【京都大賞典2017出走予定馬】シュヴァルグランなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【京都大賞典2017出走予定馬】シュヴァルグランなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/10/9開催「京都大賞典(G2)」に向けて、シュヴァルグラン・ミッキーロケットなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京都大賞典 2017 [1週前出走予定馬]

  • シュヴァルグラン/牡5/友道厩舎・栗東
  • ミッキーロケット/牡4/音無厩舎・栗東
  • ゴールドアクター/牡6/中川厩舎・美浦
  • サウンズオブアース/牡6/藤岡健厩舎・栗東
  • スマートレイアー/牝7/大久保龍厩舎・栗東
  • フェイムゲーム/セン7/宗像厩舎・美浦
  • トーセンバジル/牡5/藤原英厩舎・栗東
  • マキシマムドパリ/牝5/松元茂厩舎・栗東
  • レコンダイト/牡7/音無厩舎・栗東
  • カレンミロティック/セン9/平田厩舎・栗東
  • ヒットザターゲット/牡9/加藤敬厩舎・栗東
  • ラストインパクト/牡7/角居厩舎・栗東
  • ハッピーモーメント/牡7/角居厩舎・栗東
  • プレストウィック/牡6/武藤厩舎・美浦

■2017/9/27現在

京都大賞典 2017 [注目馬考察]

京都大賞典 出走予定馬/シュヴァルグラン

阪神大賞典ではサトノダイヤモンド、春の天皇賞ではキタサンブラックに肉薄。前走の宝塚記念は不慣れな逃げる競馬と、馬場に脚を取られたことが敗因で評価下げとはならない。距離が2400mあれば距離不足はなく、京都コースも得意。久々も苦にするタイプではなく、手薄なこの顔ぶれならしっかりと結果を出したいところ。

京都大賞典 出走予定馬/ミッキーロケット

神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドとクビ差の接戦。菊花賞でも5着に踏ん張るなど、3歳牡馬勢の中ではトップグループに位置する馬。大阪杯0秒5差、宝塚記念0秒9差なら一応の合格点はつくか。ここは初重賞を決めた4走前と同じ舞台設定。好相性の舞台で再スタートを切る。

京都大賞典 出走予定馬/トーセンバジル

前走の新潟記念ではメンバー最速となる上がり33秒7をマークしたが、スローで内を通った馬が上位独占の流れでは7着が精一杯だった。とはいえ、阪神大賞典3着から重賞制覇は時間の問題。パンパン馬場の京都芝2400なら。

京都大賞典 2017 [今後の動向]

東京の毎日王冠同様、こちらも伝統のG2戦。例年、実力馬がしっかりと結果を出す傾向にあり、馬券的妙味は薄い。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA