【シリウスステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】ダートの強豪集う1戦 | 本気競馬

【シリウスステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】ダートの強豪集う1戦

cyumou_03

ダートGI路線へ負けられない一戦が勃発!実力馬の力比べに注目

土曜の阪神競馬場ではシリウスステークスが発走となりますが、スプリンターズSを前に競馬ファンならばしっかりと的中しておきたい重賞となることでしょう。来る11月のJBCクラシックや12月のチャンピオンズカップへ向けてダート中距離路線の実力馬が集いますが、各馬の目論見は勿論ここで賞金加算をしてGIへというところでしょう。

シリウスステークス2017 [予想される出走予定馬]

シリウスS 2017/ミツバ

充実一途、得意コースで決める

ミツバは昨年のシリウスステークスで初重賞挑戦4着と好走してから賞金を積み重ね、前走のマーキュリーカップで初重賞制覇と充実一途。阪神コースは4勝と得意としているコースだけにここは連勝中の勢いで一気に重賞2勝目を手にするかといったところ。以前は極端な競馬しかできず気性面の荒さが目立つところがありましたが近走は進境が見えているところが好走を続ける原因と言えるかもしれません。ここも折り合って脚を溜めることができれば好走は間違いないところと言えるのではないでしょうか。

シリウスS 2017/マスクゾロ

連覇を狙い休み明け叩いて上昇中

マスクゾロは昨年のシリウスステークスの勝ち馬。その後は故障で9ヶ月の休養を余儀なくされ、復帰戦の名鉄杯も競走除外の憂き目に。再度の復帰戦のBSNオープンで2着という結果も長期休養の一頓挫明けを考えれば上々の結果。叩き2戦目となる今回のシリウスステークスは状態面でかなりの上積みが見込めるだけにここは力を発揮さえすれば連覇の可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

シリウスS 2017/ピオネロ

待望の重賞初制覇なるか

ピオネロはダート路線に転向してより安定した成績を残していますが、今年は2着3回、3着1回はあるものの勝利なしと勝ち切れない競馬が続いています。レース振りは安定しているだけにあとは流れさえ向けばといったところなのでしょうが、昨年2着と好走したこのシリウスステークスで待望の重賞初制覇なるかに注目といったところでしょう。どんな競馬でもできるタイプではありますが勝ち切れない詰めの甘さが課題。そのあたり今回はどういった競馬をしてくるかで結果も変わってくるのではないでしょうか。

シリウスS 2017/モルトベーネ

休み明けでもその実績から注意

モルトベーネは5月のアンタレスステークスを制して以来の競馬となりますが、今年に入ってからは4戦2勝で掲示板を外さない結果を残しておりいよいよ本格化の気配すら感じさせるところではありました。休み明けがどうかという部分はありますが力的には十分に足りると思われ、先行して抜け出す競馬がしっかりとできれば大崩れなく走ってくることが期待できそうなところ。ただ、重賞を勝ったことによりハンデが重くなることはプラスには働かないでしょうし重い印までは打ち難いといったところではないでしょうか。

シリウスS 2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも強豪揃った札幌記念で2着と好走したナリタハリケーンが再度ダートに戻してどんな走りを見せるのかにも注目したいところですし、前走BSNオープンでマスクゾロを負かしたトップディーヴォとて侮れない力のある1頭。更にはレースを使う毎に成長を見せているドラゴンバローズあたりもハンデが手頃ならば狙ってみたくもなる1頭と言えるのではないでしょうか。基本的には実績のある馬をハンデを背負っていても信頼したいところですが、軽ハンデの馬の一発にも警戒が必要と言えそうですね。

tohyoken_01

秋のG1シーズンを迎えるにあたり、スポーツ紙面やネット上の情報も徐々に報道を加熱していく季節となりました、ただそういった紙面の情報やネット上のありきたりな情報ばかり参考に予想していても、多数の馬券の負け組と同じ結果になってしまうだけ。馬券の勝ち組になるには、実際に馬券で勝っている人の使う情報を入手することが大事だということは間違いない話ですね。

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA