園田プリンセスカップ2017予想公開/サラヒメ本命で勝負! | 本気競馬

園田プリンセスカップ2017予想公開/サラヒメ本命で勝負!

yosou_chihou

2017/9/21(木)開催 園田10R 園田プリンセスカップ
サラブレッド系2歳牝馬オープン ダート1400m(右) 定量戦

園田プリンセスカップ 2017[レース予想]

他地区からも有力馬が集った今年の園田プリンセスカップ。園田のダート1400mを舞台に、10頭が顔を揃えた。地元園田の代表としてはセイヴァーベナが出走を決めたが、3連勝中の同馬を巡って、他馬の攻勢も気になるところだ。展開的には逃げる同馬を筆頭に、サラヒメ、トゥリパ、ミネオラチャンなど先行馬が続く。ペースが緩くなる事はなさそうで、最初から熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

園田プリンセスカップ 予想 【本命◎ サラヒメ】

本命はサラヒメ。同馬の父はフリオーソだが、高知でフリビオンが破竹の勢いで快勝している通り、安定感とスピードの双方を兼ね備えた馬を輩出している新種牡馬だ。地方・中央をまたにかけて活躍した名馬の血を、ここ2戦連勝で飾った同馬も受け継いでいると見た。それはこの時期の門別短距離で、高いレースセンスを窺わせている事からも明らか。逃げて勝利した2走前、控えて差し切った前走、そして馬体を増やして連勝した好調と成長力と、門別屈指の名伯楽・角川調教師のお膳立て。これだけ揃えば好走必至で、乱戦に断を下す。

園田プリンセスカップ 予想 【対抗○ セイヴァーベナ】

対抗はセイヴァーベナ。同馬は先述の通り、地元園田で3連勝を飾っている2歳牝馬期待の星だ。サラヒメとは対照的に、血統的には父アサクサキングスと長距離血統だが、スピード必須の園田にあってこの戦績は特筆ものだ。この血統なだけにスタミナ面の問題はなく、多少強引に前に行っても何とかなってしまう論理。それも鞍上が田中学騎手なら納得行くところで、4連勝を目指しての逃避行を決行だ。

園田プリンセスカップ 予想 【単穴▲ アクアレジーナ】

3番手はアクアレジーナ。同馬は大井から参戦してきた唯一の南関東所属馬だ。これまで2戦を消化してきて勝利は前走の2歳75万だが、この時の大井1400mのタイムは1分30秒8と中々に優秀な時計。このメンバーに入っても、前走の坂を考えれば十分逆転も狙えるところで、鞍上に豪腕・赤岡騎手なら、外から寄せて競り合いを制する可能性も否めない。展開有利で怖い一頭だ。

園田プリンセスカップ 予想 【連下△ ミネオラチャン】

最後はミネオラチャン。同馬は前走・アッパートライで前出セイヴァーベナの2着。この時は早めに先頭に立ち、最後は交わされての結果だった。レース内容に文句は無いが、もう少し溜められていたら色気がある存在と判断できただけに、今回はそのような戦法で逆転を狙いにくる可能性は高い。前走は馬体も増えていただけに、絞れてくれば尚更怖い存在と言って良いだろう。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

園田プリンセスカップ 2017[馬券考察]

  • 本命◎: 2  サラヒメ
  • 対抗○: 1  セイヴァーベナ
  • 単穴▲:10 アクアレジーナ
  • 連下△: 8  ミネオラチャン

馬券は馬複。馬番2.1.10.8のBOX、計6点で勝負!

[園田プリンセスカップ:2017/9/21(木)-園田競馬 第11R-15時55分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA