富士ステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

富士ステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri

秋のマイル王を占う注目の1戦を制するのは好仕上がりを見せるこの馬!

菊花賞の前日に東京競馬場で発走となる富士ステークス。ここを勝ってマイルCSへと進みたい実力馬が集いますが、注目のイスラボニータ・エアスピネル・グランシルクといった古馬勢の仕上がりは勿論、サトノアレス・ペルシアンナイトといった魅力のある3歳馬の状態も、追い切りからしっかりとチェックして狙うべき馬を定めていきましょう。

富士ステークス 2017 [追い切り診断]

富士ステークス 2017 /イスラボニータ

調教評価 A 併せ遅れも好時計マークして仕上がり良好

イスラボニータ 美浦南W 66.1 50.9 37.6 13.2 馬なり 併せ遅れ

併せ馬で遅れはしましたが、この中間は熱心に乗り込まれてコースで好時計を連発。春は3年ぶりに勝利を手にしましたが、秋も更に勝ち星を積み上げるべく順調な仕上がりを見せていることが一目瞭然といったところ。皐月賞に続いてのG1制覇へ向けてまずはこの富士Sできっちりと結果を残したいという陣営の意気込みを感じる仕上がりとなっており状態面は何ら不安なしといったところでしょうか。不安があるといえば雨で馬場が渋った場合でしょうか。やや重までなら何とか我慢できそうですがそれ以上に悪化するとマイナスとなるかもしれません。

富士ステークス 2017 /エアスピネル

調教評価 A 坂路好タイム連発で態勢は整う

エアスピネル 栗東坂路 52.5 38.5 25.1 12.2 一杯

今年の春は京都金杯を制して幸先のいいスタートを切ったものの、その後は3歳時同様の勝ち切れない競馬が続いてしまったエアスピネル。秋に大きなタイトルを獲るべくまずはこの富士ステークスで結果を求めたいところですが札幌記念後に休養を挟んで9月上旬から乗り込みを再開させると10月に入ってからピッチを上げて坂路で2週続けて好タイムを計時。しっかりと態勢を整えてきている感があります。この仕上がりならば勝ちきれるまではどうかも、いつも通りの善戦をしてくる確率は高いのではないでしょうか。

富士ステークス 2017 /ロードクエスト

調教評価 A ある意味、勝負追いの形となって注目

ロードクエスト 美浦南 55.2 40.7 12.8 馬なり 併せ併入

時計的に目立つようなところはありませんが、終いまでしっかりと伸びてきておりこの馬なりに順調な仕上がりを見せているといった感はあります。状態面はまずまずという判断ですが、注目すべきは最終追い切りに騎乗した人。これまでは大半を小島調教師と池添騎手が担ってきましたが今回は珍しく助手が騎乗しての最終追い切り。ただ、その助手が騎乗して最終追い切りを行った場合が2回あって成績は1勝2着1回と連対率100%をマーク。ある意味、勝負追いとも言える追い切りパターンでこれは狙ってみる価値もあると言えるのではないでしょうか。

富士ステークス 2017 /ペルシアンナイト

調教評価 A 絶好の動きを見せ、秋初戦から注目の存在

ペルシアンナイト 栗東CW 83.1 66.4 51.2 38.4 11.9 馬なり 併せ併入

ダービー以来の休み明けとなりますが3週に渡ってコースで抜群の動きを披露しており、とにかく終いの動きが秀逸。夏を越してパワーアップしていることは間違いなしといった感もあり、秋初戦でどんな走りを見せてくれるのか非常に楽しみなところとなりました。鞍上は皐月賞でもこの馬を2着に導いたデムーロ騎手に手が戻り、注目の1頭となることは間違いなしの状態であると言えます。

富士ステークス 2017 /クルーガー

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で一発に警戒

クルーガー 栗東坂路 52.4 38.7 25.2 12.4 一杯

春のマイラーズカップ以来のレースとなりますが、それでも1年ぶりのレースとなった前走と比較すれば順調に調整できている点は何より。坂路での追い切りを積んで2週前には自己ベストタイム更新となる51.9をマークして、今週の最終追い切りでもしっかりと負荷をかけられて好タイムをマークしているあたり、注目の追い切りであったと言えます。後はレース勘と息が保つかという点は不安といえば不安ですが、持っているポテンシャルからすれば一発あってもおかしくない1頭と言えるでしょう。

富士ステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

他で注目しておきたいのはグランシルクでしょうか。コンスタントに使われてきているだけに大きな変わり身はなさそうですが、京成杯を勝利した時同様の好状態が見込めるだけにB評価は必要なところ。更には3歳馬のレッドアンシェルサトノアレスも休み明けにはなりますが、順調に乗り込まれて動きも活発なだけに、夏を越しての成長を見込んでB評価をつけておきたいところではあります。

富士ステークス2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

今年の富士ステークスはイスラボニータ・エアスピネル・グランシルクの実績もある実力馬3頭にサトノアレス・ペルシアンナイト・レッドアンシェルの3歳勢がどう立ち向かうかという構図。当日は雨予報で馬場も荒れてくることを考慮にいれながら馬券検討していく必要がありそうで予想は難解。ともなれば狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年の富士ステークスはいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA