【福島記念2017出走予定馬】サンマルティンなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【福島記念2017出走予定馬】サンマルティンなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/11/12開催「福島記念(GIII)」に向けて、サンマルティン・ショウナンバッハなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

福島記念 2017 [1週前出走予定馬]

  • ウインブライト/牡3/畠山吉厩舎・栗東
  • ケイティープライド/牡7/角田厩舎・栗東
  • サンマルティン/セン5/国枝厩舎・美浦
  • ショウナンバッハ/牡6/上原厩舎・美浦
  • ジョルジュサンク/牡4/鮫島厩舎・栗東
  • スズカデヴィアス/牡6/橋田厩舎・栗東
  • ツクバアズマオー/牡6/尾形充厩舎・美浦
  • ハッピーユニバンス/牝5/平田厩舎・栗東
  • ヒストリカル/牡8/音無厩舎・栗東
  • フェルメッツァ/牡6/松永幹厩舎・栗東
  • フルーキー/牡7/角居厩舎・栗東
  • マイネルスフェーン/牡3/手塚厩舎・美浦
  • マイネルディーン/牡8/鹿戸雄厩舎・美浦
  • マイネルミラノ/牡7/相沢厩舎・美浦
  • マサハヤドリーム/牡5/今野厩舎・栗東

■2017/10/31現在

福島記念 2017 [注目馬考察]

福島記念 出走予定馬/サンマルティン

5歳秋にして、未だキャリア12戦。体質面が弱くなかなか使い込めないが、前走の小倉記念でハナ差2着と重賞制覇も時間の問題だろう。タイム差なしの相手が続く新潟記念も制したタツゴウゲキなら仕方なく、斤量も2キロ差も大きかったか。1・3着を決めた秋華賞を見てもわかるように、小回りコースでこそ真価発揮のハービンジャー産駒。GIを蹴ってまで騎乗(予定)の戸崎騎手の意気込みも買いたい。

福島記念 出走予定馬/ショウナンバッハ

16年のAJCCで0秒2差の3着。その後はやや伸び悩んでしまったが、2走前に1600mを使ったことで馬に前向きさが出てきた印象で、前走のオールカマーでは上がり33秒5で5着と好走。着差はわずかに0秒2差だけだった。弟キタサンブラックとは比べられないが、こちらもローカル重賞なら展開、相手ひとつで何とかなる力量。一瞬のキレが生きる福島コースも合うイメージ。

福島記念 出走予定馬/ジョルジュサンク

前走の西宮Sは、スローを読んでハナを取り切った鞍上の好プレー。前半600m通過37秒1のスローペースから、ラスト3ハロンが10.8-10.5-11.5。2ハロン目の10秒5の時点で後続を突き放して、後続を一蹴した。祖父ネオユニヴァース、父ヴィクトワールピサはともにコーナー4つの皐月賞勝ち。小回り適性こそがこの父兄の一番の強み。この馬も札幌、函館で勝ち星があり、福島コースもベストに近い。

福島記念 出走予定馬/ディアドラ

前走の西宮Sは、スローを読んでハナを取り切った鞍上の好プレー。前半600m通過37秒1のスローペースから、ラスト3ハロンが10.8-10.5-11.5。2ハロン目の10秒5の時点で後続を突き放して、後続を一蹴した。祖父ネオユニヴァース、父ヴィクトワールピサはともにコーナー4つの皐月賞勝ち。小回り適性こそがこの父兄の一番の強み。この馬も札幌、函館で勝ち星があり、福島コースもベストに近い。

福島記念 2017 [今後の動向]

毎年一筋縄ではいかない一戦だが、今年も間違いなく平穏な結果は望めそうにない顔ぶれ。大波乱まで視野に入れても良さそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA