アルテミスステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

アルテミスステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri

ここを勝って2歳女王への道を開くのはどの馬か?

昨年このアルテミスステークスを制したリスグラシューはクラシック戦線で堅実な活躍を見せました。一昨年のメジャーエンブレム、更に前のレッツゴードンキとこのレースを好走した馬が、その後にGI戦線で活躍していることからも出世レースともいえるアルテミスS。果たして今年このタイトルを手にして来年の有力候補へ名乗りを挙げるのはどの馬でしょうか。

アルテミスステークス 2017 [追い切り診断]

アルテミスS 2017 /ラテュロス

調教評価 A コース好時計をマークで注目

ラテュロス 栗東CW 50.7 37.1 12.0 馬なり

未勝利戦を勝った2戦目は中間坂路のみの調整でしたが、この中間は芝⇒坂路⇒CWコースと次々にコースを変えて追い切られてきました。前2本はそこまで目立つ時計ではありませんでしたが、最終追い切りではコース4F追いではあるものの不良馬場を考慮すればかなり速い時計。ディープインパクト産駒らしい弾むようなフォームで今回も力を発揮できる仕上がりであると判断できそうです。小柄な牝馬だけに東京までの輸送をうまく克服できればチャンスは十分あるのではないでしょうか。

アルテミスS 2017 /トロワゼトワル

調教評価 A 稽古の動き目立つ1頭

トロワゼトワル 栗東坂路 52.6 38.5 25.0 12.4 馬なり 併せ併入

最終追い切りの坂路での追い切りも馬場を考えると好時計をマークして終いまで軽快に登坂。これだけでも注目に値しますが1週前にはコースで6Fを併せ馬で追われて、加速した4Fからの時計は51.5をマークして併走馬に先着。その相手がスワンS出走のジューヌエコールなのですから2歳馬がオープンの3歳牝馬に先着するならば状態面が悪いわけもなくこれは状態面からも注目の1頭となりそうです。

アルテミスS 2017 /ラッキーライラック

調教評価 A オープン馬に先着で動きは豪快

ラッキーライラック 栗東CW 81.8 66.2 52.5 39.3 12.5 一杯 併せ先着

前述のトロワゼトワルがジューヌエコールに先着ならばこのラッキーライラックは最終追い切りで古馬オープンのフェルメッツァと併せて先着。長めから追われて終いまで勢い衰えずにきっちりと伸びているあたりは好調を印象付けるものであり、時計的にも優秀。オルフェーヴル産駒ということでも注目を集めそうですが、父の初重賞制覇の産駒にこのラッキーライラックが名乗りを挙げる可能性も十分にあると言える状態にあると言えそうです。

アルテミスS 2017 /シスターフラッグ

調教評価 A 終いの伸び目立つ

シスターフラッグ 栗東坂路 57.3 40.5 25.7 12.1 馬なり 併せ先着

札幌記念4着以来の出走となり、栗東での調整はこの中間がデビュー以来初となるだけに前走との追い切りでの比較はできませんが、最終追い切りは前半かなり軽め。それでも終いにGoサインが出されると前を行く馬をあっさり交わして先着。ラスト1Fは12.1と切れる脚を見せており、脚力があるところを見せつけてきましたが、洋芝にも対応できているルーラーシップ産駒となれば週末雨予報が出ている東京芝コースが時計がかかり力の要る馬場になった場合は更に注目してみたい馬となりそうです。

アルテミスステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

後は注目を集めているトーセンブレスですが、デビュー戦を1度使って反応は良化しているように見えるものの、A評価とした馬と比較して前走からの上積みがどうかという点でB評価までとします。それからウラヌスチャームグランドピルエットスカーレットカラー。この3頭もA評価までつけてもいいかもしれませんが、上積みという点でB評価止まりで今回は評価をしたいと思います。

アルテミスステークス2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のアルテミスステークスは1番人気はトーセンブレスが推されそう。デビュー戦の勝ち振りがかなりインパクトがあっただけに納得といえば納得ですが、東京コースでそのデビュー戦のような末脚を使えるかはまだ未知数。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA