 2017 /ケイアイノーテック

調教評価 A 坂路で追う毎に時計を詰めて

ケイアイノーテック 栗東坂路 51.5 37.1 24.3 12.0 馬なり 併せ先着

6月の新馬戦を勝ちあがった後は休養に入りましたが、10月上旬から坂路で乗り込んできて十分な乗り込み量でデイリー杯に臨んでくるケイアイノーテック。状態面も一追い毎に調子を上げてきているのが歴然で徐々に坂路での時計を詰めて最終追い切りでは坂路51.5の好タイムをマーク。久々のレースとはなりますがその素質はかなりのものを秘めていると思わせるところであり、これだけ稽古で動けているのならばレースへ行っても注目すべき存在となることでしょう。

デイリー杯2歳S 2017 /メガリージョン

調教評価 A 攻め強化で更に上昇

メガリージョン 栗東CW 64.4 50.2 37.0 11.6 一杯

新馬戦こそ2着でしたが続く未勝利戦を勝ちあがり臨むこのデイリー杯2歳ステークスということにはなりますが、前走を勝ってからの中間の追い切りは更に攻めを強化してきており最終追い切りでもレースで騎乗するデムーロ騎手を背に目一杯に追われて5F64.4という好タイムをマーク。しかも終い11.6と最後までしっかりと伸びているあたりは非常に好感が持てます。攻めを強化できているというのは体調の良い証拠でもあり好状態で臨める1戦でどれだけのレースをするかは非常に期待も高まるところではないでしょうか。

デイリー杯2歳S 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他ではA評価をつけても良さそうな2頭、カツジはデビュー戦と変わらぬ活発な動きを見せており時計的には詰めてこれてないものの終いの伸びは良化を辿っており1度使った上積みが感じられるあたりは好感。後はビリーヴの仔として注目を集めるジャンダルムも3週に渡って軽快な動きを見せているだけに状態面は良好であることは間違いなしといったあたり。この2頭にはB評価が必要でしょう。頭数が頭数なだけに評価すべきはこのあたりとまでにしておきたいところです。

デイリー杯2歳ステークス 2017 [馬券のポイント]

今年のデイリー杯2歳ステークスは新潟2歳ステークスを制しているフロンティアが実績的にも人気になりそうですが、それを追って良血のケイアイノーテックであったりカツジ・ジャンダルムといったところも人気になることが濃厚。少頭数の1戦だけにあの馬もこの馬もと手を広げていてはトリガミとなる危険性もあるだけに、狙うべき馬をしっかりと見極める必要があると言えるでしょう。

keibajo_02

それでは今週はこのデイリー杯2歳ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA