【富士ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】イスラボニータvs3歳馬 | 本気競馬

【富士ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】イスラボニータvs3歳馬

cyumou_01

これからのマイル路線に世代交代を告げる3歳馬は現れるのか?

今週の東京競馬場で行われる富士ステークスは例年3歳馬の活躍が目立つ重賞ですが、出走予定馬を見ていくと今年もサトノアレス・ペルシアンナイト・レッドアンシェルといった力のある3歳馬がエントリー。迎え撃つのは皐月賞馬イスラボニータ他、これまでのマイル路線で好走を続ける強豪古馬。果たして今回の結末はどうなるのか?予想オッズも含めて注目でしょう。

富士ステークス 2017 [予想される出走予定馬]

富士ステークス 2017/イスラボニータ

GI馬としての意地を見せる

イスラボニータは春のマイラーズカップで3年ぶりの勝利を手にしました。とにかく惜敗続きだったことを考えればこれで再度勢いに乗ってくるかと思われましたが、続く安田記念では直線前が開かずに8着に沈みました。重賞を久々に勝った今、狙うのは3年ぶりとなるGI勝利ということで大目標は次のマイルチャンピオンシップということになるのでしょうが、それでも富士ステークスでもGI馬としての格好はつけておきたいところ。この馬のタイプがタイプなだけに勝ちきるまではどうかも、堅実な末脚で今回も上位を伺う可能性は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

富士ステークス 2017/サトノアレス

やはりベストは1600mか

サトノアレスは昨年の朝日杯FSを制して、春はクラシック戦線を狙いましたが皐月賞は11着敗退。そこで休養に入ると函館競馬に参戦し、巴賞を快勝したものの2000mの函館記念では1番人気に支持されながらも6着に敗退しました。ともに2000mの距離で掲示板を外しているあたりやはり距離は1800mがギリギリで1600mがベストと言えるのかもしれません。ともなれば今回はベストと言える1600mで直線の長い東京競馬場。末脚を発揮するにはもってこいの舞台ということになるだけに、再度見直してみる価値はある3歳馬と評することができるのではないでしょうか。

富士ステークス 2017/ペルシアンナイト

名マイラーへの道を開くか

ペルシアンナイトはアーリントンカップを制してから臨んだ皐月賞でも2着と好走した3歳馬。ダービー大敗を受けてやはりベストはマイルと見るや富士ステークスで復帰を選択してきました。とにかく崩れない堅実な末脚が武器で大きく崩れたのは明らかに距離が長かったダービーのみ。父ハービンジャーといえば、先週の秋華賞でディアドラが待望のG1タイトルをもたらしてくれたことで勢いを取り戻してきそうな血統。力的にはサトノアレスと互角かそれ以上とも評することができる馬と言えるだけに注目してみたいところではあります。

富士ステークス 2017/レッドアンシェル

夏を越しての成長に期待

レッドアンシェルは上記3歳馬と比較すると実績的にも重賞勝ちもなく格下の存在と言えそうですが、それでもアーリントンカップでペルシアンナイトの2着、そしてNHKマイルカップでは4着に好走しているように決して力がないわけではない1頭。春先はまだまだ馬体も小さく映り成長の余地があったことを考えればこの夏を越してどれだけ成長してきているかには注目しておきたいところではあります。過去の富士ステークスをみても人気薄の3歳馬が活躍傾向にあるということもあるので、決して軽視してはいけない1頭となるのではないでしょうか。

富士ステークス 2017/予想オッズから見る他の古馬勢

迎え撃つ古馬勢は、勝ち切れない競馬が続いているものの安田記念は5着と好走しており、その力は当然この秋にも注目しておきたいエアスピネルは武豊騎手とのコンビに戻っての巻き返しに期待したいところですし、京成杯オータムハンデで待望の重賞制覇を遂げたこちらも勝ち切れないながらも堅実な末脚が武器のグランシルクとて勝った勢いで更なる活躍が期待できそうなところ。他にもブラックムーンロードクエストといった嵌れば強烈な末脚を駆使できる馬もエントリーしてきているだけに、これは直線の攻防は非常に見応えのある1戦になるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA