【京成杯オータムハンデキャップ2017出走予定馬】マルターズアポジーなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【京成杯オータムハンデキャップ2017出走予定馬】マルターズアポジーなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/9/10開催「京成杯オータムハンデキャップ(G3)」に向けて、マルターズアポジーやダノンプラチナなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京成杯オータムハンデキャップ2017 [1週前出走予定馬]

  • マルターズアポジー/牡5/堀井厩舎・美浦
  • グランシルク/牡5/戸田厩舎・美浦
  • ロードクエスト/牡4/小島茂厩舎・美浦
  • ダノンプラチナ/牡5/国枝厩舎・美浦
  • ダイワリベラル/牡6/菊沢厩舎・美浦
  • ライジングリーズン/牝3/奥村武厩舎・美浦
  • ミッキージョイ/牡5/萩原厩舎・美浦
  • マイネルアウラート/牡6/高橋裕厩舎・美浦
  • ガリバルディ/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • アスカビレン/牝5/中尾秀厩舎・栗東
  • ブラックスピネル/牡4/音無厩舎・栗東
  • ボンセルヴィーソ/牡3/池添学厩舎・栗東
  • ダノンリバティ/牡5/音無厩舎・栗東
  • ブラックムーン/牡5/西浦厩舎・栗東

■2017/8/30現在

京成杯オータムハンデキャップ2017 [注目馬考察]

京成杯AH 出走予定馬/マルターズアポジー

父が朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬ゴスホークケンなら、マイルで完勝はある意味納得の前走だが、それ以上に光ったのが絶妙なペース配分。1000m通過57秒9とマイペースに持ち込むと、残り3ハロンから11秒1→11秒0とギアを上げて後続を封じて見せた。逃げ馬の宿命で当然今回はマークも厳しくなるが、開幕週の馬場は大歓迎。あとは同型、枠順との兼ね合いとなりそうだ。

京成杯AH 出走予定馬/ダノンプラチナ

10ヶ月ぶりで臨戦過程にも不安を残した前走だが、終わってみれば0秒3差5着。スタートでアオり、展開も不向きだったことを思えば次に繋がる競馬が出来たとの解釈でよく、やはり力があることを再認識させられた。東京で3勝、阪神外回りで1勝の計4勝で本質的には小回りコースは合わないタイプだが、昨年の当レースで0秒3差3着。苦手意識は持たなくても良さそうだ。

京成杯AH 出走予定馬/ライジングリーズン

前走のラジオNIKKEI賞は重ハンデ馬が、軒並み凡走。牝馬ながら55キロを背負ったこの馬も例外ではなく、ハッキリと度外視で良さそう。中山芝1600は重賞1勝(フェアリーステークス)を含む3戦3勝と負け知らず。前日に秋華賞トライアルの紫苑ステークスが行われるが、(同厩舎ホウオウパフュームとの兼ね合いもあるが)距離適性を重視してこちらへ回ってくる点も意欲の表れと受け取りたい。

京成杯AH 出走予定馬/グランシルク

1月のニューイヤーステークスから始動し、【0-3-2-0】の安定感。距離・競馬場を問わず、ここまで崩れないのは地力の成せる業だが、反面勝ち味の遅さも気になるところ。勝てば逆転でマイルサマーシリーズのチャンピオンとなるが・・・。

京成杯オータムハンデキャップ2017 [今後の動向]

秋の大目標、マイルチャンピオンシップへ向けて賞金を稼ぎたい馬が複数。先を見据えた一戦というよりは、ここで勝負になる馬を見つけたい。

《ワグネリアン・ルーカス》 東スポ杯2歳S→注目の大物登場!

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA