【アルテミスステークス2017出走予定馬】トーセンブレスなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【アルテミスステークス2017出走予定馬】トーセンブレスなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/10/28開催「アルテミスステークス(GIII)」に向けて、トーセンブレス・ウラヌスチャームなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

アルテミスステークス 2017 [1週前出走予定馬]

  • ウラヌスチャーム/牝2/斎藤誠厩舎・美浦
  • ラッキーライラック/牝2/松永幹厩舎・栗東
  • トロワゼトワル/牝2/安田隆厩舎・栗東
  • スカーレットカラー/牝2/高橋亮厩舎・栗東
  • トーセンブレス/牝2/加藤征厩舎・美浦
  • シスターフラッグ/牝2/西村厩舎・栗東
  • グランドピルエット/牝2/田村厩舎・美浦
  • トーセンアンバー/牝2/菊沢厩舎・美浦
  • ラテュロス/牝2/高野厩舎・栗東
  • ハイヒール/牝2/清水久厩舎・栗東
  • アーデルワイゼ/牝2/池添学厩舎・栗東
  • ダノングレース/牝2/国枝厩舎・美浦
  • ダイワメモリー/牝2/国枝厩舎・美浦
  • ラスエモーショネス/牝2/高橋忠厩舎・栗東
  • タイドオーバー/牝2/勢司厩舎・美浦

■2017/10/18現在

アルテミスステークス 2017 [注目馬考察]

アルテミスステークス 出走予定馬/トーセンブレス

新馬戦は出遅れて後方からの競馬。道中もモタモタと決して良くは映らなかったが、勝負所で勢いがつくと後は圧巻の末脚。稍重だったため、1分37秒5と勝ち時計は平凡だが、上がり34秒0は出色。ましてや最後のほぼ流しただけだった。子ども扱いした2着馬プリモシーンは、次走楽勝。その比較からもこの馬の能力は相当とみていい。切れるディープ産駒なら、中山よりも東京でさらに真価発揮。短距離志向の強い母系だけに距離が延びてどうかは微妙だが、桜花賞までならノンストップで行ける素材だ。

アルテミスステークス 出走予定馬/ウラヌスチャーム

前走は前半600m通過38秒8、1000m通過65秒4とかなり緩い流れ。前に行った組で決まる流れの中、出遅れ→直線一気のこの馬は競馬は強烈なインパクト。上がりは驚異の32秒フラットで、2着馬がサウジアラビアロイヤルカップで小差3着と健闘したカーボナード。相手関係も弱くはなかった。鈍重なタイプが多いルーラーシップ産駒にしては珍しい瞬発力型。鵜呑みにできない面はあるものの、重賞でも楽に通用する素質を秘める。

アルテミスステークス 出走予定馬/シスターフラッグ

札幌2歳ステークスで0秒3差4着と好走。新馬戦、未勝利の経験しかない馬が大半のここなら、キャリアが大きく生きる可能性。ウラヌスチャームと同じルーラーシップ産駒だが、こちらは対照的にジワジワ型。東京コースがマイナスとなることはなく、我慢比べの展開になれば浮上の余地。叔父にゴールドシップと血統的裏付けも十分。

アルテミスステークス 出走予定馬/グランドピルエット

トリッキーな中山芝1600mを抜群の運動神経で乗り切った前走。最後は2着馬に詰め寄られはしたものの、手応えにはまだまだ余裕。着差以上の完勝と言える内容だった。産駒好調の父ロードカナロアに、母ザレマは京成杯AHの勝ち馬。血統的魅力も大きく、ここでも要注意。

アルテミスステークス 2017 [今後の動向]

過去の出走馬を見てみると、レッツゴードンキ、メジャーエンブレム、デンコウアンジュ、リスグラシューと錚々たる顔ぶれ。ここをステップに出世する馬が多く、将来的な面も含めて注目したい一戦。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA