STV賞2017予想公開/ドゥーカ本命で勝負! | 本気競馬

STV賞2017予想公開/ドゥーカ本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/8/12(土)開催 札幌11R STV賞 3歳以上1000万円以下 1500m (芝) 定量戦

STV賞2017[レース予想]

札幌芝1500を攻略するにあたって重要となるのが「枠順」。1コーナーポケットからのスタートで、すぐさまコーナーへ差し掛かるため、必然的に内枠の先行馬が圧倒的有利に。逆に差し馬は内枠へ入ってしまうと包まれる可能性が高いため、外枠の方が有利となる。今年はここまで5レースを消化したが、その内訳を見てみると、7月29日の4歳上500万下が「1→4→3番枠」で、同日の2歳新馬戦が「8→1→2番枠」。翌30日に行われた4歳上1000万特別は「2→8→1番枠」、3歳未勝利戦が「5→2→1番枠」。そして先週行われた2歳未勝利戦が「10→6→5番枠」と、キャリアの浅い2戦戦は揉まれる危険が少ない外枠が有利だが、それ以外はやはり内枠勢が非常に優秀な成績。ここもまずは枠順に注目。

STV賞2017 予想【本命◎ ドゥーカ】

前走は降級戦とはいえ、3ヶ月ぶりの実戦をレコードで快勝。内枠の利を最大限に生かした競馬で、これで札幌芝1500では2戦2勝と負け知らず。1000万で頭打ちと思えた休養前とは別馬の感があり、まさに充実一途。2勝がこの時季と暑さに強いタイプという見方もできる。久々好走の反動が出ないようにソフトに仕上げた調整にも好感、再度絶好枠なら連勝も十分狙える。

STV賞2017 予想【対抗○ ティソーナ】

膝骨折の去勢手術明けで、約1年振りの実戦。この臨戦過程では緒戦は様子見が妥当なところだが、ここは2階級降級。マーガレットS快勝に加えて、函館スプリントS0秒6差だけ走ればアッサリがあっても驚けない。弟がダービー馬レイデオロとバックボーンもしっかりしているが、それ以上に魅力なのが祖母レディブロンド(函館3勝・札幌1勝)から流れる高い洋芝適性。鞍上にルメール騎手を配してきたあたりも期待の表れと受け取っていい。

STV賞2017 予想【単穴▲ マイネルパラディ】

久々+昇級、さらに大外枠と如何にも試金石と言える一戦だが、伸びしろ大きい3歳馬。5走前のこうやまき特別では、皐月賞2着馬ペルシアンナイトと0秒4差。4走前接戦の相手も現1600万のクライムメジャーと、かなり質の高いメンバーと戦ってきた馬。札幌芝1500で必須の先行力を持ち合わせているだけに、難なく突破のシーンがあっても驚けない。牧場でじっくり乗り込み、函館入厩後も手を緩めることなくハードに攻めた。仕上がりは文句なしだ。

STV賞2017 予想【特注☆ ユメノマイホーム】

夢の詰まった馬名だが、特注馬はこの馬。1000万昇級後は6着が最高着順と壁に当たった印象もあるが、前3走は明らかに距離が短かった。とはいえ、差は0秒4~0秒5差と展開ひとつで何とでもなる着差。距離延長で追走に余裕を持たせることができるようなら、最後の伸びも変わってこよう。鞍上の五十嵐冬樹騎手は、門別競馬所属だけに当然ながら続けて乗れる保証はなく、一戦一戦がメイチの勝負。最内枠はツイてないが、後方一気のタイプだけにそれほど影響はないはず。

STV賞2017 [馬券考察]

  • 本命◎:4ドゥーカ
  • 対抗○:12ティソーナ
  • 単穴▲:14マイネルパラディ
  • 特注☆:1ユメノマイホーム

波乱指数【70】

ここはティソーナとアットザシーサイドが2階級降級だが、ともに久々だけに絶対とは言えない面も。

馬券考察

馬券は馬連流し。馬番4を軸に、相手1.12.14に流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA