【オールカマー2017予想/オッズ/出走予定馬】秋のG1制覇へ役者揃う | 本気競馬

【オールカマー2017予想/オッズ/出走予定馬】秋のG1制覇へ役者揃う

cyumou_01

狙うは秋のG1レース。悲願の勝利へ有力馬が集結。

今年の古馬中長距離G1路線を占う上でも注目のオールカマーが今週末に中山競馬場で発走となります。今年の出走予定馬を見渡すとG1馬不在ということで、やや小粒な印象もなきにしもあらずですが、逆に初G1制覇を狙う実力馬が集う混戦模様。果たして勝って勢いをつけるのはどの馬か?メンバーをチェックしておきましょう。

オールカマー2017 [予想される出走予定馬]

オールカマー2017/ステファノス

悲願のG1制覇へ結果を残したい1戦

ステファノスはこれまでのG1戦で海外も含めると(0.3.2.4)という成績で掲示板を外したのは2度のみと、堅実に走りながらもタイトルまであと一押しが足りない状況。この秋こそという思いは相当に強いと思われますが、秋初戦をオールカマーとして調整が進められてきました。中山コースでは皐月賞5着、中山記念3着という実績もあるだけにコース相性という面でも不安はなさそうで、距離2200mが多少長いかといったところだけに結果を求めたいところでしょう。実に3年ほど勝利から遠ざかっているだけに、まずは久々の勝利を手に悲願のG1制覇へ弾みをつけたいところでしょう。叩き良化型だけによくなるのはこの先という見方もできますが、メンバー的にもチャンスをものにしたいところではないでしょうか。

オールカマー2017/タンタアレグリア

春の悔しさを秋にぶつける1戦

タンタアレグリアは1月のアメリカジョッキーズクラブCを制し、春のG1戦線での活躍が期待されましたが、脚元に不安を発症し結局春は出走すら叶わずということになり悔しい思いをしてきました。この秋に飛躍を誓いたいところで、8月末からこれまでは順調に乗り込まれているように入念な調整が進められてきている今回、前走と同舞台ということもありコース設定に文句はなし。実績的にも菊花賞・春の天皇賞ともに4着という実績馬でもあり、春の故障の影響なく実力を発揮できる仕上がりにあるのであればあっさり勝ってもおかしくない実力を備えている1頭と言えるでしょう。

オールカマー2017/モンドインテロ

いよいよ本格化、まずは重賞勝ちを狙う

モンドインテロは血統的には先週のセントライト記念で有力候補に挙げられながら挫石で回避したセダブリランテスの兄にあたりますが、その弟の分までも結果を求めたい1戦となります。前走の札幌日経オープンを制して勢いに乗りたいところですが、今年に入って大阪杯でG1挑戦を果たすなどレース経験も積んできており、これまで勝ちきれなかった重賞をまずはしっかりと勝ちたいというのが陣営の本音ではないでしょうか。安定した末脚を繰り出せるのが武器である反面、決め手に欠ける部分もあるだけにここはコンビを組む田辺騎手の手腕が試される1戦となるのではないでしょうか。

オールカマー2017/アルバート

距離がどうかも実力十分な1頭

アルバートはステイヤーズステークス連覇にダイヤモンドステークス勝利と重賞3勝の実績を誇り、前走天皇賞春で5着ならばここでも胸を張れる実績の持ち主ではありますが、2200mという距離がこの馬にとっては短すぎるという印象ももたれそうなところ。近走ではとにかく長距離を選んで走ってきているだけにペースへの対応がどうかという心配もありますが、以前は中距離もこなしていたことを考えると案外こなしてくれそうなイメージもあります。流れにさえ乗れれば怖い1頭となることは間違いのないところではないでしょうか。

オールカマー2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも近走は不振も復活を期し虎視眈々なのがルージュバックツクバアズマオーマイネルミラノといった重賞勝ちのある実績馬がどう絡んでくるかも注目したいところではありますが、中山2200mという舞台設定はコース巧者が活躍してくる舞台でもあり、実績だけでは測れない面白いレースが展開されるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA