秋華賞2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

秋華賞2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri2_1

3歳牝馬ラスト1冠を狙って渾身仕上げの絶好調馬を狙い撃ち!

秋華賞の発走が近づいてきましたが、3歳牝馬にとってはこれが最後の1冠。GI制覇を狙って各馬虎視眈々と調整を進めてきているようですが、狙いはまさにこことばかりに渾身の仕上がりを見せる馬は人気に捉われずに狙ってみたいもの。アエロリットやリスグラシューといった人気馬だけでなく、人気薄の好調馬にも注目です。

秋華賞 2017 [追い切り診断]

秋華賞 2017/リスグラシュー

調教評価 S 状態は確実に良化、絶好の動きを披露

リスグラシュー 栗東坂路 52.4 38.3 24.7 11.9 馬なり

休み明けとなったローズSはいかにも休み明けという仕上げで臨んできていましたが、レースを使って予定通りかそれ以上に良化といったところでしょうか。1週前の坂路51.8に続いて最終追い切りでも52.4の好タイムを坂路でマーク。しかもラストは11.9と抜群の反応を示して鋭さ十分の伸びを見せており、ラスト1冠を意地でも奪取するという陣営の意気込み伝わる調整内容はまさに渾身の仕上げといったところではないでしょうか。

秋華賞 2017/アエロリット

調教評価 A 変則2冠へ向けて態勢は万全

アエロリット 美浦坂路 52.4 38.0 24.8 12.3 馬なり

7月のクイーンステークスを勝利して以来のレースとなりますが、1週前にはコース6Fで追われると80秒を切る速い時計を計時して終いも12.6と最後までしっかりと伸びてくる抜群の追い切りを消化。今週の最終追い切りにおいても終始馬なりの調整でもラストは12.3とスピード感十分の走りを見せておりNHKマイルカップに続いての変則2冠制覇へ態勢は十分に整っていると言える仕上がりにあると判断できます。後は初となる2000mがどうかというところになってきそうですが、横山典騎手の乗り方一つで克服可能といったところではないでしょうか。

秋華賞 2017/カワキタエンカ

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で状態は絶好

カワキタエンカ 栗東坂路 53.6 39.3 25.0 12.5 馬なり

ローズステークスで逃げて2着に入って秋華賞への権利を手にしたカワキタエンカですが、大一番を前にして状態を更に上げてきている感があります。目立つような時計ではありませんが、1週前に54.1をマークすると直前追い切りでは53.6と自己ベストをマークして終いまでしっかりと駆け抜けてきており状態面はかなり良好と見て良さそうです。逃げてどこまでという感はありますが、アエロリットが控えてこの馬がハナでのマイペースという展開にでもなればローズSに続いての逃げ粘りには警戒をすべき1頭となってくるのではないでしょうか。

秋華賞 2017/ポールヴァンドル

調教評価 A ここメイチ仕上げで一発に期待

ポールヴァンドル 美浦南W 65.5 51.1 38.2 12.7 馬なり 併せ併入

前走の紫苑ステークスではディアドラを上回る上がり最速の時計をマークしての3着。追い込んでのレースに収穫もあったというところでしょうが、その後の追い切りでもコースで2本という本数ではありますがともに好タイムをマークし、直前の追い切りでは5F65.5の自己ベストタイムをマーク。終いの伸びも上々で狙いはまさにこの秋華賞と言わんばかりのメイチの仕上げと見てとれるもの。初の京都遠征とコースがどうかなど課題も多いところではありますが、少なくともディアドラとは力差なしと判断できる実力を備えた馬で先行して息の長い末脚が本来は武器の馬であることから輸送さえこなせば京都内回りコースはうってつけとも言えるコースとなるかもしれません。この状態ならば一発に警戒が必要と言えるかもしれません。

秋華賞 2017/ファンディーナ

調教評価 A 調整パターン変更でその力を爆発か

ファンディーナ 栗東CW 85.8 69.3 53.8 39.4 11.9 G前追う

人気先行タイプとも言え、今回も人気になるようならば消しでもいいとも思えるところですが、追い切り内容を見てみると、これまでの坂路での調整から最終追い切りはコースに変更し長めからじっくりと乗り込んできました。終いは仕掛けられると持ち前の瞬発力の片鱗を見せる上がり11秒台をマークして、休み明けとなった前走ローズステークスと比較しても動きに素軽さが見えるものでした。フラワーカップ圧勝の力強さが戻ってくればG1でも太刀打ちできる力は十分にある馬。今回の調整パターン変更と大型馬が休み明けを1度使った上積みで一変し強いファンディーナが戻ってくる可能性はゼロではなくここはまだ切るには早計の1頭でしょう。

秋華賞2017/追い切りから見る他の注目馬

他で人気になりそうなところでは紫苑ステークスを制したディアドラが挙げられますが、この馬も紫苑Sを使って更に稽古でも好時計をマークしており注目の存在。A評価でもいいところではありますが、A評価馬との比較で上積みという面でB評価に留めておきます。他ではラビットランが挙げられますがこちらは直前の調整がいたって軽め。1週前の追い切りできっちりと仕上がっている感はあるだけに状態面は良好と判断できますが、直前が軽めという点でのB評価としておきます。他では春の活躍馬レーヌミノルモズカッチャンも好仕上がりを見せておりB評価を与えておきたいところ。後は3戦3勝馬のリカビトスも坂路で好タイムをマークしているだけにここまでをB評価とします。

秋華賞2017[馬券のポイント]

今年の秋華賞はアエロリットが1番人気に推されることが濃厚。それに続いてリスグラシュー、ディアドラ、ラビットランあたりが人気になってきそうな感。ただ、アエロリットに距離不安があればリスグラシューにも勝ち切れない弱みもあります。ともならばディアドラ・ラビットランに注目という点もありそうですが、展開に恵まれなければどうかという部分もあるだけにどの馬も一長一短。さてどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの秋華賞で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA