NST賞2017予想公開/エイシンローリン本命で勝負! | 本気競馬

NST賞2017予想公開/エイシンローリン本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/8/20(日)開催 新潟11R NST賞
3歳以上オープン 1200m (ダート) ハンデ戦

NST賞2017 [レース予想]

出走15頭中9頭が3ヵ月ぶりの実戦。各馬とも仕上がり具合が鍵となりそうで、当日の馬体重、パドック気配などを重視したいところ。そしてここはハンデ戦。2年前は最軽量51キロの7番人気馬トキノゲンジが快勝し、昨年も軽ハンデ52キロ組が1、3着だった。今年も軽ハンデ馬に要注意。

NST賞2017 予想 【本命◎ エイシンローリン】

昨年のこのレースを52キロで快勝すると、続く室町Sも54キロで2着と好走。オープン特別なら常にチャンスがあり、全5勝のうち4勝が久々という鉄砲巧者。今回は骨折明けと過去の休み明けとは少し事情が違うが、1週前に坂路52.4-38.0-12.7をマーク。稽古駆けしないタイプだけにこれだけ動けていれば、仕上がりは上々と見てよさそうだ。

NST賞2017 予想 【対抗○ マイネルバールマン】

前走の端午Sは、2歳プラタナス賞以来となるダート戦。前半600m通過が35秒7という緩い流れだっただけに全体時計は平凡だが、外目を回って差し切った内容は出色。伸び盛りの3歳馬、1秒2追走から先着した直前の動きを見ても仕上がりは文句なし。ハンデ52キロなら、即通用の感触。

NST賞2017 予想 【単穴▲ ブルミラコロ】

前走は初めての芝に加えて出遅れる不利。慣れない形からラスト脚を伸ばして0秒5差5着なら悲観する内容ではなく、むしろこの馬の高い能力を再認識させられた形。500キロを超える大型馬でも久々OK、得意のダートに戻ればさらにの期待も十分。

NST賞2017 予想 【特注☆ ストロングトリトン】

1000万特別からの参戦で、ここは格上挑戦。とはいえ、夏場は格よりも勢いの格言もあり、大半が久々となるこの組み合わせなら順調度がモノを言いそうだ。全4勝が新潟コースで、その内3勝がこのダート1200。57→52キロと斤量も大幅減となるだけに狙う価値は十分だろう。

NST賞2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 2エイシンローリン
  • 対抗○:15マイネルバールマン
  • 単穴▲:14ブルミラコロ
  • 特注☆: 7ストロングトリトン

波乱指数【70】

大半が久々となるだけに、大波乱があっても驚けないところ。軽いハンデ馬にも十分チャンスがありそう。

馬券考察

馬券は馬連。馬番2を軸に、相手7.14.15へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA