JBCクラシック2017予想公開/アポロケンタッキー本命で勝負! | 本気競馬

JBCクラシック2017予想公開/アポロケンタッキー本命で勝負!

yosou_chihou

2017/11/3(祝・金)開催 大井9R JBCクラシック(Jpn1)
3歳以上選定馬 ダート 2000m(外コース・右) 定量戦

JBCクラシック 2017 [レース予想]

JBC最後の一戦は、メインイベントJBCクラシック。優勝賞金8000万円を賭けた、最強馬決定戦だ。この大井2000mは日本のダート中距離路線の覇を競う大舞台で、それに適した底力とスピードが要求される。今回は逃げないと持ち味が生きないオールブラッシュが先手を切りそうだが、これにケイティブレイブらも続いて淀みの無い流れになりそう。総合力の高さが求められる、非常に見応えのある一戦になりそう。

JBCクラシック 予想 【本命◎ アポロケンタッキー】

本命はアポロケンタッキー。前走の日本テレビ盃で豪華メンバーを相手に外から差し切ったGI馬。これまで最も輝いたのは昨年暮れの東京大賞典だったが、今回もメンバー構成や展開から似た流れになりそう。過去に燦然と輝いていた名門・山内厩舎の復活を告げたこの馬への期待は大きい。とにかくスピード勝負でも前走で譲らなかった上、先行できればとにかくしぶとい末脚を発揮する。総合力の高さは既に証明済みであり、得意舞台で再び燦然と輝く瞬間が迫っている。

JBCクラシック 予想 【対抗○ ケイティブレイブ】

対抗はケイティブレイブ。まさかの出遅れとなった帝王賞で完勝したが、その走りを披露した舞台こそ、今回の大井2000m。流れが完全に他馬に向いていた平安ステークスでも勝ちに行っての5着だったが、そのスタミナを考えれば2000mは十分克服可能な距離と言えた。この帝王賞では観衆の度肝を抜く追い込みを見せており、今回はどういう戦法で行くのかも楽しみなところ。大井は1-1-0-0と大舞台ばかりで2連対。ここも崩れる事は無いだろう。

JBCクラシック 予想 【単穴▲ サウンドトゥルー】

3番手はサウンドトゥルー。この馬の好感が特にもてるところは、そのローテーションにある。今年は合計4戦だけと絞って使われてきたが、ドバイに遠征しなかったのでダメージの蓄積が少ないようだ。毎度間隔が開いているので着順的には惜敗続きも、今回は日本テレビ盃という明確な叩き台が有った。ここでは最後及ばなかったが、僅差の2着は力の証で、使われた強みをもって上昇を期待する。

JBCクラシック 予想 【連下△ アウォーディー】

最後はアウォーディー。帝王賞3着以来、5ヶ月ぶりの実戦となるが、今回は最内枠とロスのない枠を手に入れられた。大井はいつも大舞台で0-1-1-0と好走しているが、今回は休み明けもあり、印は一段下げるに至った。総合力勝負となればまず間違いなく出番だろうが、息を作れているかどうかが好調時のローテを考えると不安。前走にしてもドバイ帰りで厳しい一戦となったので、今回は軸には据えず、相手として様子見が無難。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

JBCクラシック 2017 [馬券考察]

  • 本命◎:10アポロケンタッキー
  • 対抗○:12ケイティブレイブ
  • 単穴▲: 8サウンドトゥルー
  • 連下△: 1アウォーディー

馬券は3連単。馬番10と12の2頭を1着付けで、流しで◎~△の計12点で勝負!

[JBCクラシック:2017/11/3(祝・金)-大井競馬 第9R-17時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA