スワンステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

スワンステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

様々な思惑めぐる淀の1400m決戦に注目!

ここを使ってから狙うのは香港スプリントと公言するレッツゴードンキを中心に展開されそうな今年のスワンステークスですが、狙いは先という馬と京都1400mが狙いとばかりに好仕上がりを見せる馬がぶつかり合うだけに、各馬の状態をしっかりとチェックして狙うべき馬を定めていく必要がありそうです。

スワンステークス 2017 [追い切り診断]

スワンS 2017 /サングレーザー

調教評価 A スピード感十分。重賞初制覇狙える

サングレーザー 栗東坂路 58.8 42.3 26.2 12.3 馬なり

休養を挟んで3連勝中と勢いのある3歳牡馬のサングレーザーですが、直前の追い切りは時計だけ見れば終いを伸ばすだけの軽めの調整。ただ直前はこれくらい軽めにやるのがサングレーザーの調整パターンであり、寧ろ軽く仕掛けただけで終いは12.3と抜群の加速を見せたことを評価。1週前にはしっかりと時計を出しているだけに態勢は十分に整っていると言える仕上がりで重賞初制覇を狙える状態にあると見てよさそうです。

スワンS 2017 /カラクレナイ

調教評価 A 条件好転、叩き良化は歴然

カラクレナイ 栗東CW 82.0 66.3 52.1 38.3 12.3 馬なり

休み明けとなったローズステークスは掛かり気味に先行して直線失速というレースになってしまっておりやはり距離短縮して見直したいのが今回のスワンステークス。状態面は時計のかかる馬場でもきっちりと好時計をマークしているあたり休み明けを1度使って状態面はかなり良化していると見て良さそうで、フィリーズレビューを制した距離と鞍上デムーロ騎手に手が戻っての巻き返しに期待できる仕上がりにあると言えそうです。

スワンS 2017 /ジューヌエコール

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で好仕上がり

ジューヌエコール 栗東坂路 51.7 37.8 24.9 12.6 強め

函館スプリントS以来の出走となりますが、1週前の追い切りでは時計こそまずまずの時計は出ましたが併せ馬で遅れるなど多少重めの動きで心配されましたが、その一追いでグンと良化。最終追い切りでは坂路で自己ベストタイムを更新する51.7をマークしてしっかりと態勢を整えてきた感。何より時計のかかる馬場で自己ベスト更新なのですからこれは評価したいところであり、前走に続いて古馬相手に重賞制覇なるかに注目してみたいところではあります。

スワンS 2017 /セイウンコウセイ

調教評価 A 反応良化でGI馬の意地見せる

セイウンコウセイ 美浦南W 68.3 52.2 37.8 12.3 馬なり

元来が叩き良化型のタイプであるセイウンコウセイが休み明けぶっつけ本番でスプリンターズSに臨んできたのは意外でしたが、案の定の敗戦。ただこれで評価を下げるわけにもいかず、叩いて2戦目のここが注目といったところ。1度レースを使ったことでしっかりと状態は上昇カーブを描いており、最終追い切りも軽めの調整とはいえ終いに仕掛けられると抜群の反応を示して前走時の反応とは見違える動きを見せていることからもここは改めてGI馬の実力を見直したい1戦となるのではないでしょうか。

スワンS 2017 /ミスエルテ

調教評価 A 春からの成長が感じられる動き

ミスエルテ 栗東CW 66.1 50.8 37.5 11.9 馬なり 併せ先着

2歳時は朝日杯FSに挑戦するなどフランケル産駒の怪物として騒がれたミスエルテですが春は桜花賞・NHKマイルカップと大敗。評価はかなり落ちてくるものと思われますが、夏を越して追い切りの動きにはかなり成長が感じられるところ。まず時計を大幅に詰めてきており、4Fの時計は最終追い切りでも50.8をマークして自己ベストタイムを更新。終いも11秒台でまとめており馬場を考慮すれば破格の時計。馬体も一回り大きくなってきているようでこの休み明けでどれだけ走れるか改めて注目してみたいところではあります。

スワンステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

人気になりそうなレッツゴードンキですが、坂路でいつも好タイムを連発している馬がこの中間はいつになく控えめな調整。陣営は香港スプリント挑戦を掲げていますが、海外遠征を考慮するとメイチには仕上げられない事情があるのか、動き自体そこまで悪くはないものの前走と比較すれば物足りなさはあるのでB評価まで。後は、追い切り当日は時計のかかる馬場となっていたにも関わらず活発な動きを見せていたキャンベルジュニアダノンメジャーにはB評価をつけておきたいところです。もう1頭穴っぽいところならばトウショウピストは本来は叩き良化型のタイプではありますが、今回は休み明けから意外に動けているのでB評価をつけることとします。

スワンステークス2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のスワンステークスはレッツゴードンキが1番人気に推されそうですが、サングレーザー・ミスエルテ・ジューヌエコールといった軽量の3歳馬をはじめ、セイウンコウセイといった実績のある古馬もこれに続いての混戦模様となりそうです。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA