JBCレディスクラシック2017予想公開/ホワイトフーガ本命で勝負! | 本気競馬

JBCレディスクラシック2017予想公開/ホワイトフーガ本命で勝負!

yosou_chihou

2017/11/3(祝・金)開催 大井7R JBCレディスクラシック(Jpn1)
3歳以上牝馬選定馬 ダート 1800m(外コース・右) 定量戦

JBCレディスクラシック 2017 [レース予想]

今年のJBCは大井競馬場での開催。この豪華JpnIの3連戦初戦は、牝馬の強豪が集まったJBCレディスクラシック。中心と目されるのは5番枠のホワイトフーガだが、大井1800mは相性が良いとは言えず、絶対視するには実績的に少し不安が残る存在。ただ、この路線のもう一頭の主役・クイーンマンボが不在な上、アムールブリエも居ない。ハンデ差が縮まってこの馬の優位がより堅固なものになるのか、それとも新勢力の台頭か―。

JBCレディスクラシック 予想 【本命◎ ホワイトフーガ】

本命はホワイトフーガ。先述の通り、大井1800mには不安も残るところだが、今回のメンバーを見渡すとやはりこの馬が主役と言えそう。というのも、前哨戦のレディスプレリュードで、8馬身先を走ったクイーンマンボが不在の上、ハンデも2kg軽くなり、且つ叩き2戦目のローテーション。大井も勝ち切れない事はあっても2-2-2-0と馬券圏外は一度も無いという超堅実派だ。鞍上の蛯名騎手とも5-2-1-2の好相性で、この馬を上回るほどの上昇度を他馬に感じられない。ここは前走の敗戦を払拭する、女王の底力に期待。

JBCレディスクラシック 予想 【対抗○ アンジュデジール】

対抗はアンジュデジール。前走・レディスプレリュードで、本命ホワイトフーガとはタイム差なしの3着。ハンデ差4kgを貰っていたとはいえ、上々の走りを見せた。現在3歳で伸び白から言っても、この馬の台頭は気になるところだが、母父フレンチデピュティ、父ディープインパクトの血統からも、ダート適性、最後の決め手ともに優れたものを感じられる。鞍上には鬼才・横山典弘騎手騎乗でこのコンビも馬券圏外は一度も無い。こちらも叩き2戦目のレースで、逆転の可能性も。

JBCレディスクラシック 予想 【単穴▲ ララベル】

3番手はララベル。馬主は社台ファーム総帥の吉田照哉氏で、社台ファーム生産のゴールドアリュール産駒という、いかにもダートで頂点につくために育てられたような存在だ。現在5歳を迎えたが、馬体重は550kgを超える超大型馬として活躍し、その牝馬離れしたパワーで地方馬の中では別格の存在。ダートグレードレースでも再三好走を見せており、地元大井のエースとして、今回も中央勢を迎え撃つ構え。

JBCレディスクラシック 予想 【連下△ タガノヴェローナ】

最後はタガノヴェローナ。明確な逃げ馬が不在の当レースで、先行馬としては最内枠のワンミリオンスが実績上位だが、実戦が7ヶ月ぶりで仕上げの面では不安が残る。そこで先行力を駆使して上位に食い込みそうな馬を探すと、外枠から先手を取れるこの馬がまず浮かび上がる。前走はタフな秋華賞であまり競馬をせずに済んだし、元々がダート馬なので参考外と思って良かろう。ハンデ53kgな上に岩田騎手が騎乗する事もあり、ここは4番手といえど侮れない存在。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

JBCレディスクラシック 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 5ホワイトフーガ
  • 対抗○: 7アンジュデジール
  • 単穴▲: 8ララベル
  • 連下△:14タガノヴェローナ

馬券は3連単。馬番5.7.8.14のボックス、計24点で勝負!

[JBCレディスクラシック:2017/11/3(祝・金)-大井競馬 第7R-15時45分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA