【京都大賞典2017予想/オッズ/出走予定馬】秋のGIの主役へ名乗り出るのは? | 本気競馬

【京都大賞典2017予想/オッズ/出走予定馬】秋のGIの主役へ名乗り出るのは?

cyumou_02

キタサンブラック・ラブリーデイに続くのは果たしてどの馬か?

前日に発走となる毎日王冠と比べると注目度こそ例年薄れがちの京都大賞典ですが、それでも昨年のキタサンブラックは京都大賞典からジャパンカップを制し、一昨年のラブリーデイは天皇賞秋を制しているように、GI直結の注目すべき重賞となっているのは確か。果たして今年の京都大賞典の勝ち馬からGI馬誕生なるか?出走予定馬とそれに伴う予想オッズに注目です。

京都大賞典2017 [予想される出走予定馬]

京都大賞典 2017/シュヴァルグラン

G1制覇へまずは初戦を突破したい

シュヴァルグランは今年の天皇賞(春)で2着、狙っていたタイトルを逃す結果になりましたがそれでも力は示したところ。とはいえ昨年は重賞を2勝していたものの今年は未だに未勝利。まずはこの京都大賞典を勝利し、その勢いで悲願のG1制覇へと駒を進めたいところでしょう。今回このシュヴァルグランに騎乗するのは先週のスプリンターズステークスを制して乗っているデムーロ騎手。このコンビでまずは重賞制覇を狙います。距離も2400mあれば十分ですし、しっかりと折り合えれば強い競馬を見せてくれる可能性も十分でしょう。

京都大賞典 2017/サウンズオブアース

3年ぶりの勝利へ状態は上向き

とにかく勝ち切れないサウンズオブアース。今年の春は果敢にドバイへ遠征しましたが結果を残すことができずに帰国。迎えた初戦の札幌記念は4着という結果でしたが帰国初戦で更に距離不足も懸念される2000mであったことを考えれば上々の滑り出し。京都大賞典はこれで3年連続の参戦となりますが、一昨年のラブリーデイ、昨年のキタサンブラックとも0.2差と僅差で駆けてきており今回は夏に1戦消化しているだけに仕上がりも進んでいることを鑑みれば、およそ3年ぶりとなる勝利、そして待ちに待った重賞初勝利の瞬間を見ることができるかもしれません。2度目の騎乗となる横山典騎手がこの馬をどう導くかにも注目でしょう。

京都大賞典 2017/ミッキーロケット

秋に飛躍を誓う4歳馬

ミッキーロケットは年明け早々に日経新春杯を制して今年春の台風の目となることが期待されましたが大阪杯で7着、宝塚記念で6着と一押し足りない成績に。夏を越して更にパワーアップを果たしているならば改めて期待してみたい1頭。息の長い末脚が武器で距離は2400mくらいが丁度良さそうな感もあり、実績馬相手に好走を果たして秋のG1シーズンへと乗り込んでいきたいというのが陣営の本音ではないでしょうか。

京都大賞典 2017/スマートレイアー

この距離でも注目の女傑

スマートレイアーはマイルだろうが2400mだろうが距離を問わずに活躍を見せる異色の牝馬。昨年の阪神牝馬ステークスで逃げて勝利を手にすると追い込み一辺倒の脚質を先行脚質に転換してから更に充実した結果を残しており、2400mという距離でも昨年の香港ヴァーズで5着好走があり長いということはなさそう。開幕週の先行有利の馬場にでもなれば前に行ける強みで有力各馬を抑え込む可能性は十分。この後のエリザベス女王杯はこの馬にとっても最大のG1制覇のチャンスになるとも言えるだけにここはまず牡馬相手でも結果を求めたい1戦となるのではないでしょうか。

京都大賞典 2017/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも前走の目黒記念を制してまだまだ古豪健在をアピールしたフェイムゲームも左回り巧者のイメージはあるものの天皇賞春で2着という実績もあるだけに侮ることはできませんし、更には強豪相手に揉まれた経験が活きてくればその末脚の破壊力に警戒したいトーセンバジルであったり、2014年の勝ち馬ラストインパクトや2013年の勝ち馬ヒットザターゲットもエントリーしてきており、伏兵陣も多彩といった様相となりそうです。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA