エリザベス女王杯2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

エリザベス女王杯2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

今年の女王の座に輝くのは追い切り絶好のメイチ勝負馬!

エリザベス女王杯の発走が迫り、各馬最終追い切りを追えて臨戦態勢を整えてきています。ヴィブロスをはじめ実績のある牝馬が集う1戦は実力拮抗の大混戦が予想されますが、その中で抜け出してくる要因となるのはやはりその状態面。追い切りの動きから狙うべき馬をしっかりとピックアップしておきましょう。

エリザベス女王杯 2017 [追い切り診断]

エリザベス女王杯 2017/スマートレイアー

調教評価 S 渾身仕上げでここメイチ勝負!

スマートレイアー 栗東坂路 52.3 37.8 24.6 12.3 馬なり 併せ併入

気付けば7歳のスマートレイアー。これがGI制覇へ向けてのラストチャンスといったところなだけに陣営もこれまでにない熱の入った調整を施してレースに臨みます。1週前の追い切りでは武豊騎手を背に5F63秒台というかなり速い時計をマークしており、最終追い切りでも軽めの調整とはいえ52秒台をマーク。元々調教駆けする馬だけに速めの時計が良く出る馬ではありますが、状態が良くなければこれほどのタイムは出るはずもなく、まさに状態は最高潮といったところでしょうか。ラストチャンスへ向けてまずは仕上がりに悔いなしといったところまで仕上がっているのではないでしょうか。

エリザベス女王杯 2017/クイーンズリング

調教評価 A 最終追い切りはコースで勝負気配

クイーンズリング 栗東CW 84.3 68.2 53.2 39.3 11.7 G前追う 併せ併入

今年に入ってからとにかく雨の馬場に泣かされ続けているクイーンズリングですが状態面だけ見れば今回も好仕上がりを見せています。今回は最終追い切りで久々にコースを選択。動き自体はラスト11.7と鋭い動きを見せており、休み明けを1度使って状態に上積みが感じられるところではありました。このクイーンズリングが最終追い切りにコースを選択したのはこれまで5度ありますが2勝2着1回で掲示板を外したことがないという追い切りパターンとなり、これはまさに陣営にとっての勝負追いとも言える仕上げ。後は良馬場で競馬さえできれば連覇の可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか。

エリザベス女王杯 2017/ヴィブロス

調教評価 A 世界レベルの馬が実力を発揮できる仕上がり

ヴィブロス 栗東坂路 52.0 38.1 25.3 12.9 馬なり 併せ先着

ドバイターフを制した実力牝馬が、国内の牝馬限定戦ならば負けられない気持ちでの1戦となることでしょうが、追い切りの動きは休み明けだった府中牝馬ステークスを1度使って一変気配。坂路での時計も2週続けて52秒台をマークし、終いまできっちりと走りきる好追いきりを消化。まだまだ良くなる気配もありますが、GIを戦うには十分と言っていい仕上がりであると言えるだけにドバイターフで見せたような豪脚を見せてくれるのではないかと期待していいのではないでしょうか。

エリザベス女王杯 2017/ディアドラ

調教評価 A 状態は秋華賞以上で連勝狙う

ディアドラ 栗東坂路 54.0 39.0 25.0 12.2 強め 併せ併入

秋華賞時でも坂路での終いの伸びが目立ったことは記憶に新しいところではありますが、この中間はその反応が更に良化している感があるディアドラ。最終追い切りでも軽く仕掛けられると抜群の反応でラスト12.2でフィニッシュしていますが1週前には51秒台で坂路を駆け上がっており状態面に関していえば秋華賞以上の状態で出走してくると言えるのではないでしょうか。世代屈指の末脚を誇るディアドラですが、その末脚が古馬との対戦でどこまで通用するか楽しみになってくる仕上がりであると言えそうです。

エリザベス女王杯 2017/ルージュバック

調教評価 A 今回もしっかり乗り込み注目の存在に

ルージュバック 美浦南W 51.5 37.3 12.2 馬なり 併せ先着

これまではレース直前まで育成牧場で調整してトレセンに入る調整を続けてきたルージュバックでしたが、前走のオールカマーから早めにトレセンに入れて乗り込む作戦に変更。それが功を奏したかオールカマーで見事に勝利を遂げました。迎える大一番のエリザベス女王杯でも、前走から一旦育成牧場に出されはしましたが、直前ではなく余裕をもって美浦に戻って乗り込まれており、直前はいつも通りのコース4F追いで抜群の動きを見せているだけえなく、1週前にもきっちりと乗られてコースで好時計をマークしているあたりは高評価を与えていいのではないでしょうか。ムーア騎手騎乗でも注目が集まりますが、ここで悲願のG1制覇なるかには注目しておきたい仕上がりであると言えるでしょう。

エリザベス女王杯 2017 [馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のエリザベス女王杯はヴィブロスを中心にミッキークイーン・クイーンズリング・スマートレイアー・ディアドラあたりはオッズも10倍を切って人気拮抗となりそう。他にもリスグラシューやクロコスミアといった伏兵陣も多彩でなかなか買うべき馬を絞りきれない1戦となりそうです。ともなれば狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年のエリザベス女王杯はいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA