【アルゼンチン共和国杯2017予想/オッズ/出走予定馬】ダービー2着馬登場! | 本気競馬

【アルゼンチン共和国杯2017予想/オッズ/出走予定馬】ダービー2着馬登場!

cyumou_01

ここを勝って狙うはジャパンカップ&有馬記念

アルゼンチン共和国杯はGIの谷間に開催される注目の長距離ハンデ重賞。過去にはこのレースを制してジャパンカップを制したスクリーンヒーローや有馬記念を制したゴールドアクターを輩出しており、今年の勝ち馬も次のGIレースでの活躍が期待されるところ。出走予定馬にはダービー2着馬スワーヴリチャードの参戦もあり、白熱した一戦が期待できそうです。予想オッズも含めてしっかりとチェックしておきましょう。

アルゼンチン共和国杯 2017 [予想される出走予定馬]

アルゼンチン共和国杯 2017/スワーヴリチャード

3歳馬の意地を見せたい

スワーヴリチャードは今年のダービー2着馬。ダービー馬レイデオロは神戸新聞杯を制してからジャパンカップへ直行となるだけに、未だに古馬一戦級と今年の3歳牡馬の上位馬の対戦はない中、この馬が古馬相手にどこまでやれるのかは一つの指標として注目となりそうですが、休み明けでもあり仕上がり具合にも注視しておきたいところ。とはいえ、今年の3歳馬はレベルが低いと囁かれつつある中で、ダービー2着馬が意地の走りを見せるかどうかこそが最大の注目点となりそうです。予想オッズも含めてしっかりとチェックしておきましょう。

アルゼンチン共和国杯 2017/アルバート

距離延長で実績馬が意地見せる

アルバートは休み明けのオールカマーこそ7着と敗退しましたが、ステイヤーのアルバートにとっては距離が短かった感もありました。今回の300m延長はプラスになることは間違いなしで、昨年のアルゼンチン共和国杯でも2着と好走しているだけに、今年こそは勝利の期待が高まるところ。ハンデはかなり見込まれるだけに、他馬との斤量差がどう影響するかは不安といえば不安ですが、実績的にもここはNo.1の存在。ここでは意地を見せておきたいところでしょう。

アルゼンチン共和国杯 2017/セダブリランテス

3戦3勝無敗で臨む1戦ではあるが

セダブリランテスは夏のラジオNIKKEI賞を無敗で制してこれまでの戦績は3戦3勝。とはいえ、負かした相手は3歳馬でもレベル的には低いメンバーであったと言え、実際にどこまで強いのかはまだまだ未知の部分がある1頭。今回は菊花賞へ向けてセントライト記念を目指していたものの、軽い怪我で回避したことにより仕切り直しの1戦となるだけに、その影響も心配されるところではありますが、逆にそのような状況でアルゼンチン共和国杯を制するならば、それこそ超新星誕生として一気にGI戦線期待の存在となってきそうなだけに、今回の走りには注目しておきたいところではあります。

アルゼンチン共和国杯 2017/プレストウィック

長距離路線で成績は安定しつつあり

プレストウィックは昨年のアルゼンチン共和国杯こそ10着に敗退していますが、その後はステイヤーズS4着、ダイヤモンドS5着と長距離路線で安定した成績を収めており、前走の丹頂ステークスでも勝利と昨年以上に充実したシーズンを送っているだけに、今年は昨年以上の成績が期待されるところ。ハンデも手頃なところに収まるならば、上位馬に食い込んできてもおかしくないでしょうし、充実期を迎えている今だからこそ、重賞タイトルを取っておきたいところではないでしょうか。

アルゼンチン共和国杯 2017/レコンダイト

重賞で2戦連続好走。あと一押しを

レコンダイトは目黒記念・京都大賞典と5着が続き、重賞制覇まであと一押しのところまで来ています。東京2500mは何度も走っており、目黒記念2着もある舞台であり休み明け叩き2戦目で迎える今回は休養明けの馬が多い中、1度使っている強みが活きてきそうな舞台となっているだけに、あと一押しあっての上位進出を期待してみたい1頭となるでしょう。

アルゼンチン共和国杯 2017/予想オッズから見る他の人気馬

他には重賞だろうがとにかく相手なりに堅実に走るソールインパクト。軽ハンデを活かしての食い込みには警戒が必要でしょうし、近走はとにかく不振も実力牝馬であるデニムアンドルビータッチングスピーチの巻き返しにも注目しておきたいところ。更にはヒットザターゲットカレンミロティックといった古豪も顔を覗かせて、波乱の目も十分にありそうな顔ぶれとなっている観が今年のアルゼンチン共和国杯となるのではないでしょうか。

アルゼンチン共和国杯 2017 [馬券のポイント]

1番人気はスワーヴリチャードかアルバートかというところですが、ハンデ差を考えるとスワーヴリチャードが1番人気に推される可能性の方が高そう。それでもスワーヴリチャードは休み明けですしアルバートはハンデを背負うだけにこの2頭以下の馬にもチャンスは十分にあると言え、まさに上位は実力拮抗の大混戦ムードとなりそうです。これから出てくる情報もあるとは思いますが、大手メディアからは、業界との関係値や個人的な思い込み、社会に対する責任感を盾に、先入観で決めつけるような「偏った情報」がまかり通っていることも確か。先週の毎日王冠のソウルスターリングの敗北についても、そんな情報に攪乱されてしまった方も多いはず。情報精査は必要となりますが、今できることとして現時点で出走予定馬の力量差を明確にし、きっちり把握しておくことが必要。

アルゼンチン共和国杯・出走予定馬の能力差は?

力量差を明確にし、果たして本当に強いのはどの馬か?しっかりと分析した上で、いかに的確に買うべき馬を選出して馬券を組み立てるが今年のアルゼンチン共和国杯のポイントとなりそうです。

そんな中、大手メディアが流す曖昧且つありふれた情報に左右されることなく、今年も余裕の的中ラッシュを続けているこのサイトの管理人が、『今年のアルゼンチン共和国杯は☆☆☆☆☆☆で勝負』と自信の本命馬を既に見出しているという話をご存知ですか?

先日の10月21日京都8R 3歳上500万下 2,026,400円獲得に続いて10月29日京都4R 2歳新馬 2,368,200円獲得を達成して、秋競馬の収支も大幅プラスを計上、絶好調をキープしているだけに、今週末のアルゼンチン共和国杯の推奨馬も間違いなく馬券に絡んでくると言えるかもしれませんね。

情報保護の観点からここではその馬名公開はNGということなので、どの馬を指名するのかは公式サイト(無料登録)を確認してみてくださいね。
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

果たしてその自信の本命馬はアルバートなのか?スワーヴリチャードなのか?一発を狙ってレコンダイトあたりを指名してくるのか?それとも思いもよらないアッと驚く穴馬を本命に指名するのか?…実に気になるところですね。

アルゼンチン共和国杯・自信の本命馬公開はコチラから

tohyoken_01

秋のGIシーズンが始まり、スポーツ紙面やネット上の情報も徐々に報道を加熱していく季節となりました、ただそういった紙面の情報やネット上のありきたりな情報ばかり参考に予想していても、多数の馬券の負け組と同じ結果になってしまうだけ。馬券の勝ち組になるには、実際に馬券で勝っている人の使う情報を入手することが大事だということは間違いない話ですね。

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA