みやこステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

みやこステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri2_1

ダート王者へ向けてエピカリスの仕上がりはいかに?

みやこステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレーニングセンターで行われましたが、注目はなんといって も3歳最強馬のエピカリスの仕上がり具合。勿論古馬の各馬もこのレースを勝ってチャンピオンズカップを狙う強豪が 集っているだけに、しっかりとその仕上がり具合をチェックする必要があると言えるでしょう。

みやこステークス 2017 [追い切り診断]

みやこS 2017 /キングズガード

調教評価 A 前走時とは動き一変で状態良好

キングズガード 栗東CW 68.5 52.9 38.7 12.3 強め 併せ併入

休み明けのマイルCS南部杯でも4着とまずまずの結果を残していますが、その休み明けの前走を1度使って稽古の動き は素軽さを増しており、最終追い切りではこの馬のラストの時計としてはかなり速い終い12.3をマーク。全体の時計 も悪くなく動きもシャープとくれば状態面は叩き良化が歴然といったところ。この状態ならば好走を期待してみたい ところではありますがやはり課題は1800mという距離になってくるでしょう。過去に1800mを走った際には明らかに長 いとジョッキーもコメントしていただけに、いかにスタミナを温存して脚を溜められるかが鍵を握ってくると言える でしょう。

みやこS 2017 /アスカノロマン

調教評価 A 終いの伸び良好で注目の存在に

アスカノロマン 栗東CW 85.8 69.0 53.5 39.0 12.5 馬なり

休み明けの1戦となりますが、その休養前は疲れが見え隠れする動きとなっていただけにこのリフレッシュ休養がい い方向に向いてきそう。実際に最終追い切りではラスト12.5とアスカノロマンとしては速い時計をマークしており、 ラスト12.5以下の時計をマークした際のレースにいっての成績は(2.1.1.0)と馬券圏内を外したことのない堅実な走り を見せているだけにこれは注目すべき存在となってきそうです。京都コースも5勝と得意としているコースだけに重賞 2勝の実績のあるアスカノロマンの実績を素直に見直す手はありと言えるのではないでしょうか。

みやこS 2017 /タムロミラクル

調教評価 A 坂路好時計は好走のサイン

タムロミラクル 栗東坂路 51.6 38.3 25.6 13.3 一杯

ダートグレード競走では2着はあるものの、中央場所では結果を残せていないタムロミラクルですが今週の坂路の動 きは目を引くもの。終いこそ時計を要したものの全体の時計は51.6と速く、タムロミラクルが坂路で51秒台を計時し た際のレースでの成績は(2.1.2.1)とかなりの好走確率となっているだけにこの動きは注目しておく必要があるかもし れません。川田騎手とのコンビでも(3.3.2.0)と抜群の相性を示しているだけにこれは穴馬として狙ってみる価値のあ る馬となるのではないでしょうか。

みやこS 2017 /タガノディグオ

調教評価 A 自己ベストタイム更新で飛躍を狙う

タガノディグオ 栗東坂路 51.2 37.7 24.7 12.3 馬なり

3歳馬ではエピカリスが注目を集めていますが追い切りの動きからはこのタガノディグオを挙げておきたいところ。 レパードステークスから一息入れた後の白山大賞典は離された4着と古馬との壁を感じるレース内容となりましたが、 レースを1度使って坂路での動きも良化が見られ、今週の最終追い切りでは自己ベストタイムを更新する51.2をマーク して更に状態を上げてきている感があります。京都コースは4戦して2着4回と勝ちきれてはいないものの大崩れもない コースであり、相手は確かに強いですがこの状態でどこまでやれるかは楽しみな1戦となってくるのではないでしょう か。

みやこS 2017 /モルトベーネ

調教評価 A 一叩きでの上積みが見込める

モルトベーネ 栗東坂路 51.9 37.8 25.2 13.0 一杯

休み明けとなったシリウスステークスはいいところなく11着敗退となりましたが、元来使いつつ良化してくるタイプ であり、確かに今週の動きを見ても前走時よりも時計も出ており動きもスムーズになっているだけに叩いた上積みは 確かといったところ。アンタレスSを制して重賞勝ち馬となった今、狙うは重賞2勝目とチャンピオンズカップという ことになるでしょうが、前走の大敗だけで決して見限ることのできない馬であるのも確かで、状態面も良化している ならば抑えておくべき1頭となるのではないでしょうか。

tohyoken_01

みやこS 2017 /追い切りから見る他の注目馬

1番人気に推されてくるであろうエピカリスは最終追 い切りでコース64秒台をマークして全体の時計は優秀なものの終いに13.5と時計を要しておりこれまでにない失速ぶ りが不安ということで今回はB評価止まりとします。同様に人気になりそうなテイエムジンソクも全体的な動きは悪くないものの、これまで見せていた終い の伸びと比較すると今回はスピード感が若干物足りない感じがあるだけにB評価に留めておくことにします。他でも モンドクラッセが叩き3戦目できっちりと仕上がっている 感はあるだけにB評価をつけたいところです。

keibajo_02

それでは今週はこのみやこステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA