丹頂ステークス2017予想公開/ラブラドライト本命で勝負! | 本気競馬

丹頂ステークス2017予想公開/ラブラドライト本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/9/3(日)開催 札幌11R 丹頂ステークス
3歳以上オープン 2600m (芝) ハンデ戦

丹頂ステークス2017 [レース予想]

札幌競馬を締め括る芝の長丁場戦。最終週で時計もかかる馬場でスタミナ型には要注意。適性は前3年1、3、2着で、4年連続出走となるタマモベストプレイ。丹頂S3連覇がかかる池添騎手はジェベルムーサに騎乗。勝ち方を知り尽くした鞍上、初芝で新味が出れば侮れない存在となりそうだ。

丹頂ステークス 予想 【本命◎ ラブラドライト】

前走は天皇賞(春)以来の実戦。マイペースで逃げることはできたが、最後に息が上がってしまった。それでも0秒1差3着なら上々の滑り出し、距離2600も【3.2.1.0】ととにかく崩れず、高齢馬とはいえ衰え皆無。今回は56→53キロで、再度強力な同型馬も見当たらない顔ぶれ。すんなりハナを奪っての逃げ切りに期待したい。

丹頂ステークス 予想 【対抗○ タマモベストプレイ】

過去3年1、3、2着とすべて馬券内の安定感。時計勝負となった前走の札幌記念は適性外。2走前の渋馬場2着が示す通り、時計がかかる馬場が合うタイプ。最終週の馬場は大歓迎だろう。トップハンデとなる57キロがどう出るかだが、少なくとも3着内は外さないとみる。

丹頂ステークス 予想 【単穴▲ ジェベルムーサ】

脚元の関係とダートで重賞を勝ったことで、ここまでダート路線を歩んできたが、父アグネスタキオン×母父ロックオブジブラルタルなら血統的にはむしろ芝でこそ。初芝だけに大きなことは言えないが、時計の掛かる馬場になってきた点は好材料だろう。このレース3連覇がかかる池添騎手の手腕にも期待。

丹頂ステークス 予想 【特注☆ プロレタリアト】

芝2400~2600で計3勝のステイヤー型。前3走は素直に力負け、家賃が高かっただけでOP特別なら即巻き返せる力関係だろう。昨年7着は、乗り慣れた杉原騎手でなかった点を考慮。ハンデ最軽量となる51キロ、ここは好走条件がそろった。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

丹頂ステークス2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 5ラブラドライト
  • 対抗○: 2タマモベストプレイ
  • 単穴▲:13ジェベルムーサ
  • 特注☆: 7プロレタリアト

波乱指数【60】

近年は少し落ち着いてきた傾向も、軽ハンデ馬の好走が目立つ一戦で、12・13年は3連単40万、50万超え。今年も伏兵馬には注意したい。

馬券考察

馬券は馬連。馬番5を軸に、相手2.7.13へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

《JBC/チャンピオンズCへ向けて》 シリウスS→実力馬の力比べに注目!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA