京成杯オータムハンデ2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

京成杯オータムハンデ2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri

混戦のハンデ重賞を制する絶好調馬はどの馬か?

連覇を狙うロードクエストの回避により、更に混沌としてきた今年の京成杯オータムハンデ。勝つのは果たしてどの馬なのか?ダノンプラチナをはじめ、実績馬は重い斤量を背負う今回は軽量でも好調の馬、そして何よりこの重賞を獲るべく絶好調の仕上がりを見せる馬には要注意でしょう。

京成杯オータムハンデ2017 [追い切り診断]

京成杯AH 2017/グランシルク

調教評価 A きっちりと仕上がり力の入る1戦

グランシルク 美浦南W 66.3 51.0 37.2 12.8 馬なり 併せ先着

今年に入って勝ちきれない競馬が続いているグランシルクですが、特に調整パターンを変えるでもなく中京記念2着後も淡々とこの京成杯オータムハンデへ向けて乗り込まれてきていますが、この中間もしっかりと乗り込まれており相変わらず迫力のある動きを見せており直線の追い切りでも鋭く反応を示して併走馬に先着。秋のローテーションを考えればここで賞金加算をしておきたいのは間違いのないところでもあり得意とも言える中山コースで陣営としても力の入る一戦であると言えそうで注目に値しそうです。

京成杯AH 2017/ダノンプラチナ

調教評価 A 休み明け2戦目で更なる上昇見込む

ダノンプラチナ 美浦坂路 53.8 38.8 25.0 12.4 馬なり 併せ併入

この中間の美浦坂路コースは馬場が重い状態が続いており時計的には物足りなさを感じなくもないですがスピード感のある走りを誇示しており、何より前走の関屋記念を1度使って終いの反応はかなり良化しているように映ります。休み明けを1度使った効果はかなりあると見られ、ハンデ58kgは決して楽ではありませんが昨年3着と好走している舞台でもあり、久々の勝利へ向けて状態面は上々の仕上がりと言えそうです。

京成杯AH 2017/ブラックスピネル

調教評価 A 坂路で好タイムを連発して注目

ブラックスピネル 栗東坂路 51.7 37.9 24.8 12.5 一杯 併せ遅れ

直前の追い切りではセントウルステークスに出走するアルティマブラッドに併せ馬で遅れはしましたが、ブラックスピネル自身が決して動けていないわけではなく時計的にも上々。陣営は休み明けだけにあくまでも慎重なコメントを貫いていますが、3週連続で坂路で51秒台をマークしているように休み明けを考えても十分と言える動きを披露しており、これだけ動けているのならばいきなりからでも注目すべき存在であると言えるのではないでしょうか。

京成杯AH 2017/ウインフルブルーム

調教評価 A 長期休養明けもその動きは良好

ウインフルブルーム 栗東坂路 55.8 39.9 25.1 12.3 馬なり

11ヶ月ぶり、およそ1年ぶりのレースとなるのですが怪我の影響を感じさせない活発な動きを見せているのがウインフルブルーム。坂路で常に目を引く動きを見せていましたが、今回もその片鱗を見せつけて好タイムを計時しており、直前の追い切りも前半は控えめなラップを刻みましたが、終いにGOサインを出すとしっかりと反応を示してラストは12.3でフィニッシュ。中山コースでは朝日杯FS、皐月賞とG1レースで3着と好走している舞台でもあり長期休養明けでも実績を残しているだけにこれだけ動けているのならばいきなりから注目しておく必要があるのではないでしょうか。

京成杯AH 2017/アスカビレン

調教評価 A 終いの伸びはいつになく良好

アスカビレン 栗東坂路 53.2 38.5 25.0 12.6 馬なり

実績的にはまだまだ乏しい面はあるアスカビレンですが、前走中京記念4着と好走を見せており、牡馬相手でもやりあえる力をつけてきている馬と見て良さそうであり、この中間は全体の時計こそそこまでこれまでと変わるところはないものの、終いの伸びは常に12秒台をマークするなどいつになく切れる脚を見せているあたり、陣営も終い重点の稽古にシフトして変わり身を求めているのかもしれません。これが功を奏せば54kgの軽量を活かして食い込みあってもおかしくない状態にあると見て良さそうです。

tohyoken_01

京成杯オータムハンデ2017/追い切りから見る他の注目馬

他で人気になりそうなところでは3歳馬のボンセルヴィーソがいますが、これは休み明けの1戦でまだまだ仕上がりは8割程度といったところでしょうか。54kgと3歳馬だけに恵まれた斤量ではありますが、追い切りの動きからはB評価に留めておきたいところ。他ではマルターズアポジーダノンリバティといったあたりも前走同様に軽快な動きを見せていることからB評価は必要と言えるでしょう。更に中山巧者のダイワリベラルあたりもここ目標に淡々と乗り込まれて好状態と判断できるだけにこの馬までB評価をつけたいところです。

京成杯オータムハンデ2017[馬券のポイント]

今年の京成杯オータムハンデはグランシルク・ダノンリバティあたりが人気の中心となりそうではありますが、グランシルクはとにかく勝ち切れない部分がありますし、ダノンリバティとて重いハンデで軽量馬に脚元をすくわれる可能性は否めません。それならば軸馬とするにはどの馬かという点は非常に悩ましいところではあります。果たしてどの馬から狙うべきなのかは、細かな部分をチェックした上で狙うべき馬を定める必要がありそうですね。ね。

keibajo_02

それでは今週はこの京成杯オータムハンデで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA