ファンタジーステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

ファンタジーステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri

波乱続きのファンタジーSで今年波乱を呼ぶのはどの馬か?

毎年のように穴馬が突っ込んで高配当を生み出し続けているファンタジーステークス。今年も人気通りには収まらない雰囲気がありますが、やはり好走するには状態面の裏づけは不可欠。追い切りで絶好の動きを見せている穴馬を見逃すわけにはいきません。金曜日のレースとなるだけに各陣営の調整パターンにも注視しておきましょう。

ファンタジーステークス 2017 [追い切り診断]

ファンタジーS 2017 /モズスーパーフレア

調教評価 S 坂路で絶好の動き、巻き返しに期待

モズスーパーフレア 栗東坂路 50.6 37.3 24.8 12.8 馬なり

前走小倉2歳ステークスは1番人気に支持されながらも掛かり気味に行ってしまい直線は伸びきれず。若さを露呈する結果となってしまいましたが、巻き返しを狙う今回のファンタジーSでどこまで変われるかに注目したいところ。中間の動きは坂路で活発な動きを見せており、最終追い切りは日曜日に坂路で50.8という猛時計をマーク。これだけ動ければ状態面に文句のつけようはなく絶好の仕上がりと言えそうです。後はレースに行ってもこの雰囲気で走れるかどうか。きっちりと折り合って脚が溜まれば巻き返しての勝利の可能性も十分にあるでしょう。

ファンタジーS 2017 /アーデルワイゼ

調教評価 A 楽々坂路で好タイム。状態は上向き

アーデルワイゼ 栗東坂路 52.4 38.7 25.6 12.5 馬なり

もみじステークス2着から中2週の競馬となるだけに強い負荷をかけられることはないもののコースで1本、坂路で1本速い時計をこの中間計時して日曜日に行われた最終追い切りは坂路で52.4をマーク。時計的にも詰めてきて自己ベストタイムをマークしており休み明けを1度使って状態も上向きで牝馬限定戦ならば楽しみな一戦となるのではないでしょうか。京都1400mを1度前走で経験しているのも強みとなりそうで、デビュー2年目の荻野極騎手にとっても初重賞制覇のチャンスが到来していると言えるのではないでしょうか。

ファンタジーS 2017 /アマルフィコースト

調教評価 A 水曜追いを敢行、無傷の3連勝へ

アマルフィコースト 栗東坂路 56.0 41.6 26.5 12.7 馬なり 併せ先着

2戦2勝のアマルフィコーストは中京2歳S以来の休み明けの出走となりますが、中間もしっかりと乗り込まれており1週前には坂路で53.9とまずまずの動き。直前追い切りをメンバー中ただ1頭水曜日に敢行してきましたが、レースまで中1日となるだけにさすがに軽めではあるものの、いつものリズムを崩さない調整パターンが功を奏する可能性もあるだけに意欲的に追われたことをプラスに捉えてみたいもの。デビューから3連勝でのタイトル奪取も十分有り得る状態にあると言えるでしょう。

調教評価 A 好状態をキープ、経験を糧に一発なるか

ペイシャルアス 栗東坂路 52.9 38.6 25.5 12.7 G前追う

既に5戦を経験しているペイシャルアスですが、前走でオープン特別勝ちを果たしているように実績は十分。中間の動きもこれまでも坂路で好時計をマークしてきていますが、今回も1週前に51.8をマーク。直前追い切りは日曜日に52.9と好時計を連発して好状態を維持していると判断して良さそうです。使い込まれているだけに大きな上積みはないにしろ、直線に入ってもつれ合う混戦にでもなれば歴戦の経験が活きて食い込んでくる余地は十分にあり警戒しておきたい1頭となりそうです。

ファンタジーS 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他にも動きが目につく馬は複数いますが、スズカフェラリートンボイアルモニカの3頭は坂路で活発な動きを見せており、前走以上の状態にあることが見てとれる動きだけにB評価はつけて抑えておきたいところ。人気になりそうなところではコーディエライトは新潟2歳S時と変わらぬ時計が出てはいるものの追い切り本数が少なく物足りなさを感じなくもないだけに評価してもB評価まで。あとはベルーガにも注目しておきたいところですがこの馬は3週に渡って芝コースでの追い切り。動き自体はリズムカルでも軽めの調整が続いているだけに評価し難い部分もあることからB評価という判断にすることとします。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA