シリウスステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

シリウスステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri

シリウスステークスで狙うべきはメイチ勝負の絶好調馬

土曜阪神のメインはシリウスS、スプリンターズSへ向けての資金稼ぎにもってこいといえる重賞です。今年はマスクゾロ・ミツバ・モルトベーネ・ピオネロといったあたりのダート中距離路線でこれから飛躍を狙う実力馬が揃うハンデ戦。狙うべきは追い切りで絶好の動きを見せている好調馬であることは間違いないでしょう。

シリウスステークス2017 [追い切り診断]

シリウスS 2017 /マスクゾロ

調教評価 A 連覇へ向けて状態面は文句なし

マスクゾロ 栗東坂路 52.6 38.5 25.0 12.2 一杯

昨年のシリウスSを制した後に故障で9ヶ月の休養を余儀なくされましたが、前走BSN賞で戦列復帰。結果は2着も上々の復帰戦となりました。長期休養明けを一度使って状態は型どおりに上向いて最終追い切りでは自身の坂路自己ベストを更新する時計を計時して抜群の動きを見せており、連覇へ向けて予定通りの仕上がりを見せて文句なしといったところ。トップハンデの57.5kgを背負いますがそれでも期待の持てそうな状態であることは間違いないでしょう。

シリウスS 2017 /ミツバ

調教評価 A 重賞連勝へ向けて状態は絶好

ミツバ 栗東CW 80.8 65.6 51.7 38.0 13.3 一杯

盛岡のマーキュリーカップで重賞初制覇。気性的に難のあった馬がここに来て気性面での成長も見られ、いよいよ充実期に入ってきた感もあるミツバ。追い切りの動きも良好で1週前にはコース6F追いの自己ベストタイムを更新する80.1をマークしてきており状態は引き続き好状態をキープしていると判断して良さそうです。終いの伸びはそこまで切れるといった感じはありませんが、それはいつものことなので心配するところではないだけに、ここも松山騎手と息ピッタリのレース運びができれば結果がついてきそうな状態であると言えそうです。

シリウスS 2017 /マインシャッツ

調教評価 A 坂路で自己ベストをマークし注目

マインシャッツ 栗東坂路 52.9 38.8 25.2 12.7 一杯 併せ併入

オープン初戦となった阿蘇ステークスでは4着に終わりましたが、それでもオープンでもやれるという印象を与えた一戦。今回は重賞挑戦となるだけに相手は更に強化しどうかというところはありますが、この馬とて重賞挑戦へ備えて最終追い切りでは坂路自己ベストを更新して52.9をマークして更なる状態アップをアピールしてきました。末脚は常に安定しており、大崩れのないタイプが好状態を示しているだけにここでも好走を期待してみたいところです。

シリウスS 2017 /トップディーヴォ

調教評価 A コース自己ベスト更新で連勝狙う

トップディーヴォ 栗東CW 85.3 69.4 54.8 40.7 12.3 G前追う

最終追い切りでは終い重点の内容でラスト12.3としっかり伸びて仕上がりの良さを感じる動きとなりましたが、1週前にはコース6Fで63秒台という破格のタイムをマークしており、前走BSN賞を勝った勢いそのままに状態面も好状態をマークしていると言えそうです。2週にわたってレースで手綱をとる横山典騎手が稽古をつけているように陣営も力の入る一戦であることは間違いなさそう。ここ数戦は直線平坦のコースでの活躍が目立つだけに坂のある阪神コースは不安といえば不安ですが状態面を見れば抑えておくべき馬であると言えそうです。

シリウスS 2017 /タイニーダンサー

調教評価 A 好調を示し軽量での一発狙う

タイニーダンサー 美浦北C 65.9 51.0 37.8 12.9 馬なり 併せ併入

ここ数戦は地方交流重賞への参戦で中央場所での競馬は実に一年半ぶり。しかも阪神への輸送も初めてで狙い難い面はありますが、状態面だけ見ればCコースで65.1をマークしてここにきて自己ベストタイムを更新しているように悪くない仕上がりを見せており、出走馬中最軽量の53kgというハンデを考えれば、勝ちきるまではどうかも軽量を活かしての先行粘り込みくらいなら期待してみても面白いかもしれません。それこそ食い込んでくれば高配当は間違いないだけに抑えて夢を見るためにはもってこいの馬と言えるのではないでしょうか。

シリウスステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

他で注目しておきたいのはスリータイタンブライトアイディアドラゴンバローズの3頭。動きは良好でA評価とまではいかないもののB評価はつけておきたい好状態と言えそうなだけに抑えには必要な馬と評価できるのではないでしょうか。休み明けのモルトベーネも動ける状態にはありそうですが絶好調かというとやはり8割程度の仕上がりといったところでB評価が妥当と言えそうです。後は近走の成績は今ひとつも最終追い切りでの終いの伸びが目だったキクノソルあたりまでB評価としておきたいところではあります。

シリウスステークス2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

今年のシリウスステークスは人気的にはミツバ・マスクゾロ・モルトベーネ・ピオネロあたりまでが単勝10倍台以下の評価となりそれ以下はハンデ戦だけに混沌といった感じになりそうなメンバー構成。ならば上位人気の馬を軸に相手は手広く流して高配当を狙うといった手が面白いと言えるかもしれませんが、そのためにも狙うべき軸馬をしっかりとピックアップして的中を狙うのがベターとも言えそうで、結局今年のシリウスステークスはいかに買うべき馬と消すべき馬の取捨選択をしっかりとできるかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA