【スワンステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】波乱の主役は1400m巧者 | 本気競馬

【スワンステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】波乱の主役は1400m巧者

cyumou_02

抜けた存在不在、波乱の気配も漂うマイルCS前哨戦

天皇賞秋の前日に京都競馬場で発走となるのはスワンステークス。マイルCSへ向けての最後の前哨戦となるだけに注目が集まりますが、今年の出走予定馬を見るとGI馬はセイウンコウセイとレッツゴードンキの2頭がエントリーしてきてはいるものの信頼に足る存在とは言えない現状。1400m巧者を中心に狙うべき馬を予想オッズも含めてチェックしておきたいところです。

スワンステークス 2017 [予想される出走予定馬]

スワンステークス 2017/レッツゴードンキ

この距離はベストと言える距離か

一昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ。桜花賞制覇以降、勝利から遠ざかっていましたが今年に入ってスワンSと同じ凶と1400mの京都牝馬ステークスで久々の勝利を手にすると高松宮記念・スプリンターズSで2着と牡馬相手でも力のあるところを示しました。1400mという距離は1200mでは多少忙しく、1600mでは引っ掛かって自滅する可能性もある距離となっているレッツゴードンキにとってはベストとも言える距離でマイルCSを獲るというよりも寧ろまずはここを勝ちに来るのではないでしょうか。昨年も2着したダートのJBCに回るという手もある中で芝のこちらに出走してくるからには勝負になると判断したからに他ならず注目すべき1頭であると言えるでしょう。

スワンステークス 2017/セイウンコウセイ

GI馬として恥ずかしくない競馬を

今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイ。初重賞制覇が初GI制覇という一気の出世になりましたが、その後は函館SSとスプリンターズSで敗退しGI馬としては物足りないレース内容となっているのは確か。ただこの馬の1200m走破タイムを見ると、1分7秒台の高速決着には対応できておらず、1200mではある程度時計がかかる馬場が理想か。逆に1400mならば1分20秒台の決着にも対応できていることを考えると、芝でのベストの距離は1400mであるとも考えられます。先週の競馬が不良馬場の中で行われたことを考えると馬場は荒れて良馬場でも時計がかかる馬場が予想される今週の競馬。これはセイウンコウセイにとってもプラスに働くはずで改めて注目してみたい1頭となるでしょう。

スワンステークス 2017/ジューヌエコール

再度のGI馬撃破で重賞制覇なるか

ジューヌエコールは夏の函館スプリントSでセイウンコウセイを負かして勝利を手にした3歳牝馬。50kgという軽量であったこともあるでしょうが短距離に適性を示した1戦とも言えますが、果たして更に強敵が増えるスワンステークスでどこまでやれるのかは注目したいところ。距離的には2歳時にマイルのデイリー杯2歳Sを制しており1400mが長いということはなく、デ寧ろデビューから2戦は1400mで連勝しているようにこの条件は歓迎のクチ。休み明けとなるだけに仕上がりがどうかという点はありますが、有力候補の1頭であることは間違いないでしょう。

スワンステークス 2017/サングレーザー

3連勝の勢いで一気に重賞制覇を狙う

サングレーザーはデビュー時にはクラシック候補と声が挙がった程の素質馬ですが、1600m以上の距離ではなかなか成績が安定しないレースが続きました。それが1400m(札幌は1500m)という距離を試すと休みを挟んでの3連勝。この馬の持ち味の末脚を活かすにはこの距離がピッタリといった感もあり勝ち振りも優秀とくればオープン入りいきなりの重賞挑戦でしかもGI馬相手とはなりますが、勢いでどこまでやれるかは注目でしょう。その素質をこのスワンステークスで一気に開花させる可能性は十分にありそうです。

スワンステークス 2017/カラクレナイ

1400m巧者であることは疑う余地なし

カラクレナイはデビュー戦こそ1400mで4着でしたが、以降の3戦はいずれも1400mを選択して3連勝。その後は距離を伸ばして桜花賞とNHKマイルカップにローズSと敗戦を喫しましたが、3連勝目は重賞のフィリーズレビューであったことを考えれば実績も十分で1400m巧者であることも疑う余地はありません。ローズステークスの結果を受けて直ぐに目標をこのスワンSに設定して調整されてきましたが、休み明けを1度使っての上積みもありそうな今回、距離巧者が一変の動きを見せても何ら驚けないでしょう。

スワンステークス 2017/予想オッズから見る他の人気馬

この他にも前走の京王杯SCでは重馬場に泣いた素質馬キャンベルジュニアは良馬場で見直してみたいですし、ダノンメジャーは1400mは初距離となりますが京都コース巧者でもあり距離さえ対応してしまえば上位をうかがっておかしくない存在となりそうです。また、フランケル産駒のミスエルテであったり、古豪のティーハーフトーキングドラムも嵌ればその破壊力は侮ることのできないものがあるだけに、今年のスワンステークスは伏兵陣も多彩。ともなれば波乱の余地も十分に有り得る顔ぶれと言えるでしょう。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA