道営スプリント2017予想公開/タイセイバンデット本命で勝負! | 本気競馬

道営スプリント2017予想公開/タイセイバンデット本命で勝負!

yosou_chihou

2017/9/21(木)開催 門別11R 道営スプリント
サラブレッド系3歳以上オープン ダート1200m(右) 別定戦

道営スプリント 2017[レース予想]

2歳戦から競争の激しい門別の競馬において、この1200mのカテゴリーは特に強豪が集う戦いとなりやすいが、道営スプリントはその中でも、JBCスプリントの指定競走となるなど、古馬短距離馬の今後にとって重要な一戦だ。注目は圧倒的なスピードを武器に先行するタイセイバンデットで、門別全勝の同馬の勢いを止める馬が現れるのかどうかが予想の鍵になる。今回はハイペース必至で、これを利する差し馬にも注意が必要だ。

道営スプリント 予想 【本命◎ タイセイバンデット】

本命はタイセイバンデット。先述の通り同馬は門別無敗の存在だが、その戦績は中央デビューから始まっている。3歳デビューで奥手の存在だったが、3戦目には3着するなど、中央でもやって行けそうな気配は十分にあった。だが、未勝利戦がなくなる季節を迎えると、4歳からは門別に転向、破竹の勢いで今に至る。途中、中央函館でも勝利するなど活躍を見せ、現在6歳馬だがまだ12戦と消耗がない。前走のエトワール賞でも4馬身差大楽勝で、これから更に上昇が期待できるホッカイドウ短距離の星で、ここもいかなハイペースといえど苦にする気配はない。

道営スプリント 予想 【対抗○ ポアゾンブラック】

対抗はポアゾンブラック。成長力という点でいえば、タイセイバンデットにも負けないのがこの馬。8歳馬にして前走も強敵相手に好タイムで優勝しており、3走前にはJBCスプリントで先頭から5馬身差圏内で走破するなど、能力の衰えは全く感じられない。この後の兵庫ゴールドトロフィーも3着しており、長期休養を挟んでの前走がいきなりから好時計では、年齢を気にする必要は全くないところだ。インで脚を溜めて虎視眈々、最後は逆転を狙う。

道営スプリント 予想 【単穴▲ レッドペリグリン】

3番手はレッドペリグリン。同馬は前年から頭角を現したが、インで脚を溜めて一瞬の切れを活かすのが得意な好位差し脚質の馬だ。個人的には伊藤騎手が一番手が合うように思うが、今回の桑村騎手とも2走前初コンビを組み3着。感触を確かめながら前を追って、結果は3着ではあったが、次に繋がる走りを見せた。今回はその際先着を許したタイセイバンデットを追いかける競馬。この時の経験を糧に、接戦にもつれ込むか。

道営スプリント 予想 【連下△ サトノプリンシパル】

最後はサトノプリンシパル。タイセイバンデットが中心となって組み立てられる当レースで、唯一鈴を付けに行きそうなのが同馬の存在。中央では重賞2着、オープン1着の実績馬で、550kgの馬格を武器にスタートから飛ばしていくタイプだ。スピードが豊かでパワーもあり、前走も58kgを背負って僅差の2着と粘りを見せた。行った行ったの決着も見据えて、好位差しの上記2頭とは対照的な同馬を指名だ。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

道営スプリント 2017[馬券考察]

  • 本命◎: 6 タイセイバンデット
  • 対抗○: 1 ポアゾンブラック
  • 単穴▲: 4 レッドペリグリン
  • 連下△:11サトノプリンシパル

馬券は馬複。馬番6.1.4.11のBOX、計6点で勝負!

[道営スプリント:2017/9/21(木)-門別競馬 第11R-20時40分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA