紫苑ステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

紫苑ステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri2_1

牝馬重賞は格よりも調子!追い切りで絶好調をアピールした馬は?

紫苑ステークスは今年で重賞昇格後2年目。昨年はヴィブロスが紫苑ステークス2着から秋華賞を制覇しましたが、そのヴィブロスも紫苑S前の追い切りで好調を示していただけに、今年もレースを前にした追い切りで好調をアピールしている馬からしっかりと馬券予想をしていく必要がありそうです。

紫苑ステークス2017 [追い切り診断]

紫苑ステークス 2017 /カリビアンゴールド

調教評価 S 坂路の動き絶好で狙い目か

カリビアンゴールド 美浦坂路 56.0 41.3 26.2 12.2 馬なり

7月の1000万下特別2着以来の出走となりますが、前走後はこのレース目標にしっかりと乗り込まれ1週前には坂路自己ベストを更新する52.5をマークし、直前の追い切りは終いのみ脚を伸ばす調整も仕掛けられてからの反応は抜群。状態面は秋華賞の権利を獲るべくまさに絶好の仕上がりと見て良さそうです。ステイゴールド産駒で中山コース向きの末脚を繰り出せる馬だけにここでも末脚が弾けることを期待してみたいところです。

紫苑ステークス 2017 /シーズララバイ

調教評価 A 坂路自己ベストで好走期待

シーズララバイ 美浦坂路 52.4 38.4 25.3 13.0 G前追う 併せ先着

フラワーカップではあのファンディーナについでの2着という実績もあるシーズララバイはスイートピーSで敗退すると休養に入り、秋に備えたことが功を奏したのか1週前の美浦Cコースでの追い切りもスピード感のある軽快な走りを披露すると最終追い切りでは自身の坂路自己ベストタイムを更新する52.4をマークと好調をアピール。休み明けでもしっかりと仕上がっていると判断できますし、休養前と比較してもひと夏を越して成長の感じられる動きを見せているだけにこの紫苑ステークスでどんな走りを見せてくれるのか楽しみにしてみたいところです。

紫苑ステークス 2017 /ルヴォワール

調教評価 A 休養を経て成長は感じるものの…

ルヴォワール 美浦南W 66.5 51.3 37.7 12.8 一杯 併せ遅れ

併せ馬で遅れはしましたが、時計的にはコース5Fでの自己ベストタイムを更新してきており、1週前・2週前ともにしっかりと駆けてきているだけに休み明けでもしっかりと態勢を整えてきている感はあります。ただ、動きを見ればまだ重さを感じるところもあり一度使えば更に良くなりそうな印象もあるだけに本当に良くなるのはまだ先といったところでしょうか。それでも2戦2勝と底知れぬ魅力もありこれだけ稽古でも動けているならば初戦からどこまでやれるか注目してみたいところではあります。

紫苑ステークス 2017 /ポールヴァンドル

調教評価 A 乗り込み量?も直前の動き良好

ポールヴァンドル 美浦南W 66.2 51.9 38.4 12.4 G前追う 馬なり

いわゆる10日前入厩で直前まで育成牧場で乗り込んできているだけに中間どれだけ乗られているかは不明ですが、直前の追い切りを見る限りは4F51.9で直線仕掛けられると鋭く反応を示しているあたり、この調整パターンで常に安定した走りをしているのですから仕上がりに関して言えば全く問題なしといったところでしょうか。先行しての粘り腰には安定感が出てきており先行有利の開幕週の馬場とくればここでも展開利が見込めるだけに好走を期待してみたい1頭と言えそうです。

紫苑ステークス 2017 /ディアドラ

調教評価 A 終いの伸び良好、馬体回復が鍵

ディアドラ 栗東坂路 58.3 41.3 25.3 12.0 一杯

前走のHTB賞で大きく馬体を減らしていた分、中間は目立った時計は出さずに馬体回復に専念といったところではありましたが直前の追い切りでは終いにビッシリ追われて負荷をかけてきても反応しっかりせ鋭く伸びてきているあたり、馬に覇気を感じて仕上がりも良好と見たいところ。ただ今回も中山競馬場までの長距離輸送を控えており、これ以上馬体を減らすようだとさすがに不安が先行しそうなところもあるだけに、この馬に関しては当日の馬体重と気配までしっかりとチェックして判断する必要があると言えそうです。

tohyoken_01

紫苑ステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

他に注目すべきところですと奥村厩舎の2頭、ホウオウパフュームライジングリーズンはともに休み明けとなり乗り込み量もしっかりと乗ってきて動きも及第点ですが、ここはまだベストの状態かというと7.8割程度の仕上がりに映るだけにB評価ということにします。桜花賞時に注目されながら出走取消となったサロニカも出走してきますがこれはいかにも休養明けという感のある動き。地力でどこまでというところではありますが調教評価的には高く評価してもB評価までといったところでしょう。

紫苑ステークス2017[馬券のポイント]

今年の紫苑ステークスはディアドラがまず人気を背負いそうなメンバー構成。とはいえ馬体回復が前提条件であり絶対的信頼となるとそこまででもないのは事実。続いて人気になりそうなルヴォワールやホウオウパフュームについても仕上がり的にはまだまだベストとは言えない状態であると思われるだけに、軸馬とするにはどの馬かという点は非常に悩ましいところではあります。果たしてどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの紫苑ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

《JBC/チャンピオンズCへ向けて》 シリウスS→実力馬の力比べに注目!

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA