セントライト記念2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

セントライト記念2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri

菊花賞へ向けて新星誕生なるか、注目の1戦いよいよ発走

セントライト記念の発走が迫り、出走予定馬は臨戦態勢を整えてきていますが、注目の皐月賞馬アルアインをはじめ有力各馬は休養明けということになり、その仕上がり具合にしろ成長度合いにしろ、気になるところではあります。夏場に力をつけて絶好調の馬がいるならば狙っておきたいところですし、追い切りの動きは要チェックと言えるでしょう。

セントライト記念2017 [追い切り診断]

セントライト記念 2017/アルアイン

調教評価 S コースで絶好の動き。態勢万全

アルアイン 栗東CW 50.8 36.9 11.7 馬なり 併せ先着

池江厩舎の代名詞とも言える、直前コース4F追いで行われた最終追い切りはルメール騎手を背に抜群の動きを披露。コース4Fの自己ベストタイムをマークしており夏を越して更にパワーアップを果たした感もあり休み明けとはいえ好仕上がりを見せています。力は出し切れると見れば皐月賞を勝っているコースでその貫禄を見せつけたいところではあります。雨予報で重馬場も想定されるところですが、渋った馬場でも結果を残しており相手関係を見てもここは負けられない1戦と陣営も力が入るところではないでしょうか。

セントライト記念 2017/ミッキースワロー

調教評価 A 攻め強化でパワーアップ感じる動き

ミッキースワロー 美浦南W 84.3 68.0 53.2 39.7 12.7 一杯 併せ先着

確勝を期した7月の福島戦で3着に敗れたミッキースワローですがその後の休養を経て迎える1戦。中間の攻め内容が休養前と比較すると強化されてきており、これまで最終追い切りはコース4Fで行われていたものが今回は長めの6Fからビッシリと追われて最後までしっかりと走れており併走相手に先着と好内容。急仕上げというよりも攻めが思い通りにできるようになったという感があり、中山2200mで強い勝ち方をしたこともある馬だけにここは改めて注目してみたい1頭と言えそうです。

セントライト記念 2017/クリンチャー

調教評価 A 最終追い切りパターン変更に注目

クリンチャー 栗東CW 81.1 65.7 51.3 38.1 12.4 一杯

これまで最終追い切りは坂路で行ってきたクリンチャーですが、秋初戦はコースでの最終追い切りとパターンを変更してきました。動き的にも終いの伸びには鋭さが増してきており、夏を越しての成長が感じられるところ。これまでの好走パターンはスムーズに先行しての粘り込みというパターンですが、今回もスムーズに先行さえできれば皐月賞4着という実績もあることから侮れない1頭となることでしょう。仕上がりは良好と言えそうです。

セントライト記念 2017/サンデームーティエ

調教評価 A 直前軽めも動きは良好

サンデームーティエ 美浦南W 72.3 55.6 40.4 12.3 G前追う

直前の追い切りは終いだけ脚を伸ばす程度の軽めの調整とはなりましたがそれでも終いの伸びは良好。1週前にしっかりと負荷をかけて追い切られた際には4Fで51.1と速い時計をマークして終いも12.4でまとめる好追い切りを消化。これまでの稽古では終いに甘さが見られるなどしましたが前走の稲城特別からその動きが一変して終いまでしっかりと走るようになってきていますが今回も同様の動きを見せているということならば夏を越してどれだけ成長し、力がどこまで通用するのか楽しみにしたい追い切り内容でした。

セントライト記念 2017/スティッフェリオ

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で一発に期待

スティッフェリオ 栗東坂路 51.9 37.3 24.7 12.5 馬なり 併せ先着

函館戦で3戦を消化し差す競馬で1勝を挙げているスティッフェリオですが、栗東に戻ってからは坂路でしっかりと乗り込まれており、最終追い切りでも51秒台と好タイムで駆けてきていますが1週前には50.5と自己ベストを更新。逃げる競馬で1勝目を挙げて、その後差す競馬を徹底して結果を残した収穫のある夏を越して、今回も脚を溜めての競馬に徹してどれだけ末脚が通用するのか。この状態ならば一発を期待してみたくなるところではあります。

tohyoken_01

セントライト記念2017/追い切りから見る他の注目馬

他で人気になりそうなところではサトノクロニクルが挙げられますが、これはアルアインと同じ池江厩舎所属馬。休み明けでもしっかりと仕上げてきている感はありますが、絶好調に見えた春の京都新聞杯時と比較すると物足りなさもあり、まだまだ良くなりそうな感はあるだけにB評価まで。関東馬で評価の高いサーレンブラントも同様に、状態が悪いということはなさそうですが、まだまだ良くなりそうなところがあるだけにB評価に留めておくこととします。もう1頭挙げておくならば、戸崎騎手騎乗のクレッシェンドラヴが最終追い切りで軽快な動きを見せているだけに、夏場を使われた経過から仕上がりの良さが目立つところではありました。

セントライト記念2017[馬券のポイント]

今年のセントライト記念はアルアインが断然の人気となりそう。あまり逆らう要素も少ないだけに素直にこの馬を軸馬とするならば、相手をかなり絞らなければトリガミとなる可能性は大。ただ絞り過ぎると的中できた馬券を取り逃がすという可能性もあるだけに、相手を絞るとするにはどの馬を選ぶべきかという点は非常に悩ましいところではあります。果たしてどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこのセントライト記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA