スプリンターズステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

スプリンターズステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri2_1

スプリント王決定戦は絶好調の快速馬を狙い撃ち!

いよいよ迎える秋のスプリント王決定戦スプリンターズステークス、抜けた存在不在の混戦メンバーとなりますが、昨年の勝ち馬レッドファルクスや春の高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイあたりを中心に各馬大一番へ調整を進めてきています。狙うべきはここを目標でメイチ勝負をかける絶好調馬となることは間違いないでしょう。

スプリンターズステークス2017 [追い切り診断]

スプリンターズS 2017/レッドファルクス

調教評価 A 連覇へ向けて休み明けでもきっちり仕上がる

レッドファルクス 美浦南W 51.0 37.8 12.5 一杯 併せ先着

今年のスプリンターズステークスで1番人気が予想されるレッドファルクスですが、休み明けでも3勝の実績があるだけに稽古で動けてさえいれば狙い目となる1頭。その最終追い切りはコース4Fで行われて時計的にも納得の動き。今年の高松宮記念3着の際と似たような調整パターンで乗り込まれてきていることを考えれば今回の休み明けもきっちりと仕上がっていると判断して良さそうです。ともなれば昨年に続いての連覇が期待されるところですが、元来は左回りがベストの馬で右回りはプラスとは言えないだけにいかにデムーロ騎手が昨年同様にこの馬を導けるかどうかが連覇の鍵となってくるのではないでしょうか。

スプリンターズS 2017/セイウンコウセイ

調教評価 A スプリントG1連覇へ態勢整う

セイウンコウセイ 美浦南W 64.3 49.6 35.8 12.6 G前追う

今年の高松宮記念を制して一気にG1馬の仲間入りを果たしたセイウンコウセイ。夏の函館SSでは4着に敗退したことで評価を多少落とすところとなってきそうですが、状態面は休み明けでもコース5Fで64秒台を叩き出せば悪い状態とはとても思えず、これが自己ベストタイム更新となれば寧ろ休み明けでもきっちりと仕上がっていると見てよさそうなところ。陣営は9割の仕上がりと言っていますがその通りといったところでしょうか。後は課題となる速い時計となった場合の対応ということになりそうです。とはいえ、近走の安定感からしてもそこまでの大崩れはこの仕上がりならばないと判断しても良いのではないでしょうか。

スプリンターズS 2017/メラグラーナ

調教評価 A 得意コースでの1戦、状態は叩いて急上昇

メラグラーナ 栗東坂路 53.5 38.2 24.5 12.3 馬なり

湿った馬場のせいもあり高松宮記念・CBC賞と大敗を喫したメラグラーナですが、リフレッシュ休暇後のセントウルステークスは余裕残しの仕上げでも最速の上がりタイムをマークして4着好走。良馬場ならば力を出すというところを示しました。迎える大一番を前に状態は休み明けを叩いて良化一途。終いの伸びは素軽さを増して、余裕残しの最終追い切りでもスピード感は十分。中山コースは3戦3勝と絶好の相性を示しているだけに良馬場ならば勝ち切るところまで可能性はあると言えるのではないでしょうか。

スプリンターズS 2017/モンドキャンノ

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で状態は絶好

モンドキャンノ 栗東坂路 52.3 38.0 24.7 12.2 一杯 併せ先着

3歳馬ながらキーンランドカップで1番人気に支持されながら6着敗退。迎える叩き2戦目のスプリンターズSということになりますが、札幌から栗東に戻ってからは坂路で目立つ動きを見せており、1週前には坂路自己ベストとなる50.8をマーク。状態面は前走以上であることは間違いのないところではあり、斤量面でも2kgの恩恵がある今回、脚さえ溜まれば直線でどれだけの爆発力を見せてくれるかは楽しみとなってきそうな仕上がりと言えそうです。初コンビとなる池添騎手との相性次第では面白い1頭となりそうです。

スプリンターズS 2017/ファインニードル

調教評価 A 絶好調をキープで一気にG1制覇狙う

ファインニードル 栗東坂路 55.1 38.7 24.2 12.2 馬なり 併せ先着

セントウルステークスを制してから中2週だけに強い負荷をかける調整は行われていませんが、それでも好調キープをアピールするには十分の軽快な動きを披露。最終追い切りにおいても終いは仕掛けられると相手をあっさり抜き差って終いは12.2をマーク。新コンビの内田騎手も乗り心地には満足がいっているようで、初重賞制覇を果たしたセントウルステークスから一気にG1制覇なるか、それが可能な絶好の状態にあると言えるのではないでしょうか。

スプリンターズステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

他で人気になりそうなところではビッグアーサーが挙げられますが、時計的には出ているものの終いの伸びがここ数週の追い切りでは鋭さが見られないあたりが気がかり。今年に入って思うように使えていない影響が気になるところではありこれはC評価止まり。B評価を与えるならば夏場から使われているだけに上積みは感じられないものの好調をキープしていると見てよさそうなダイアナヘイローフィドゥーシア、更に近走は凡走続きもノドの状態が回復したということでこの中間の動きを見ても好調さがうかがえるシュウジと岩田騎手が熱心に稽古をつけて一発気配が漂っているレッツゴードンキにもB評価をつけておきたいところです。あとは栗東の坂路番長のネロ、久々に坂路40秒台をマークしてきており状態だけならば絶好と判断できるだけに追い切りだけならばこの馬にもB評価をつけておきます。さすがはG1というだけあって各馬しっかりと仕上げてきている感はありますね。その中である程度人気しそうなダンスディレクターは馬体回復に務めている感があり中間の調整がいかにも軽め。これは当日気配も注目ですが調整内容からはC評価が妥当ではないでしょうか。

スプリンターズステークス2017[馬券のポイント]

今年のスプリンターズステークスは前述のとおり、レッドファルクスが1番人気に推されてくる模様、ただそれ以下はセイウンコウセイ・ビッグアーサーといったG1馬をはじめダイアナヘイロー・メラグラーナといったG1初制覇を狙う馬も虎視眈々といったところ。レッドファルクスとて右回りはベストとは言えないだけに、どの馬も一長一短あるのは確か。それならばどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこのスプリンターズステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA