【新潟記念2017出走予定馬】トーセンバジルなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【新潟記念2017出走予定馬】トーセンバジルなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/9/3開催「新潟記念(G3)」に向けて、トーセンバジル・ルミナスウォリアーなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

新潟記念2017 [1週前出走予定馬]

  • アストラエンブレム/牡4/小島茂厩舎・美浦
  • サンマルティン/騸5/国枝厩舎・美浦
  • マイネルフロスト/牡6/高木登厩舎・美浦
  • ウインガナドル/牡3/上原厩舎・美浦
  • トーセンバジル/牡5/藤原英厩舎・栗東
  • タツゴウゲキ/牡5/鮫島厩舎・栗東
  • ルミナスウォリアー/牡6/和田郎厩舎・美浦
  • フルーキー/牡7/角居厩舎・栗東
  • ハッピーモーメント/牡7/角居厩舎・栗東
  • フェルメッツァ/牡6/松永幹厩舎・栗東
  • ベルーフ/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • カフジプリンス/牡4/矢作厩舎・栗東
  • マイネルスフェーン/牡3/手塚厩舎・美浦
  • ラストインパクト/牡7/角居厩舎・栗東
  • マサハヤドリーム/牡5/今野厩舎・栗東
  • スピリッツミノル/牡5/本田厩舎・栗東

■2017/8/23現在

新潟記念2017 [注目馬考察]

新潟記念 出走予定馬/トーセンバジル

未だオープン勝ちの実績もないが、神戸新聞杯、阪神大賞典で3着の実績。サトノダイヤモンドに迫った末脚はなかなかのインパクトで、ローカルG3ならすぐに勝てる計算。ハービンジャー産駒にしては切れる脚が使えるタイプで、高速馬場の新潟でも5走前に上がり34秒5(メンバー最速)で快勝の実績。久々OKの気性で、緒戦から力を発揮できるはず。

新潟記念 出走予定馬/ルミナスウォリアー

前走の函館記念は、洋芝の不良馬場というかなり特殊な馬場状態。重巧拙の差が多分に出た印象だが、勝負所からグングン進出して押し切ったこの馬の強さも本物。充実振りは素直に評価したいところだが、今回は打って変わっての高速馬場。さらに久々【3.3.0.0】と、使い込むと良くない馬で、上積みがあるかという点。あまりに人気になるようなら?

新潟記念 出走予定馬/アストラエンブレム

母ブラックエンブレムは秋華賞馬で、兄ブライトエンブレムは札幌2歳ステークスの勝ち馬。デビュー前から注目された馬だが、ここまで重賞では4、4、4、2着。常にゴール前でブレーキをかけてしまう気性面から勝ち切れないレースが続くが、条件が噛み合えばポンポンとイケる馬。母がGIを制したのは、距離2000m。自身初めてとなるこの距離で新味が出るようなら。

新潟記念2017 [今後の動向]

昨年はアデイインザライフが大外一気で突き抜けたが、直線の長い外回りだけに切れる馬をまずチェック。そして3年連続で勝ち馬を輩出中のディープインパクト産駒にも、要注意が必要となりそうだ。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA