【新潟記念2017予想/オッズ/出走予定馬】夏競馬の王者決定戦 | 本気競馬

【新潟記念2017予想/オッズ/出走予定馬】夏競馬の王者決定戦

cyumou_01

サマー2000シリーズのチャンピオンをめぐる夏競馬最終戦

いよいよ今年の夏競馬も今週末でフィナーレを迎えますが、新潟競馬では新潟夏競馬最大の注目レース新潟記念が発走となります。出走予定馬を見ていくと、ここは休養明けのアストラエンブレムに注目が集まりそうですが、夏競馬を戦ってきた強豪もサマー2000シリーズチャンピオンを狙う馬は、この重賞を狙って出走してくるだけに、予想オッズも含めて注目しておく必要があるでしょう。

新潟記念2017 [予想される出走予定馬]

新潟記念2017/アストラエンブレム

悲願の重賞制覇なるか

アストラエンブレムはこれまで重賞挑戦は5回。その5回すべて掲示板を確保しながら勝利を手にしておらずここは待望の重賞制覇なるかに注目が集まる1戦。勝ち切れない一面はあるものの、新潟コースはこれまで2戦2勝と好相性を示しており、ここはデムーロ騎手を背にタイトルを奪取して、秋のG1路線の有力馬として名乗りを挙げることができるか期待が高まるところではないでしょうか。

新潟記念2017/ルミナスウォリアー

サマー2000王者を確定させる

ルミナスウォリアーは函館記念を制し、この新潟記念4着以内でサマー2000シリーズの王者が決定する1戦。それだけに陣営も力の入るところでしょう。新潟コースはこれまで3戦2勝。負けた一戦は昨年の新潟記念の5着ということならば好相性のコースとも言え、札幌記念ではなくこの新潟記念を狙うのも頷けるところではあります。主戦の柴山騎手が騎乗停止で騎乗できないというのは気になるところではありますが今の充実振りからもどんなレースをしてくれるか楽しみな1戦となりそうです。

新潟記念2017/タツゴウゲキ

前走の再現なれば末脚には警戒

タツゴウゲキは小倉記念を制したことにより、5着以内でサマー2000シリーズの王者が決まる1戦。とはいえ、前評判からは前走の小倉記念は嵌った感もありハンデ増となる今回は力量的にも苦戦かという話も囁かれており、ここが試金石という評価の強いところではありますが、七夕賞は6着も差のない競馬をしておりこの夏の充実振りを評価するならば侮れない1頭であると言えるのではないでしょうか。

新潟記念2017/マイネルフロスト

ここ数戦の安定感を評価

マイネルフロストは休養明けの3戦は全て重賞で2.3.2着。一時期の不振からブリンカー着用で完全に脱したと見て良さそうですが、果たして勝ちきれるかどうかというところでしょうか。スローの瞬発力勝負になると分の悪いところはありそうなだけに、ここはある程度ペースが流れてくれることを願うところでしょうが、行く馬がいないならば今年の中山金杯(2着)時のように自らハナを奪ってペースを握る競馬をする可能性もあるのではないでしょうか。

新潟記念2017/トーセンバジル

強豪相手の競馬経験を糧に

トーセンバジルは準オープンを制してからジャパンカップ・阪神大賞典・天皇賞(春)と古馬の1戦級と常に戦ってきましたが阪神大賞典でサトノダイヤモンドの3着に入っているように地力強化しているのは確か。ここは休み明けとなるだけに仕上がり具合も気になるところですが、ここ3戦で戦ってきた相手とはいかにも相手関係は楽になるだけにあっさり勝ちあがってしまう可能性を秘めている1頭と言えるのではないでしょうか。

新潟記念2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも勝ち切れないものの七夕賞3着のソールインパクトや、準オープンの佐渡ステークスの1.2着馬・ロッカフラベイビーロイカバードも素質的には注目しておきたい馬です。そこにラストインパクトフルーキーといった近走は不振も実績のある古豪がエントリーしてきているのも注目しておくべき点といえそうです。ハンデ戦の1戦だけに多くの馬にチャンスのあるレースとなるのではないでしょうか。

競馬予想2

競馬予想で重要なのは馬を見る目と関係者の情報。一般競馬ファンはスポーツ紙面かネット上という限られた媒体でのみしかその情報を手にすることができませんが、そういった情報はたいがいありきたりな情報であり馬券的中とは無縁のもの。

是非一度、競馬関係者のホンモノの情報をお試しになってみてはいかがでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA