北陸ステークス2017予想公開/ゼンノサーベイヤー本命で勝負! | 本気競馬

北陸ステークス2017予想公開/ゼンノサーベイヤー本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/10/22(日)開催 新潟11R 北陸ステークス
3歳以上1600万円以下 1200m (ダート) 定量戦

北陸ステークス 2017 [レース予想]

交流重賞路線は、とにかく賞金加算が必須。オープン特別といえども、ここは熱の入った一戦となりそうだ。降級戦の前走でしっかり結果を出したゼンノサーベイヤー。休養前には現級2着があるように、昇級も形だけ。むしろ課題は【0.2.0.1】の左回り克服にありそうだ。ドバイでの2戦がいい経験になったか、帰国後の2戦ともに強い競馬のディオスコリダー。伸びしろなら、この馬が一番。ドリームドルチェ、ストロングトリトン、ボンボンキャストあたりは、コース適性の強みを生かしたい。

北陸S 予想 【本命◎ ゼンノサーベイヤー】

前走は前半600m通過35秒8と緩い流れ。まともなら着差がつかない流れだが、それを余力十分に抜け出して後続に2馬身半差。正直恐れ入ったと言わざるを得ない内容で、降級戦とはいえとにかく強かった。当時が久々だったことを思えば、使った上積みは相当で、3走前に現級2着があるように昇級も形だけ。【0.2.0.1】の左回りと、鞍上配置に不安は残るものの、大崩れは考えづらい。軸はコレ。

北陸S 予想 【対抗○ ディオスコリダー】

ここまでダート【3.0.1.3】で、ドバイの2戦を除けば掲示板を外したことがない好素材。休養前は折り合い面に難しさを抱えていたが、好位でしっかり我慢が利いた前走に成長の跡。地力強化も間違いなく、昇級の壁は感じられない。前走後はひと息入れたが、2週に渡って坂路でビッシリと。再度、同舞台のここ目標に仕上がりは文句なしだ。

北陸S 予想 【単穴▲ テイエムチェロキー】

高レベルの北海道シリーズで2連勝。しかもダート1000m戦にありがちなスピードで押し切る形ではなく、差す競馬だった点は評価ができる。中間除外で間隔があいたが、久々を苦にするタイプではなし。さすがに1000万→1600万は楽ではないが、伸びしろ大きい3歳馬で勢いを買う手はある。

北陸S 予想 【特注☆ ハングリーベン】

新潟ダ1200mで3、1着と安定、2歳時には交流重賞2着の実績。前走は骨折休養明けで初めての古馬相手。11着と惨敗したものの、すんなり好位を取ってスピード負けしなかった。ひと叩きで気配上昇、持ち前の先行力を生かせる平坦コースに戻れば、当然見直せる。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

北陸ステークス 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 6ゼンノサーベイヤー
  • 対抗○:15ディオスコリダー
  • 単穴▲:12テイエムチェロキー
  • 特注☆:11ハングリーベン

波乱指数【20】

能力の上下差がハッキリしているメンバー構成。加えて定量戦なら、波乱の目は少なそうだ。

馬券考察

馬券は馬連。馬番6を軸に、相手11.12.15へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA