【キーンランドカップ2017出走予定馬】モンドキャンノなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【キーンランドカップ2017出走予定馬】モンドキャンノなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/8/27開催「キーンランドカップ(G3)」に向けて、モンドキャンノ・ソルヴェイグなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

キーンランドカップ2017 [1週前出走予定馬]

  • アルマワイオリ/牡5/西浦厩舎・栗東
  • アドマイヤゴッド/牡5/須貝尚厩舎・栗東
  • イッテツ/牡5/斎藤誠厩舎・美浦
  • エポワス/セン9/藤沢和厩舎・美浦
  • モンドキャンノ/牡3/安田隆厩舎・栗東
  • ソルヴェイグ/牝4/鮫島厩舎・栗東
  • シュウジ/牡4/須貝尚厩舎・栗東
  • ナックビーナス/牝4/杉浦厩舎・美浦
  • フミノムーン/牡5/西浦厩舎・栗東
  • ノボバカラ/牡5/天間厩舎・美浦
  • ブランボヌール/牝4/中竹厩舎・栗東
  • メイソンジュニア/牡3/渡辺厩舎・栗東
  • タイムトリップ/牡3/菊川厩舎・美浦
  • ネロ/牡6/森厩舎・栗東
  • フルールシチー/牝6/西園厩舎・栗東

■2017/8/16現在

キーンランドカップ2017 [注目馬考察]

キーンランドC 出走予定馬/モンドキャンノ

母レイズアンドコールはサクラバクシンオー産駒らしく、芝1000~1400で計5勝を挙げた快速馬。芝1400の京王杯2歳Sを勝ち、芝1600の朝日杯FSでも2着と好走したが、これはスローの決め手比べとなったことが好走因。芝1800のスプリングSは例外としても、タイトな流れとなったNHKマイルC9着が、この馬の適性。札幌と函館を同じカテゴリーに括るのはどうかだが、洋芝経験があるというのは強み。昨年は3歳馬のワンツーフィニッシュと、斤量面の恩恵があるのも大きい。

キーンランドC 出走予定馬/ソルヴェイグ

ここまでフィリーズレビュー(芝1400)、函館スプリント(芝1200)の2重賞に加えて、スプリンターズSでもタイム差なしの3着がある力量馬・前走のヴィクトリアマイルでは上手く流れに乗れたものの、最後は脚が上がっての0秒3差5着。想像以上に踏ん張れたとも取れるが、最後に出たのが距離適性の差。やはり本領発揮は、この芝1200だろう。昨年のこのレースは4着だが、出遅れに加えて斤量が一気に2キロも増えたことが敗因。札幌コースに不安はない。

キーンランドC 出走予定馬/イッテツ

OP特別なら力が違ったと言える前走だが、【3-1-2-0】と高い札幌コース適性も見逃せない。以前はスピードに任せて押し切る競馬が多かったが、2走前に控える競馬を試みたことで、前走は先行していたとはいえ、キッチリ脚が溜まっていた。あの競馬が出来るなら、相手が上がっても力は十分通用するはず。イレ込みが課題だが、滞在競馬ならその不安も軽減。舞台べストで勢いに乗る手もある。

キーンランドカップ2017 [今後の動向]

サマースプリントシリーズのトップを走るジューヌエコールに続き、レッツゴードンキも回避の見込み。確たる中心馬が不在となり、どの馬にもチャンスのある組み合わせと言えそう。夏は格より調子の格言通り、近況の良さ。そしてコース適性を重視したい一戦。

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA