【紫苑ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】秋華賞へ向けたオンナの戦い | 本気競馬

【紫苑ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】秋華賞へ向けたオンナの戦い

cyumou_03

秋華賞出走へ向けて各馬が臨戦態勢を整える

秋の中山の開幕を告げる土曜のメインはG3の紫苑ステークス。秋華賞トライアルとして昨年から重賞に格上げされて、いきなり2着したヴィブロスが秋華賞を制したことにより、注目を浴びる重賞となりましたが、今年も出走予定馬を見ていくと秋華賞を狙えそうな素質馬が名を連ねているだけに、予想オッズも含めてしっかりとチェックしておきましょう。

紫苑ステークス2017 [予想される出走予定馬]

紫苑ステークス2017/ディアドラ

オークス4着馬が秋華賞を狙って出走

ディアドラは桜花賞6着・オークス4着と上位をにぎわせた存在。クラシック出走のためにタイトなローテーションを歩みましたがその中での成績なのですから地力がある証拠でしょうか。休養を経て札幌の1000万下HTB賞を快勝して臨む紫苑ステークスですが、そのHTB賞では重賞級の力があると言われる4歳のラヴィエベールを負かしているのですから注目です。ただそのHTB賞は休み明けながらに12kg馬体重を減らしていただけに今回は馬体には注意が必要といったところでしょう。関東圏までの長距離輸送で更に馬体を減らすようだと危険な人気馬となるかもしれません。

紫苑ステークス2017/サロニカ

春の無念は秋華賞で晴らす

サロニカはエルフィンSを制して桜花賞へ直行予定で調整されてきましたが、直前になって故障を発生して出走取消に。そこから休養に入って休み明けとなる今回、中間乗り込みは入念に行われており陣営も復活を期して力の入る一戦となりそうです。小柄な牝馬だけに休養を経てどこまで成長しているかも鍵となりそうですが、あっさり勝ってもおかしくない素質馬であるとは言えそうです。

紫苑ステークス2017/ルヴォワール

2戦2勝、底知れぬ魅力はあり

ルヴォワールは新馬・ミモザ賞と中山2000mを2連勝。その後休養を経て紫苑ステークスへ臨んできますが、それこそ2戦2勝と負けなしの魅力はあり、ここを勝てば一気に秋華賞の有力候補として注目を浴びそうです。ただ2勝の内容を問われるとメンバー的にも楽なメンバー構成で時計も平凡。春のクラシック戦線を戦ってきている馬とは経験値の違いは歴然でここでどこまで通用するかは未知数な部分もあります。骨折休養している石川騎手に替わって鞍上に戸崎騎手を確保しているあたり陣営の本気度合いはかなりのものでしょうが果たしてどこまでやれるか注目してみたいところです。

紫苑ステークス2017/ライジングリーズン

中山3戦3勝と抜群の相性で巻き返す

メンバー唯一の重賞勝ち馬となるのがライジングリーズン。中山のフェアリーステークスを含む中山コースは3戦3勝と負け知らず。桜花賞8着後はラジオNIKKEI賞へ向かって息切れ11着敗退となっているあたり、ひょっとすると距離は1600mまでが限界の馬ということなのかもしれませんが、血統的には2000mまでなら走ってもおかしくないところ。ここはコース相性を評価して決して軽視することのできない1頭であることは間違いのないところではないでしょうか。

紫苑ステークス2017/ホウオウパフューム

立て直し効果で実力発揮なるか

ホウオウパフュームは年明けの寒竹賞を一気の末脚で好タイム快勝しましたが、その後に一頓挫あってなんとかフローラSからオークスへと駒を進めましたが万全の状態でなかったこともあり結果を残せず終いに。ただその素質は未だに高く評価する関係者も高く、休養で1度リフレッシュして改めてその力を見直すことができるかどうかに注目が集まります。後方からの競馬をする馬だけに開幕週の馬場がどうかということもありそうですが、勝って関東馬の代表として秋華賞へ乗り込めるかどうか、力を発揮すれば結果は伴ってくるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA