ゴールド争覇2017予想公開/トウケイタイガー本命で勝負! | 本気競馬

ゴールド争覇2017予想公開/トウケイタイガー本命で勝負!

yosou_chihou

2017/10/27(金)開催 名古屋11R ゴールド争覇
3才以上オープン ダート 1400m(右) 別定戦

ゴールド争覇 2017 [レース予想]

全国地方交流競争としても、素晴らしいメンバーが顔を揃えた今年のゴールド争覇。その中でも筆頭は、兵庫のトウケイタイガーだろう。同馬は前走の東京盃こそ敗れたものの、地方の1400mダートでは未だ連勝中の身である。対する地元・愛知勢からはエースカツゲキキトキトが参戦。こちらは白山大賞典で中央馬相手に奮戦しての2着と大活躍だったが、今回は距離短縮が鍵。地方競馬を代表する両エースの再戦が今から非常に楽しみな一戦である。

ゴールド争覇 予想 【本命◎ トウケイタイガー】

本命はトウケイタイガー。今回の豪華メンバーの中でも一際目立つ存在なのが、地方の1400mダートを連勝中の同馬である。元々同馬は中央でも頭打ちとは言えない状態で園田に転厩してきたのだが、レベルの高い園田のAクラスを3連勝し、園田ウインターカップで重賞を初制覇。高知の黒船賞を除けば、地方の1400m戦は8戦全勝という成績だ。ここ名古屋ではエース・カツゲキキトキトを破って優勝の経験もあり、テンのスピードからもまず、同馬が一番手だろう。

ゴールド争覇 予想 【対抗○ カツゲキキトキト】

対抗はカツゲキキトキト。同馬は先述の通り、前走・白山大賞典で2着した実力馬だ。中央の強豪がひしめくダートグレードレースの舞台で、5番人気の低評価に反発した走りは見事で、好位からでも差しても立ち回れる操縦性とスピードが売りだ。距離の融通が利くタイプで、この距離でも地元馬にはまず譲る事は無いだろう。となればあとは相手関係。この距離ではトウケイタイガーに離されてはいるものの、今回は更に充実しており、その差は縮まるかも。

ゴールド争覇 予想 【単穴▲ サトノタイガー】

3番手はサトノタイガー。同馬の前走は東京盃だが、ここを11番人気で11着。現在9歳を迎えており、成績も頭打ちならこの人気と結果にも頷けるところであるが、南関東での重賞実績、これまでの臨戦過程を考えるほど、同馬を無警戒にするには危険と判断せざるを得ない。特に昨年のこの時期はJBCスプリントで地方馬最先着の5着だった事もあり、出走できない今回はここ目標に仕上がっている可能性が高い。古豪の奮戦に期待する。

ゴールド争覇 予想 【連下△ チーフアセスメント】

最後はチーフアセスメント。同馬はトウケイタイガーと同じく兵庫からの参戦だが、遠征でトウケイタイガーが居ない間に園田でめきめきと頭角を現してきた、この距離のスペシャリストだ。現在3連勝中と勢いも見事だが、そのタイムも全て1分30秒台を下回る好タイムでの勝利。先行して一脚使え、毎回着差をつけている辺り、地方のダート1400mは相当に得意だ。兵庫勢のワンツーも警戒して、最後の一頭とした。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

ゴールド争覇 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 11  トウケイタイガー
  • 対抗○:  4   カツゲキキトキト
  • 単穴▲:  8   サトノタイガー
  • 連下△:  7   チーフアセスメント

馬券は馬複。馬番11.4.8.7のBOX、計6点で勝負!

[ゴールド争覇:2017/10/27(金)-名古屋競馬 第11R-15時45分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA