京都大賞典2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表 | 本気競馬

京都大賞典2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表

oikiri

GI制覇を虎視眈々と狙う実力馬が凌ぎを削る1戦!

京都大賞典を制し、秋のG1戦線の有力候補に名乗りを挙げるのはどの馬か?最終追い切りを終えて各馬準備万端といったところですが、休み明けの馬の仕上がりだけでなく、夏場にレースを消化している馬の状態面もしっかりとチェックして予想的中へと繋げたいものです。

京都大賞典 2017 [追い切り診断]

京都大賞典 2017/ミッキーロケット

調教評価 A 坂路1番時計をマークで動き絶好

ミッキーロケット 栗東坂路 50.9 37.6 24.9 12.8 一杯 併せ先着

春のG1戦線では期待ほど走れなかった悔しさをバネに秋の飛躍へと繋げたいミッキーロケットは宝塚記念後の休養明けの1戦となりますが、直前の追い切りでは当日の坂路の1番時計となる50.9という好タイムをマークしており、稽古の動きだけ見れば休み明けでもきっちりと仕上がっていると判断して良さそうです。舞台は今年の日経新春杯で初重賞制覇を果たした京都2400mと相性のいいコースでもあり、秋初戦で好スタートを決めて春のリベンジを果たすべすべく態勢は整っていると判断していいのではないでしょうか。

京都大賞典 2017/サウンズオブアース

調教評価 A 仕上がり良好、まずは待望の重賞初制覇へ

サウンズオブアース 栗東CW 80.7 65.9 52.0 38.7 12.5 馬なり 併せ先着

実に3年以上勝利から遠ざかっていますが、数々のG1で好走しているものの未だに重賞未勝利であるというのもこの馬らしななのか。ただ陣営が欲しいのはやはり重賞タイトル。悲願のG1制覇を前にまずは悲願の重賞制覇へ向けて、夏場に札幌記念を1度使っている分仕上がりはこれまでの休み明けと比較してもかなり順調に進んでおり、直前の追い切りでも終い重点の追い切りながら終いの伸びは上々で好仕上がりを見せているだけに好走を期待してみたいところではあります。

京都大賞典 2017/シュヴァルグラン

調教評価 A 秋初戦へ向けて態勢は整う

シュヴァルグラン 栗東坂路 53.5 39.0 25.5 12.7 一杯 併せ先着

宝塚記念時は最終追い切りで疲れを感じさせる動きでイマイチの動きとなりましたが、休養を経てリフレッシュ効果は抜群といったところ。1週前にはヴィブロス相手にコースで追い切って先着フィニッシュを果たして、最終追い切りでも一杯に追われて好反応を示してのフィニッシュとまさに秋初戦へ向けて態勢はしっかりと整ったと言える仕上がりを見せており、人気にはなりそうですが、好走の確率は高いと判断できる1頭であると言えそうです。

京都大賞典 2017/ラストインパクト

調教評価 A ここにきてコース自己ベスト。復活なるか

ラストインパクト 栗東CW 64.7 50.7 38.5 13.2 一杯

今年に入ってダートに挑戦したりと色々試してはいるものの結果が出ず、年齢的にもそろそろ限界かとも思われるラストインパクトですが、新潟記念大敗後も休みなく乗り込まれており、今週の追い切りではコースで64.7とこれまでの自己ベストタイムを更新する快調な動きを見せており仕上がりはかなり良好であると判断できるのではないでしょうか。これがレースへ行って結びつくようであれば3年前に勝利している重賞でもあることから驚きの復活劇があるかもしれません。穴を狙うならばこの馬ということにもなるのではないでしょうか。

京都大賞典2017/追い切りから見る他の注目馬

他で注目しておきたいのは古豪牝馬のスマートレイアーではないでしょうか。7歳になって体調面に大きな変化は見られないものの動きそのものは軽快であり年齢を感じさせないもの。動ける態勢にはありまだ衰え知らずといった感はありB評価は必要でしょう。後はトーセンバジルが相変わらず稽古では終いに目を引く切れのある動きを見せており、これも脚の使いどころ一つで浮上は可能な状態にあると見てB評価をつけておきたいと思います。関東馬のフェイムゲームは実績は認めつつも今回の休み明けは元々稽古で動く馬ではないもののそれにしても動いていない感があるだけにこれは今回C評価としたいと思います。

京都大賞典2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

今年の京都大賞典は人気的にはシュヴァルグラン・サウンズオブアース・スマートレイアーあたりまでが単勝10倍台以下の評価となりそれ以下は混沌といった感じになりそうなメンバー構成。とはいえこの3頭で決まりそうな感はなく、1頭くらいは人気薄の馬が突っ込んできそうな気配。ともなれば狙うべき馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年の京都大賞典はいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA