【オールカマー2017出走予定馬】タンタアレグリアなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【オールカマー2017出走予定馬】タンタアレグリアなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/9/24開催「オールカマー(G2)」に向けて、タンタアレグリア・ルージュバックなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

オールカマー2017 [1週前出走予定馬]

  • タンタアレグリア/牡5/国枝厩舎・美浦
  • ルージュバック/牝5/大竹厩舎・美浦
  • アルバート/牡6/堀厩舎・美浦
  • モンドインテロ/牡5/手塚厩舎・美浦
  • ブラックバゴ/牡5/斎藤誠厩舎・美浦
  • ステファノス/牡5/藤原英厩舎・栗東
  • グランアルマダ/牡5/西園厩舎・栗東
  • シルクドリーマー/牡8/黒岩厩舎・美浦
  • ツクバアズマオー/牡6/尾形充厩舎・美浦
  • ディサイファ/牡8/小島太厩舎・美浦
  • マイネルミラノ/牡7/相沢厩舎・美浦
  • マイネルサージュ/牡5/鹿戸雄厩舎・美浦
  • マイネルディーン/牡8/鹿戸雄厩舎・美浦
  • ショウナンバッハ/牡6/上原厩舎・美浦

■2017/9/13現在

オールカマー2017 [注目馬考察]

オールカマー 出走予定馬/タンタアレグリア

前走のAJCは上手く前が開いたこともあるが、インから鋭く伸びての快勝。プラス12キロも成長分としてよく、それまで広いコースでしか結果を出せていなかったことも踏まえれば、価値のある1勝だった。その後、脚元の関係から再度休養に入ってしまったのは残念だが、ポン駆けOKの気性。前走と同じ舞台なら、いきなり結果を出せるはず。

オールカマー 出走予定馬/ルージュバック

前4走はすべて着外だが、天皇賞(秋)、ジャパンC、金鯱賞、ヴィクトリアマイルといずれも強敵相手。正直、怪物牝馬と評された3歳時の迫力は薄れてしまったが、今回の顔ぶれならまだまだヒケは取らないはず。中山コースは中山牝馬S2着から問題はなさそうだが、ノビノビ走らせたい馬。内枠ならマイナス、外枠なら狙いで良さそうだ。

オールカマー 出走予定馬/アルバート

秋にはオーストラリア遠征も視野にあるが、国内緒戦はココから。現役屈指の強心臓の持ち主で、ここまでの重賞3勝はいずれも3000m超でのもの。2400m以下に出走するのは4歳秋の3歳上500万下(芝2000m)以来で、2200mに対応できるかどうかが鍵になるが、中山コースは重賞2勝の得意舞台。有馬記念0秒7差7着からも、十分対応できそうだが…。

オールカマー2017 [今後の動向]

距離・コースの違いから天皇賞秋へは繋がらず、むしろ同舞台の有馬記念へと繋がる一戦。それを証拠に過去の勝ち馬には、マツリダゴッホ・ゴールドアクターと2頭のグランプリホースの名前が。適性を重視したい。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《ワグネリアン・ルーカス》 東スポ杯2歳S→注目の大物登場!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA