【富士ステークス2017出走予定馬】イスラボニータなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【富士ステークス2017出走予定馬】イスラボニータなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/10/21開催「富士ステークス(GIII)」に向けて、イスラボニータやロゴタイプなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

富士ステークス 2017 [1週前出走予定馬]

  • イスラボニータ/牡6/栗田博厩舎・美浦
  • ロゴタイプ/牡7/田中剛厩舎・美浦
  • ダノンプラチナ/牡5/国枝厩舎・美浦
  • サトノアレス/牡3/藤沢和厩舎・美浦
  • エアスピネル/牡4/笹田厩舎・栗東
  • ペルシアンナイト/牡3/池江寿厩舎・栗東
  • ガリバルディ/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • ロードクエスト/牡4/小島茂厩舎・美浦
  • ブラックスピネル/牡4/音無厩舎・栗東
  • レッドアンシェル/牡3/庄野厩舎・栗東
  • ブラックムーン/牡5/西浦厩舎・栗東
  • タイセイサミット/牡4/矢作厩舎・栗東
  • トーセンデューク/牡7/藤原英厩舎・栗東
  • クルーガー/牡5/高野厩舎・栗東
  • ダイワリベラル/牡6/菊沢厩舎・美浦

■2017/10/11現在

富士ステークス2017 [注目馬考察]

富士ステークス 出走予定馬/イスラボニータ

久々のGI奪取も期待された前走の安田記念だが、1番人気8着と敗退。しかし4コーナーから終始包まれ通しで、最後の最後まで満足に追い出せなかっただけと敗因はハッキリしており、評価下げとはならない。3歳時のような打てば響く瞬発力に陰りこそ見えているが、3歳以降掲示板を外したのはジャパンC9着、中山記念9着、そして前走の安田記念の3戦だけ。ことマイルに限れば、【1.2.1.2】と大崩れはない。年齢的にも今年がラストチャンスとなりそうなシーズン。大目標のマイルCSへ向けて、ここで弾みをつけたい。

富士ステークス 出走予定馬/ロゴタイプ

2歳時から息の長い活躍を見せ、ここまで大きなケガもなし。「無事之名馬」を地で行く馬だが、前走の安田記念2着はとにかく中身の濃い一戦だった。前半600m通過33秒9から徐々にペースを上げ、1000m通過が57秒1。各馬が苦しくなるラスト3ハロンも11秒0→11秒3と脚を伸ばしてのクビ差2着。内容としてはこの馬が1番と言ってもいい。久々でも問題なく動けるタイプで当然注意が必要だろう。

富士ステークス 出走予定馬/エアスピネル

外枠からも上手く流れに乗り、相変わらずレースセンスの高さは示した前走だが、詰めが甘い点は結局同じ。正直、適条件が掴めなくなってきたが、【3.2.1.1】のマイルに戻すこと自体にマイナスはないはず。春の安田記念ではイスラボニータ同様、最後の直線で不利を受けた組。2度3度立て直しつつ、スペースを確保してからは目立つ伸びを見せた。鞍上に戻り、ここは仕切り直しの一戦。弱い4歳世代の声を掻き消したい。

富士ステークス 2017 [今後の動向]

近年の傾向からマイルCSとの関連性が強いとは言い難い一戦だが、本番さながらの顔ぶれとなりそうな今年は少し話が違いそうだ。3歳馬ペルシアンナイト、レッドアンシェル、サトノアレスあたりにも注意を払いたい。

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA