【京王杯2歳ステークス2017出走予定馬】タワーオブロンドンなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【京王杯2歳ステークス2017出走予定馬】タワーオブロンドンなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/11/4開催「京王杯2歳ステークス(GII)」に向けて、タワーオブロンドン・アサクサゲンキなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京王杯2歳ステークス 2017 [1週前出走予定馬]

  • タワーオブロンドン/牡2/藤沢和厩舎・美浦
  • アサクサゲンキ/牡2/音無厩舎・栗東
  • タイセイプライド/牡2/西村厩舎・栗東
  • カシアス/牡2/清水久厩舎・栗東
  • エントシャイデン/牡2/矢作厩舎・栗東
  • リンシャンカイホウ/牡2/田中剛厩舎・美浦
  • ロンロネオ/牡2/藤岡健厩舎・栗東
  • ピースユニヴァース/牡2/尾形和厩舎・美浦

■2017/10/25現在

京王杯2歳ステークス 2017 [注目馬考察]

京王杯2歳S 出走予定馬/タワーオブロンドン

クローバー賞は出負けに加えて、4角でのかなり外を回るロス。前走のききょうステークスもスタートは速くなかったが、意図的に後ろに下げての競馬。馬の後ろでしっかりと我慢させ、勝負所では馬群を割り、残り300m付近まで持ったまま。そこから追い出されると粘り込むを図るバーニングペスカを一気に飲み込み、3馬身半差をつけてしまった。体つきもコロンとしたスプリンタータイプ。再度1400m、広いコースも如何にも合いそうなタイプだ。

京王杯2歳S 出走予定馬/アサクサゲンキ

姉のラビットラン(ローズステークス勝ち)もそうだが、こちらも血統的にはバリバリのダート志向だが、芝に移ってから2、1、1着と一変。前走の小倉2歳ステークスは勝ち時計(1分9秒1)こそ平凡だが、33秒3-35秒8の前傾ラップを早め先頭から押し切った内容はセンスの高さを示すのは十分な内容。距離さえ克服できれば。

京王杯2歳S 出走予定馬/カシアス

新馬戦から中1週→中2週と過密なローテでも、476→484キロと馬体増。体調の良さがそのまま結果に表れた前走の函館2歳ステークスだが、前半600m通過34秒5と緩い流れを中団から差し切った内容も出色。キンシャサノキセキ産駒らしい前向きさがあり、いかにもスプリンター。完成度の高さで、ここも好勝負。

京王杯2歳ステークス 2017 [今後の動向]

昨年の勝ち馬モンドキャンノは、次走の朝日杯フューチュリティステークスで2着と好走。2着のレーヌミノルも翌春の桜花賞を制覇した。注目度の集まる一戦と言っていいだろう。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA