阿蘇ステークス2017予想公開/サウススターマン本命で勝負! | 本気競馬

阿蘇ステークス2017予想公開/サウススターマン本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/8/12(土)開催 小倉11R 阿蘇ステークス 3歳以上オープン 1700m (ダート) ハンデ戦

阿蘇ステークス2017[レース予想]

小回りダート1700は、能力以上に適性が求められる舞台。脚質的には当然、逃げ~先行型が有利となるが、小回り特有の乱ペースと見れば、差し~追い込み型の台頭も十分。加えてここはハンデ戦。前走から斤量が減る「逃げ~先行馬」の粘り込みには、注意を払いたいところだ。

阿蘇S2017 予想【本命◎ サウススターマン】

前走の2着馬キングズガードは、次走で重賞勝ち。その一戦だけでコチラも重賞馬と互角という評価は安易だが、外から捻じ伏せた内容は今季の飛躍を期待させるものだった。今回ポイントとなるのは、4歳夏以来となる距離1700。父サウスヴィグラスなら本質的にはスプリンターの見立てで間違いはないが、この馬は意外にも追ってしぶといタイプ。力をつけた今なら、難なく克服の可能性が高い。

阿蘇S2017 予想【対抗○ マインシャッツ】

道中の位置取りと仕掛けのタイミングが完璧だった前走は、鞍上の手腕に寄るところが大きいが、1000→1600万連勝と馬自身の地力強化も確かなところ。昨年暮れから休みなく使われ、今回は中1週。猛暑も加味すれば、当然疲れの心配も出てくるが、前走後は小倉に残っての調整。栗東からの長距離輸送がない点はデカイ。舞台も2度目、相手なりに動けるタイプでもあり、3着内は堅いとみる。/p>

阿蘇S2017 予想【単穴▲ トラキチシャチョウ】

小倉ダート1700は、ここまで【0.1.0.2】と勝ち星ないが、福島ダート1700快勝だった3走前から適性に問題なし。500キロを超す大型馬で叩き良化型。前走はいわゆる試走、ここへ向けての叩き台として割り切れる一戦。アドマイヤロケット、コパノチャーリー、トミケンユークアイと何が何でも行きたい馬も多く、流れも上手く噛み合いそうだ。

阿蘇S2017 予想【特注☆ トミケンユークアイ】

足かけ7年。積み上げた勝ち星は5勝と素晴らしいが、その内訳を見てみると、ダート1700で3勝を挙げる巧者。この小倉でも8番人気1着があり、当時の鞍上が今回と同じ秋山騎手。惨敗後に巻き返したという点も、今回と酷似する。ここはアドマイヤロケット、コパノチャーリーと同型も揃ったが、前半のラップ比較に斤量差も加味すれば、ハナを切れるのはおそらくこの馬。最短距離を走れる最内枠も好材料だ。

阿蘇ステークス2017 [馬券考察]

  • 本命◎:13サウススターマン
  • 対抗○:3マインシャッツ
  • 単穴▲:8トラキチシャチョウ
  • 特注☆:1トミケンユークアイ

波乱指数【85】

有力、人気上位馬が斤量据え置きに対して、その他はほぼ斤量減。乱ペースもありそうな顔ぶれだけに、ゴール前は様相一転の大波乱もありそうな印象。

馬券考察

馬券は3連複。馬番13を軸に、相手1.3.8流す形。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA